【浮気調査の探偵の費用】浮気調査を依頼したら料金はいくらかかった?

浮気の調査を探偵に依頼するということは、日常的に起きることではありません。

料金や仕組み、必要なもの、掛かる時間など、知らないことばかりという人がほとんどでしょう。

しかし、パートナーが浮気をしているのか、いつどこで誰とどのようにという真実を知るために、探偵事務所に調査を依頼する人も少なくありません。

ここでは、探偵に浮気の調査を依頼した時に掛かる費用や、費用をできるだけ抑える方法、調査を依頼する時のポイント、料金体系の種類やそれぞれのメリットとデメリットなど、浮気調査を探偵事務所に依頼する前に知っておきたいことを詳しく解説したいと思います。

あなたが探している真実に近づくための最良の方法があるはずです。

目次

【浮気調査の探偵の費用】浮気調査の費用はいくらかかった?

探偵に浮気調査を依頼するという経験をする人は、少数派でしょう。周りに浮気調査を依頼したことがある人も少ないかもしれません。

調査を依頼すれば、一定の結果が得られるとわかっていても、掛かる料金が妥当であるのかを判断することは難しい場合があります。

実際に探偵に浮気調査を依頼した人は、料金をどのように感じたのでしょうか。また、料金を調べるにあたって、見積もりや比較は必要だったのでしょうか。

そこで、ここでは浮気調査の経験者の口コミを紹介します。

経験者の口コミ1・失敗してもお金がかかる

依頼する側は探偵に依頼して、浮気の証拠や事実を得ることが目的です。でも、調査で結果が出なくても、仕事をしたことには変わりないので、料金は結果が出た時と同じだけ請求されました。

探偵事務所や契約プランによっても異なるのでしょうが、何を結果とするのかや、成功や失敗の定義が一貫して決まっているものではないので、事前の打ち合わせや契約内容の確認は必要だと思いました。

探偵に依頼する時は、気軽に出せる金額ではないこともありマス。失敗した時や、調査結果を出せなかった時の金額など、こちらが感情的になってしまうことが予想される内容は、書面でやり取りしたり、時には録音しておくと、後からトラブルになることが少ないと思います。

経験者の口コミ2・浮気調査をしても慰謝料が取れるわけではない

浮気調査をしても、必ず相手の浮気につながる証拠が得られるわけではありません。しかし、料金を払わなければならない場合がほとんどです。

そして、浮気調査をしても、得られた結果が証拠として使えるものではなかったり、必ずしも慰謝料を取れるわけではないことを知りました。

不貞行為を立証する物的証拠を集めるのは難しく、調査をしても、証拠としては弱いものしか得られない場合があります。

証拠としては弱いものしか得られなかった場合には、どの程度調査を続けるのか、調査を続けたら料金がどの程度かかるかなどを知っておく必要があると思いました。

調査を続けても、証拠が出ない可能性もあるので、その時はどうするかも考えておく必要があると思います。

経験者の口コミ3・費用の相場がわからなかった

探偵に依頼するというのは、日常的に利用するサービスではないので、相場をほとんど知りませんでした。何も調べなければ、提示される金額が妥当だと思ってしまいがちです。

他の探偵事務所と比べると言っても、スーパーやコンビニのように探偵事務所がたくさんあるわけでもないので、比べられる数も限られているし、その間にも時間は過ぎてしまうので、見積もりを取れる数も限られています。

ただ、法に抵触しているような調査であれば、どちらにしても証拠として使えない場合もあるので、依頼する時には、どのような調査方法を使うのかは知っておくべきだと思います。また調査料金以外に、交通費や報告書代など経費がどれくらい掛かるのかも提示してもらったほうがいいです。

編集部

探偵に浮気調査を依頼するというのは、経験することが圧倒的に少ないので、妥当な金額というものがわかりにくいです。また浮気の定義が曖昧なように、成功や失敗も主観によって違います。

