【浮気現場の証拠になる?】夫の浮気/証拠の集め方や掴み方について

目次

【浮気現場の証拠になる?】浮気現場の証拠の集め方/自分で証拠を集める方法

不審な物がないか調べる

浮気の証拠を知る方法として、財布の中身を確認したり、クレジットカードの明細などを確認して、不審なものがないかを調べる方法があります。簡単に行うことができ、バレたとしても、金銭管理をしていたと言い逃れることができる方法です。

行き先を調べる

車を所有していて、車で出かける機会が増えていたり、仕事で車を使用している場合には、カーナビの走行や行き先検索の履歴を調べたり、ドライブレコーダーを解析することで、どこへ行っていたのか、車に誰かを乗せたのかなどを知ることができます。

録画・録音してみる

浮気の決定的な証拠が欲しいという場合には、録画や録音をしたり、尾行や張り込みをすることも、個人で不可能ではありません。ただし、一定のリスクが伴います。それでも、決定的な証拠となるものを掴むことはできるでしょう。

【浮気現場の証拠になる?】浮気現場の証拠の掴み方/探偵に依頼して証拠を集める方法

知っていることは伝える

探偵に証拠集めを依頼する場合には、現段階で得ている情報を全て伝えましょう。ここまで知ることはできたけれど、ここからを知ることができないなど、より具体的な情報であれば、探偵は調査をしやすい場合があります。

目的を伝える

探偵からの報告で、何を知りたいのか、どのような証拠が欲しいのかがより明確であると、探偵は調査しやすいでしょう。単に事実を知るだけで、それを問題にするつもりがない場合や、報告をそのまま朝廷の証拠に使うなどがあります。

危険を回避する

浮気調査をするにあたって、当人であれ素人であれば、危険に晒される可能性は否定できません。さらに、直接目撃してしまえば、感情的になることも考えられます。これらを回避して、得られる事実が探偵から得られる証拠でしょう。

【浮気現場の証拠になる?】夫の浮気(不倫)現場を目撃したら証拠になる?

悔しいことではあるかもしれませんが、単にあなたが浮気現場を目撃しただけでは、証拠にならない場合が多いでしょう。ケンカの材料にはなるかもしれませんが、離婚調停の証拠にはなりません。

もし、目撃したことだけを証拠にしたいのであれば、見間違いや思い込みの可能性を100%否定できる材料が必要です。また、偶然会っていた相手と談笑していたことと、浮気をしていたことの差など、感情に左右されやすいものであれば、証拠として取り入れることは難しいでしょう。

ただし、複数人から同じ情報を得た場合や、同じ状況をしばしば目撃した場合、他にも根拠となる証拠がある場合には、目撃したことも証拠の一つに取り入れることが可能かもしれません。

【浮気現場の証拠になる?】夫の浮気(不倫)現場を目撃したらやるべきこととやってはいけないこと

浮気現場を目撃してしまった場合、しかもあなた側には当事者から除外された第三者となる人が同伴していない場合には、絶対にその場で接触してはいけません。感情的になって、その場で夫や相手と接点を持ってしまうことは、最も避けるべきことです。

可能であれば、録画や状況がわかる写真を撮りましょう。得た情報には日時と場所が記録される方法が最適です。これらを提出することを考えると、日常的に使っている機器とは別の物であれば、さらに良いかもしれません。その他にも、状況を示すことができる客観的事実のみを取集するだけに留める必要があります。

また自分自身の身が、不法に侵入している場所ではないかということにも十分注意する必要があります。

【浮気現場の証拠になる?】よくある質問

探偵に住所特定の依頼はできますか?

探偵に住所の特定を依頼することは可能です。しかし、何を依頼するかはとても重要です。

単に住所と言っても、住民票が示す住所と、実際に暮らしている住まいが違う時があり、さらに郵便物が届き、本人が郵便物を受け取る場所ではそれぞれ違うことがあります。

調査対象者の住所を知る事で何をしたいかによって、依頼する内容は変わってきます。

相手の居住地となっている場所を知りたいのか、相手がどこへ帰っているのかなど相手の暮らしを知りたいのかによって違います。また裁判や調停などで、相手への勧告や督促など、記録や署名を必要とする本人が受け取ることを限定している公的文書を届けるための場所を知りたいのかによっても依頼内容が変わります。

浮気の慰謝料が発生するのはどのようなケースですか?

浮気によって慰謝料が発生するケースは、浮気が原因となって、著しく身体または精神が傷付けられたことが証明できる場合があります。この場合は、本人の主観ではなく、他者が見ても明らかである医師の診断書などが必要となるでしょう。どのような損益が生じたかを証明する必要がある場合もあります。

また、婚姻関係にある場合は、浮気相手との間に性的関係があり、不貞行為として認められる場合に慰謝料が発生する場合があります。

さらに、不貞行為が原因となって婚姻関係の継続が難しくなり破綻した場合は慰謝料が発生します。不貞行為が発覚する以前に、既に婚姻関係の継続が難しくなっていた場合には、相手の不貞行為だけを責めることが難しい場合もあります。

探偵の浮気調査の方法は?浮気の証拠集めのやり方は?

探偵には、それぞれの事務所に得意としている調査分野や調査方法があると言われています。浮気調査を得意としている探偵に依頼すると、より効率良く調査を行ってもらうことができるでしょう。

基本的に、調査は二人以上で行われることがほとんどです。一人だけで調査を行った場合には、尾行をしていれば見失ったり、見間違いが起きることがあります。また他の視角から見た場合に得られる情報があることもあります。

浮気相手の生活などを調べるための張り込みでも、二人以上で行っていれば、事故や危険に遭った時に救出できる可能性が高まります。

調査の方法には様々なものがありますが、基本的には、感情を抜きにした可視化できるものを集めてもらうと捉えると良いでしょう。

探偵の浮気調査がバレるとどうなりますか?

探偵の浮気調査がバレた場合には、まず依頼者にとって不利益となる場合が多いです。調査を依頼した時の契約の内容によっては、探偵との契約そのものが不履行になり、調査結果を得られないまま終了する場合もあります。

探偵に依頼する調査は、調査対象者に調べていることを知られたくない、または自分で調査を行うことが難しいという場合がほとんどです。探偵と契約を交わすことで、料金を支払う代わりに調査結果というサービスを受けていることになります。このため、料金に対するサービスが交わした契約通りに最後まで受けられない場合に、探偵側にはどのような免責があるのか、依頼者側にはどのような権利があるのかを、あらかじめ確認しておく必要があります。

目次