【浮気調査の慰謝料】時効は?浮気(不貞行為)の慰謝料を請求したい

目次

【浮気調査の慰謝料】時効は何年?

不貞行為で生じる慰謝料は3年が時効です。

不貞行為の時効は、継続していた年月に関係なく、その事実がいつ明らかになったのかということが問題になります。

つまり、20年間浮気をしていても、昨日バレたのであれば、昨日から時効の計算が始まるということです。

また、不貞行為への慰謝料が請求できる場合には定義があり、事実を知ったこと、その事実によって、精神的な苦痛を受けたこと。

不貞行為が原因で、婚姻関係が破綻に追い込まれたこと、離婚によって精神的苦痛などが生じたことなど、様々な条件が必要となります。

不貞行為の慰謝料とは別に、生活における喪失が確立できたり、目に見えた損益があるならば、賠償責任を問える場合があります。

【浮気調査の慰謝料】慰謝料が発生する不貞行為

肉体関係(性交渉)があった

不貞行為の定義として、性的関係が持たれていたかという点が争点になります。例えば、抱き合ってたり、キスをしていたという「だけ」では不貞行為にはなりません。すなわち、不貞行為としての慰謝料の請求も難しいでしょう。

不貞行為が原因で婚姻関係の継続が難しくなった

不貞行為に対して、慰謝料を請求するには、不貞行為によって、婚姻関係の破綻に追い込まれたという事実が重要です。不貞行為がなかったとしても、既に婚姻関係の継続が難しい状態であったならば、不貞行為における慰謝料を請求することは難しいでしょう。

再犯だった

婚姻関係にある相手の不貞行為が過去にも認められ、その不貞行為が3年以内であった場合や、3年以内でなくても、これまでも不貞行為が繰り返されている場合には、慰謝料を請求するに該当するケースとして考えられます。

【浮気調査の慰謝料】時効前

不貞行為における慰謝料を請求する場合には、まず不貞行為が成立しなければなりません。

相手が不貞行為をしているという情報の事実を精査し、暴力などがない場合には、話し合いの場を設けるか、または設ける努力をします。

当人同士の話し合いで解決しない場合には、家庭裁判所における調停などで、第三者の介入を依頼します。養育権などがある場合や、共同経営者などの場合には、この時、弁護士に相談すると良いでしょう。

調停や裁判を進めるにあたって、事実をもう一度精査します。

自分に落ち度はなかったのか、情報は正しいものであるのか、不貞行為が原因で婚姻関係を続けられないのかなどが争点です。

この上で、不貞行為によりどの程度の苦痛を強いられたかを鑑み、慰謝料を請求することになります。

【浮気調査の慰謝料】時効が成立した後の請求

時効が成立すると、不貞行為を理由に慰謝料を請求することは難しくなります。ただし、時効が成立した後でも、本来請求されるべき相手が慰謝料を支払う意思があれば、時効を過ぎているからといって、受け取れない理由にはなりません。

時効の成立を知らずに、支払いの意思を示した場合にも、一度支払う意思を示した場合には、それを覆すことはできません。

また、時効が成立した後で、不貞行為を理由に慰謝料の請求ができない場合には、不貞行為によって受けた精神的苦痛などを理由に慰謝料を請求することができる場合もあります。

具体的な損益を示したり精神的苦痛を可視化する必要がありますが、支払い事由に関係なく、慰謝料を受けたい場合には不可能な方法ではありません。

【浮気調査の慰謝料】よくある質問

探偵に住所特定の依頼はできますか?

探偵に住所の特定を依頼することは、何ら法に抵触することはなく、罪に問われることもありせん。

依頼した探偵が法に触れない方法で調査をして、調査に対する報酬を支払って得た情報は、問題ないことがほとんどです。

しかし、特定の調査方法を探偵に強要した場合は問題になる場合があります。また住所を特定するために、相手の生活を脅かし、相手が恐怖などを感じる場合にも問題となるでしょう。

さらに、探偵に住所の特定を依頼し得た情報によって、相手のプライバシーを侵害したり、生活を脅かすような行為に及べば、問題となります。

探偵に住所の特定を依頼することそのものは大きな問題でないことがほとんどですが、得た情報をどのように扱うかが注意するべきところです。

浮気現場を見たら証拠になりますか?夫の浮気の証拠を掴みたいのですが…

浮気現場を目撃しただけでは、証拠として採用できる可能性が低いです。当事者であれば、感情的になっていることが指摘され、信憑性が低いとされることも考えられます。

しかしだからと言って、目撃した情報が全く意味を持たないわけではありません。

浮気現場の状況を細かく記録しているものがあったり、その日の夫の行動、あなたには何と説明して出かけていたのかなど、他の情報を合わておくことで、他の証拠を裏付けるものとして採用される場合があります。

また浮気現場だけではなく、現場のその他の情報も大切です。天候や場所など、現場にいなければ知り得ることができない情報を記録しておくことで、状況をより冷静に可視化することができます。

探偵の浮気調査の方法は?

探偵が行う浮気調査の一つに尾行があります。

尾行が調査対象者の行動を追う調査であることを知っている人は多いでしょう。単に相手の動きを追うだけであれば、一見して素人でも簡単にできると思うかもしれません。しかし、車や電車を使った移動や、予期しない相手の動きにも対応する必要があり、プロにしかできない調査方法の一つです。

また張り込みもプロにしかできない調査方法です。

張り込みも相手を待つだけならば、誰でもできるのではないかと思うでしょう。しかし、調査をしている自分が、調査対象者や周囲の人に不審に思われないことが重要です。また危険を予知したり、即座に回避する必要があり、プロにしかできない調査方法の一つです。

探偵の浮気調査がバレるとどうなりますか?

探偵に浮気調査がバレると、傷付く人が出ることは容易に想像できます。

特に、調査結果がどのようなものであってとしても、パートナーとの生活を続けたいと思っている場合や、パートナーには調査結果について責めることはしないでおこうと決めている場合には、関係にさらに亀裂が入ってしまうことがあります。

そもそも浮気をした人が悪いのか、それを疑うことが悪いのかという結論の出ない議論に陥ってしまうことでしょう。お互いに裏切られたという気持ちに苛まれることも多くあります。

しかし、調査がバレたことをきっかけに、話し合いを設けることもできます。バレたことを理由に相手から真実を聞いたり、こちらの相手への想いを伝えるきっかけにもなります。

目次