これらの相違が生まれないように、あらかじめ何社か見積もりを取って探偵事務所を比較すると良いでしょう。

素人が手探りで浮気調査をするより証拠をつかめる確率は高いわけですから、見積もりを取ることで、良心的かつ効率的に調査してくれる探偵事務所を選ぶことが大切です

\ 相談・概算の見積りは何度でも何社でも無料 /

【浮気調査の探偵の費用】浮気調査の料金プラン

浮気調査の料金体系について

浮気調査には、時間で決めるものや、結果によって決まるもの、それら全てがパックになっているものなどがあります。

探偵に浮気調査をしてもらい「自分が何を得たいのか」に見合った料金体系を選ぶ必要があります。

そこでここでは、それぞれの料金体系の特徴がどのようなものなのかを解説していきます。

時間料金型

時間制料金型とは、1時間当たりの決められた料金に、掛かった調査時間を掛けていく料金体系です。調査に掛かった時間だけ料金が発生する仕組みなのでわかりやすく、計算しやすいです。

ただし、探偵事務所の設定によっては、調査時間とに加えて、動員された調査員の人数や、経費が別に掛かることがあります。契約する時に、動員される調査員の人数や、経費の掛かり方について、説明を受け、わからないことがあれば、疑問を解決しておきましょう。

時間制料金型は、調査に掛かった時間の単純計算なので、調査時間が長くなれば高額になることがあります。このため、ほとんど情報がなく、調査に時間が掛かることが予想される場合には向いていません。

パック料金型

パック料金型は、探偵事務所が一定時間を決め、調査や経費、報告書の作成費など、全てが含まれた金額が最初から提示されるプランです。

すでに経費など調査費用以外の金額が含まれていることから、時間制料金より安く利用できる場合があります。

このため、情報があまり得られていない状態のまま調査を依頼する場合や、出張費などが掛かることが予想される場合には、費用を抑えることができます。

ただしこのプランでは、決められた時間しか調査ができないため、設定された時間よりも早く調査が終わっても返金されることがありません。また調査結果が何も得られていなかったり、あと少しで証拠につながるという場合でも、設定された時間の上限が来れば、調査は打ち切られます。

成功報酬型

成果報酬型は、依頼した調査が成功した時だけ料金が発生します。

調査が成功しなければ料金が発生しないため、不確かなまま料金を払わなければならなかったり、追加で調査を依頼するということがなく、ムダがありません。

ただし、成功しても失敗しても着手金を払わなければならない設定にしている探偵事務所が多いため、成功しない限り、無料であるというわけではありません。

また、浮気調査の場合には、成功や失敗の定義が曖昧であるため、何の情報を得られた段階で成功とするのかを、契約する時または着手金を支払う時に明確にしておく必要があります。

成功するまで延々と調査をするわけにはいきませんから、どの段階で調査を打ち切るかということも確認しておく必要があります。

料金体系メリットデメリット
時間型費用の計算が明快である調査時間が長くなれば料金は高くなる
パック型時間当たりの調査費用が割安である調査が早く終わっても、中途半端に終わっても、時間が来れば打ち切られる
成功報酬型ムダがない成功しても失敗しても、着手金は必要

【浮気調査の探偵の費用】浮気調査の費用の相場

浮気調査の費用の相場について

浮気調査に掛かる費用の相場は、10万から100万以上とも言われています。金額の幅も広い上に、探偵事務所によっての違いがあります。

また調査方法や、動員される調査員の人数、料金プラン、対象となる場所や人によっても違いが多いですが、それぞれの大体の相場を紹介したいと思います。

ある程度、自由設定が許されている部分もあることから、それぞれの探偵事務所の対応や実績、得意とする調査方法など、素質を吟味する必要があります。

時間料金型

時間料金型の相場は、1時間あたり2万〜3万円だと言われています。もちろん、これ以下のところもあれば、これ以上のところもあります。

またこれは、1時間当たりの調査に掛かる基本料金が考えられ、この他に交通費や調査に必要な道具にかかる費用、報告書の作成費など経費の類は別に発生する場合がほとんどです。

時間料金型は、調査の対象となる人の予定や行動、浮気相手との行動がある程度わかっている人に適しています。何もわかっていない状態から調査をしてもらうのではなく、ピンポイントで浮気現場の証拠を集めてもらうなど、一定の情報を掴んでいる上で依頼すると良いでしょう。

短時間で済む調査であれば、10万円前後で浮気の証拠を得ることができます。

パック料金型

パック型料金の相場は、20時間の調査で40万~50万、30時間の調査で60万~70万、40時間の調査で80万~90万程度と言われています。これには、経費が含まれているため、時間料金型より、1時間あたりの調査料金が割安であることがわかります。

あらかじめ、調査に使える時間と掛かる費用がわかっているため、思っていたより費用が掛かってしまったということがありません。

ただ、調査を依頼した情報が得られても得られなくても、設定されている時間が来れば、そこで調査が終わってしまうことを了承しておかなければなりません。

同じように、どれだけ早く調査が終わり、情報を得られたとしても、設定されている料金は返金されないことがほとんどです。

成功報酬型

成功報酬型の相場は、100万〜200万と言われており、時間料金型やパック型料金に比べて、高額であることがわかります。

しかし成功報酬型は、浮気調査をして得たい情報が得られて初めて料金が発生します。すなわち、調査が失敗に終われば、調査料金を払う必要はなく、また成功までにどれだけ時間が掛かっても、時間当たりの料金が加算されていくことはありません。

ただし、注意しなければならないのは、経費は加味されない場合があることと、調査が成功しても失敗しても、探偵事務所によって設定されている着手金は払う必要があることがほとんどという点です。

調査が難航することが予想されたり、時間がかかることが予想される場合には適したプランです。

編集部

時間料金型は、1時間あたり3万円前後で、短時間で済む調査の場合、費用の計算が明快です。

パック型は20時間で50万程度までで、経費など全ての費用が加味されていることから、時間料金型に比べると1時間あたりの料金が格安です。

成功報酬型は着手金の必要があっても、失敗すれば料金が発生しません。ただし、高額である場合がほとんどです。

それぞれの料金設定の特徴と依頼したい調査内容を考慮して、プランを選ぶことが良いでしょう。

料金体系費用の相場
時間型1時間2〜3万円程度
パック型20時間で40~50万円程度
30時間で60~70万円程度
40時間で80~90万円程度
成功報酬型100〜200万円以上

\ 相談・概算の見積りは何度でも何社でも無料 /

どの料金プランを選べばよいか分からない方はこちら

【浮気調査の探偵の費用】浮気調査の値段にバラツキがある理由

浮気調査の値段にバラツキがある理由

浮気調査では、調査の対象となる人によって、適している調査方法や調査に掛かる時間が違うため、料金が一概に決められない場合が多いです。

またそれぞれの探偵事務所によって、料金を自由に設定することが可能で、得意としている調査方法も違うことから、掛かる費用も異なる場合が多いと言われています。動員できる調査員の人数が違ったり、調査内容によって使う道具や機材が異なる点も、浮気調査の料金に違いがある理由でしょう。

理由1・調査の方法が違う

探偵事務所によって、得意とする調査方法があったり、独自の調査方法を取り入れているところもあります。

調査の相手がいつも同じ条件で行動するということは考えにくいですから、調査方法も、対象となる人によって変わる場合がほとんどです。また同じ調査対象者であっても、場所や時間など状況によって調査方法が変わることもしばしばあります。

これらが一貫して決められていないことから、調査料金にはどうしても違いが出てきます。

同じ探偵事務所に依頼したとしても、調査対象が違う場合には、料金が異なるという場合もあるでしょう。

また、依頼する側が求めている情報によっても、調査方法が異なる場合が多く、料金が異なることがあります。

理由2・調査の相手が違う

時には複数の探偵事務所が同じ調査対象者を調査しているという可能性もゼロではないでしょうが、あまり考えにくいことです。

調査対象者は、いつも異なる場合がほとんどであり、同じ状況を調査するということは考えられないことから、料金に違いが出ます。

同じ状況の同じ相手であっても、日付や日時が異なれば、状況が変わることは考えれ、調査員はあらゆる状況を考えて、調査対象者にバレないように調査を進める必要があります

必要となる道具や機械も、その状況によって異なり、また動員される調査員の数も、時と場合によって異なることがあります。

このため、一貫して料金を設定することができず、相手や状況によって、料金に違いがあります。

理由3・設定料金が違う

探偵事務所の料金は、それぞれの探偵事務所が自由に設定することができます。これ以上を請求してはならない、またはこれ以下を請求することはないなどが決められたガイドラインはないため、それぞれの探偵事務所によって設定される料金が異なります。

また得意としている分野では、料金を高く設定することもあり、得意分野が異なることも料金が違う理由でしょう。

さらに、事務所の規模によって、動員できる調査員の数も異なることから、料金が異なります。より多くの調査員が調査に加わることになれば、それだけ人件費がかかることもあります。

調査に使う道具や機械が異なることも挙げられ、探偵事務所によって、手法が違うことも設定料金が違うことの理由です。

【浮気調査の探偵の費用】浮気調査を依頼する時のポイント

浮気調査を依頼する時のポイント

浮気調査を探偵事務所に依頼する時には、何もわからない状態で全ての調査を依頼することは好ましくありません。何も情報を掴めない場合は仕方ないですが、ポイントを押さえて依頼することで、費用を抑えたり、情報を得るまでの時間を短縮できる場合があります。

より効率良く、確かな情報を掴むためには、どのようなポイントを押さえて探偵事務所に浮気調査を依頼すると良いのでしょうか。

ここでは、探偵に浮気調査を依頼する時のポイントをわかりやすくまとめて解説していきます。

ポイント1・わかっている情報は全て伝える

まず、浮気調査を依頼する時のポイントは、依頼しようとする調査内容について、わかっていることは全て伝えることです。どんな些細なことであったとしても、それが手掛かりとなって、早い展開を招くことも考えられます。

素人が情報の取捨をするのではなく、わかっている情報を全て伝え、情報の取捨をしてもらった上で、調査を始めてもらうと、効率良く情報を得ることができる場合があります。

また、調査対象者の行動パターンなどがわかっていれば、調査時間の短縮に繋げることができます。早く情報を得られるだけでなく、調査に掛かる必要を抑えることにも繋がるため、負担が少なくてすみます。

このため、可能な限りわかりやすく情報をまとめて、伝えると良いでしょう。

ポイント2・探偵が2人以上で調査するかどうか

探偵は原則的に一人では行動しません。見落としや見間違いがあるためだけではなく、一人で調査を行なっている時に、危険に遭った場合、助けを求められない場合があるからです。このため、依頼しようとしている探偵事務所が二人以上で行動しているかを知っておくことがポイントです。

また、万一調査員が途中でケガや不調により、尾行などを続けられなくなった場合でも、二人以上が動員されていれば、調査を続行することができます。

さらに、対象者を色々な角度から目視することで、一人からでは見えないものが見え、新しい情報を得ることにもつながります。この他にも、一人行動では、得られない情報があったり、調査に時間が掛かってしまう場合があります。

ポイント3・どのような調査報告書なのかを事前に確認しておく

探偵事務所に調査を依頼し、調査が終了した時には、口頭で報告されるのではなく、調査報告書が提出されることがほとんどです。調査を依頼する時には、この調査報告書がどのような形でされるのかをきちんと把握しておくことがポイントです。契約をする時に、調査報告書に盛り込んで欲しい内容をあらかじめ、提示しておいても良いかもしれません。

特に成功報酬型で契約した場合には、調査の成功を示す書類として重要な役割を果たします。こちらが提示する成功の条件がクリアされているかを必ず確認できる書類になるからです。

また、調査報告書に盛り込まれない点として、調査員の対応や関わり方、連絡の頻度なども押さえておきたいポイントの一つです。

【浮気調査の探偵の費用】浮気調査を興信所に依頼する時の費用を抑える方法

浮気調査の費用を抑える方法

浮気調査の結果次第では、これから生活が変わってしまうかもしれません。そうなれば、浮気調査の費用はできるだけ抑えたいものです。そうでなくても、できるだけ支出は少なくしたいものでしょう。

探偵事務所に浮気調査を依頼する時に、実は依頼者が少し工夫することで、調査にかかる費用を抑えられる可能性があります。

もちろん、全ての探偵事務所や浮気調査に適用されるわけではありませんが、いくつかの方法を紹介していきます。

費用を安く抑える方法1・なるべく全て情報提供する

浮気調査の費用を抑えるポイントの一つは、わかっていることは全て情報提供することです。

調査対象者や浮気相手の行動パターン、行動を共にしそうな日、行くことが予想される日時や場所など、わかっている情報を全て提供することで、探偵がこれらを調べる必要がなくなるため、これに掛かる調査費用を抑えることができます。

しかし、注意しなければならないことは、調査費用を抑えようとして、自分で調査することです。自分で調査をして、調査の対象となる人たちに怪しまれてしまうと、行動や連絡が複雑になったり、行動を偽られるなど事実を隠される可能性が起きるため、調査が難航したり、複雑な調査が必要になり、かえって費用が掛かってしまう場合があります。

費用を安く抑える方法2・追加料金やキャンセル料金を確認しておく

浮気調査の費用を抑えるポイントは、あらかじめどれだけの費用が掛かるかを明確に確認しておくことです。

追加料金やキャンセル料金、経費とは具体的に何を指し、どの程度から負担するもなのかなど、請求される料金の詳細を把握しておくことで、不必要な料金を払うことを避けられたり、追加料金が掛かってしまう依頼を避けるなどの対策を取ることができます。

時間料金型の場合は、延長した場合や経費の発生の仕方について詳細を知っておく必要があり、パック型の場合は、料金に含まれている事柄をきちんと把握しておく必要があります。

詳しく料金を知っておくことで、必要な調査と費用だけを選ぶことができ、調査に掛かる費用を抑えることができます。

費用を安く抑える方法3・比較する

浮気調査だけに限ったことではありませんが、まとまった金額を支払う必要があるものについては、他社や他のものと比較すると、余分なものが明確になり、費用を抑えることができる時があります。

浮気調査を引き受けている探偵事務所の多くは、あらかじめ見積もりを出してくれるところも多くあります。

このため、最低でも3社程度の見積もりを取ることで、費用の比較をすることができます。それぞれに特化している調査方法があり、調査員の動員数などが異なる場合がありますから、自分の求める情報がどのようにして得られるかを考えた上で、適当な料金を選ぶと良いでしょう。

また複数の探偵事務所から見積もりを取ることで、調査に必要なものも明確になる場合があります。

【浮気調査の探偵の費用】1日の浮気調査の費用はいくら?

1日の浮気調査の費用について

1日の浮気調査にかかる費用はどの程度なのか気になりませんか?

これも調査相手や調査方法、調査対象者が赴く場所などによって違いがあります。調査対象者が浮気相手と遠方に出かけて行けば、それだけで出張費がかかってしまいます。

しかし、調査を1日に絞り込む方が有利に働く場合があります。

ここでは、1日だけ浮気調査を依頼した時の費用や、調査と1日だけに絞ることのメリットやデメリットについて、詳しく解説していきます。

1日あたりの料金の目安

1日あたりの浮気調査の費用の相場は10万〜15万円程度と言われています。

もちろん、これ以上安く設定しているところもあれば、これ以上高く設定している探偵事務所もあります。気を付けなければならないのは、この金額から逸していることではなく、提示されている金額が極端ではないかというところです。

極端に低価格である場合には、実際にきちんと調査が行われていない可能性があります。詳細な調査をしていないにも関わらず、詳細がわからなかったという報告をされれば、依頼者は確かめようがありません。低価格だから、調査が適当であるとは言い切れませんが、提示される金額が極端な場合は、トラブルの危険性を含んでいることを知っておきましょう。

1日だけ浮気調査を依頼するメリットとデメリット

メリット1・調査費用をおさえられる

1日だけの浮気調査を引き受けている探偵事務所の多くは、時間料金型を取り入れています。このため、1日だけの浮気調査を依頼することのメリットは、最大限調査してもらったとしても24時間が限界であるということです。

最大に掛かる料金があらかじめわかっていることで、発生する費用が明確であり、調査して欲しい事柄に的を絞ることができます。

浮気相手に会うことが予想される日などに調査を依頼することで、より的を得た情報を得ることができます。また、時間料金型が取り入れられていれば、思っている以上に短時間で終われば、掛かった時間だけの料金しか発生しないため、端的に調査を行ってもらうことで、調査にかかる費用を抑えることにも繋がります。

メリット2・精神的な負担が少ない

相手が浮気していることはわかっていても、なかなか証拠が掴めず、調査が難航していて時間ばかりが過ぎてしまうと、どれだけ割り切って考えられていても、やはり精神的な負担というのは大きくなります。

1日だけの浮気調査であれば、その日中、もしくは翌日にはどのような調査結果であるかある程度知ることはできます。正式な調査報告書の提出を待ったとしても、さほど長く時間がかかることはありません。

このため、1日だけの浮気調査であれば、浮気の証拠が掴めても掴めなくても、早く結果を知りたい時には、精神的な負担が少なくて済む方法です。

1日だけで全ての情報は得られなかったとしても、早く少しでも情報を得たい場合には良い方法でしょう。

デメリット1・事前の準備が必要

浮気調査を行う時は本来、相手の情報に関する下調べや調査対象者がどのような行動パターンを取っているのかなど、実際に調査対象者を追いかけて、浮気の現場を押さえるまでの調査も必要となります。

これを1日だけで完結しようと思う場合には、探偵事務所への依頼者からの情報提供が必須になります。何もわかっていないままでは1日で調査を完結することは難しい場合がほとんどです。

調査をムダにしないために、浮気相手と会いそうな日時を知り、どのような行動が予想されるかなど、事前の準備が必要となります。

事前の準備が十分にできない場合には、1日だけの調査では難しい場合があり、何も情報を得られないまま調査が終わってしまうこともあります。

デメリット2・信憑性が低い

不貞行為には定義があります。同じように不貞行為の証拠にも、証拠として採用されるための条件があり、それを満たさなければなりません。

性的関係にあることを証明しなければならず、その関係が一度だけの偶然ではなく、継続的であることを証明しなければなりません。またどちらかが一方的な感情であるわけではないことや、強制的ではなく、互いに合意の上であることの証明も必要です。

このため、1日だけの調査では、関係が継続的であることの証明を得られることが少ない場合があります。断片的な証拠は、信憑性に欠ける場合があり、証拠として採用されても、単独では慰謝料の請求事由に至ることができない場合があることを了承した上で調査を依頼する必要があります。

1日だけの浮気調査を成功させるポイント

1日だけの浮気調査を成功させるポイントは、浮気が疑われる日に的を絞って調査を行ってもらうことです。

調査が行われた日に浮気相手と会うなど、決定的な行動が取られなければ、調査そのものがムダになってしまいます。

このため、浮気が疑われる日をあらかじめ知り、その日の服装、考えられる移動手段、取るであろう行動、赴く可能性がある目的地など、できるだけピンポイントの情報を探偵事務所に提供する必要があります。

ピンポイントで情報を提供することで、より的確な調査を行うことが可能で、得たい情報だけを得ることができる場合があります。

必要でピンポイントの情報を簡潔に提供することが、1日だけの浮気調査を成功させるポイントです。

【浮気調査の探偵の費用】浮気調査の費用に関するよくある質問

相談は無料なのでしょうか?

相談だけであれば、無料で応じてくれる探偵事務所がほとんどです。相談の際に、どのような料金体系なのか、依頼したい内容に対して、どのような調査方法が適しているかなどの説明を受けることができるでしょう。

あまりにも情報が不足している場合には、探偵事務所としてあらかじめ欲しい情報を教えてくれる場合もあります。調査にかかる大体の期間を教えてくれる場合もあるでしょう。

また、依頼したい調査内容によって、探偵事務所を紹介してくれるサービスを提供しているところもあります。この場合も、相談は無料ですから、これまでにわかっていることや、依頼したい調査内容をまとめて、相談してみると、適した探偵事務所を教えてもらうことができます。

地方に住んでいても浮気調査の見積は取れるのでしょうか?

多くの探偵事務所では、事務所が所在している地域以外への出張に対応しています。このため、地元からの依頼でなくても対応してくれる場合がほとんどです。見積もりだけであれば、郵送やメールでのやり取りに対応している探偵事務所もあります。

ただし、調査対象者の行動範囲が近隣だけであると予想される場合には、地元ではない探偵事務所に依頼すると、出張費がかかり、費用が余分にかかってしまう場合があります。

また、先述した探偵事務所を紹介してくれるサービスでは、全国どこからの相談であっても、地域に合った探偵事務所を紹介してくれます。全国のどこであっても、日時の都合さえ合えば、面談が可能で、相談に乗ってもらうことができます。

探偵に浮気調査を依頼すると違法ですか?

探偵事務所にパートナーの浮気の調査を依頼することは違法ではありません。むしろ、婚姻関係を継続するために、必要な情報を得ようとする権利ですらあるでしょう。

ただし、調査の方法がプライバシーの侵害にあたるものであったり、依頼にあたって、探偵事務所に提供した情報が不正に手にいれられたものである場合には、法に抵触する場合があります。しかしこれは、情報の得方に問題があることであり、探偵事務所に浮気の調査を依頼したこととは別件であると捉えられるでしょう。

調査方法の合法性については、方法を強要しない限り、調査員が責任を負うべき事柄であるため、調査員が取った行動について、責任を問われることはあまりないと考えられます。

身辺調査で何がわかりますか?費用はいくらぐらいでしょうか?

身辺調査の費用の相場は、15日間の調査でおよそ40万から80万程度と言われています。 時間計算では、1時間で1万から3万程度と言われています。もちろん、依頼する探偵事務所によって異なり、また何を知りたりかによっても異なるでしょう。

さらに、依頼者側から提供できる情報がどの程度あり、調査員が行う調査の手間や時間、場所などによっても異なる場合がほとんどです。

身辺調査で知ることができるものは、調査対象者の行動における依頼者が依頼した内容で、調査可能な範囲の全てということになります。

しかし、依頼内容が法律に抵触している場合や、個人のプライバシーの侵害となるなど著しい損益が生じる場合は、調査を引き受けてもらえない場合があります。

結婚調査で何がわかりますか?費用はいくらぐらいでしょうか?

結婚調査の費用は、一般的に25万〜40万程度と言われています。

基本的には三親等までの親族が対象となるため、両親に兄妹が多い場合や、親戚が多い場合には、料金がさらに掛かることが考えられます。またそれぞれ調査の対象となる人たちが、地方のあちこちに住んでいる場合には、出張費などが多く掛かることが予想されます。

結婚調査で知ることができるのは、相手や相手の親族の犯罪歴や経済状況、特定の宗教の信仰、団体との関わり、政治思想などと考えておくと良いでしょう。

これらの他に、調査して欲しいことがあれば、依頼する時に加えることができますが、その場合には追加料金が発生する場合がありますから、契約条項を確認して依頼しましょう。

どの探偵社に見積を依頼すれば良いか分からないのですが…

浮気調査を依頼するべきなのか、浮気調査を依頼するまでに自分でしなければならないことはあるのか、また自分でやってはいけない行動にはどのようなものがあるのかなど、浮気調査というのは日常的ではないからこそ、わからないことや迷うことが多いはずです。また精神的に動揺していることも多く、冷静に考えられない場合もあるでしょう。

そのような時には、『街角相談所 -探偵-』に相談すると、あなたに合った探偵事務所を紹介してくれるだけでなく、探偵に依頼する以外に必要なことや、適切と思われる対処法を教えてくれます。

『街角相談所 -探偵-』であれば、相談から概算費用の見積もりまで、何度でも何社でも無料ですので、安心して相談することができます。

▶ 街角探偵相談所に無料見積もりを依頼する

【浮気調査の探偵の費用】まとめ

ここまで探偵事務所に浮気調査を依頼する時に掛かる費用や、探偵事務所の料金体系などについて詳しく説明しました。

状況によって適した料金体系があり、それを選ぶことで費用を抑えることができます。依頼者側が知っている情報をあらかじめ探偵事務所に提供することで、調査に掛かる時間を短縮できたり、効率の良い調査に繋がる場合があります。このことは費用を抑えることにも繋がります。

費用の相場がわからない時には、数社の見積もりを取ることで、サービスや料金の比較をすることが可能です。

調査で知ることができる情報は様々です。ただ、真実は一つであり、最も優先するべき真実は依頼するあなたの気持ちであることは間違いないでしょう。

目次