【妻の浮気チェック!】妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法まとめ

目次

LINE(スマホ)で妻の浮気チェック!妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法

浮気相手とLINEする妻

手軽なLINEは浮気に使われやすい!LINEが浮気に使われる理由について

LINEが浮気に使われる理由は、電話やメールより簡単にコミュニケーションをとることができるからです。

浮気や不倫をし始めると相手と連絡先を交換する必要性が必ず出てきますが、LINEならお互いのQRコードを読み込んだりするだけで即座に友達登録することができるため、遊び感覚からLINEの連絡先を交換し、浮気や不倫につながるケースもあります。

また、必要に応じて浮気相手をブロックすれば連絡を取り合っていることがバレずに済みますし、そもそも通話料金も発生しないので気軽に連絡を取り合うことができます。

他にも通知をオフにしたり、トーク履歴を非表示や削除することも簡単にできるため、パートナーにバレたくないと思っているほど、LINEの機能を駆使して浮気をしている可能性が高いと考えられます。

LINEで妻の浮気チェック1・LINEにパスコードを設定していない?

ほとんどのスマホでは本体にパスコードをかけて、自分にしかわからないパスワードでロックをかけたり、指紋認証や顔認証でロックをかけることができます。しかし、一緒に住んでいればこれは破れる機会も多々あるのです。

LINEではスマホ本体のパスコードとは別に、アプリ自体にロックをかけることができます。このため、スマホのパスワードや指紋認証などを解除できたとしても、LINEのパスコードを設定していれば、中身を見ることができません。

とても安全なセキュリティを活用しているだけのように思えますが、LINEにパスコードを掛けているということは、そこまでしても中身を見られたくないLINEのやり取りを誰かとしていると思われます。

LINEで妻の浮気チェック2・非表示にしている友だちはいない?

LINEは追加した友だちがアドレス帳のように表示され、トーク画面でも同じように友だちリストに表示されます。しかしLINEには友だちを[非表示]にする機能があります。

この機能を使えば、メッセージのやり取りをしていない時や、万が一トーク画面を見られた時でも、友だち一覧に相手の名前が表示されない状態を保つことができます。

また削除やブロックなどとは違うので、自分がトーク画面を使うときは簡単に表示の状態に戻すことができます。

非表示になっている友達は、[非表示リスト]で確認することができ、見慣れない名前がここにあれば、浮気相手を非表示にしているのかもしれません。逆に自分が非表示にされていれば、妻は浮気相手に夫の存在を隠している可能性もあります。

LINEで妻の浮気チェック3・表示名を変更している相手はいない?

[非表示リスト]に見慣れない名前がなかったからといって、知らない相手とのやり取りが全くないというわけではありません。

LINEでは、画面に表示される相手の名前を自由に変えることができる機能があります。

これは本来、名前ではなく「父」「母」などのように、一見して相手をわかりやすくするための機能として用意されたものですが、この機能を使えば、浮気相手の名前を簡単に変えることができます。

同性の仲の良い友達の名前に変えて、実際の友達はさらに違う名前にしておけば、万一トーク画面を開かれてしまった場合でも、怪しまれる確率が下がるのです。

表示される名前に対して、内容が不自然であれば、名前が違う相手とのやり取りなのかもしれません。

LINEで妻の浮気チェック4・トーク履歴を非表示にしていない?

LINEは、名前を非表示にしなくても、トーク履歴を非表示にする機能があります。この機能を使えば、名前を非表示にして怪しまれたり、名前を変えることで誤送信してしまうことがなくなります。

この機能は、今は使わないけれど削除してなくなってしまっては困るトークの履歴や、広告などで使う時だけ見たいトークを非表示にすることで、トーク画面が煩雑にならずに済むというメリットから、便利な機能として親しまれています。

非表示のトーク履歴を開いてしまうと、トーク画面に戻ってしまうため、開く度に、非表示に戻さなければならないという手間はありますが、トーク画面からは見えなくすることができる機能です。

この便利な機能を利用してトーク履歴を非表示にするということは、「相当怪しい」と考えて良いでしょう。

【LINEが見れない場合】LINEで妻の浮気チェック5・ポップアップ表示をOffにしていない?

スマホのポップアップ画面に新着のメッセージを表示する設定を特に変えていないという人は多くいます。

この機能では、LINEに新しくメッセージが届くと、メッセージの一部がポップアップ画面に表示されます。この画面では、メッセージの全てを読むことができませんが、2~3行の表示があることから、どのようなやり取りの相手なのか推測することはできます。

またポップアップ画面のメッセージはスマホのロックを解除しなくても読むことができる機能です。このため、簡単にメッセージのやり取りを確認することができます。

ただ通知などの設定によって、これを表示させない設定にもでき、以前はポップアップに表示されたのに、最近になって表示をオフに変えたという場合は、見られたくないメッセージのやり取りがあるのかもしれません。

【LINEが見れない場合】LINEで妻の浮気チェック6・肌身離さずスマホを持っていない?

以前はスマホなんて放ったらかしにしていることがあったのに、最近は、どこへ行くにも肌身離さず持ち歩いているという場合は、誰かに見られては困る内容がスマホに入っているのかもしれません。

また、通話着信や新着のメッセージが届いたタイミングを見逃したくないという場合にも肌身離さず持ち歩く場合があります。

もちろん、浮気相手ではなく、何か大切な連絡を待っているという場合もあるでしょう。しかし、そんな時は大抵その日だけか、長くても数日といった場合がほとんどです。

このため、最近いつもどこへ行くにも、スマホを持ち歩いているという場合には、誰かに怪しまれる着信や新着メッセージを見られたくないと思っているのかもしれません。

LINEから彼女、彼、パートナーの浮気調査(チェック)をするのは違法?

相手のことを想うあまりに、浮気をしていないかの確認にスマホを勝手に見てしまうという人もいるでしょう。しかしこの行為は法に抵触する可能性があります。また、その違法行為によって提出された証拠は、違法に入手していることから、証拠として採用できない可能性もあります。

問われる罪は不正アクセス禁止法とプライバシーの侵害です。

このうち、不正アクセス禁止法では刑事罰を受ける可能性があります。プライバシーの侵害では、不法行為として、損害賠償を請求される可能性があります。

ただし、パートナーがロックし忘れたスマホの場合は、プライバシーの侵害に当たるものの、相手にも過失があるため、不正アクセス禁止法に抵触することはありません。

車で妻の浮気をチェック!妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法

浮気相手とドライブを楽しむ妻

車で妻の浮気チェック1・車でお出掛け前に入念に掃除している

車の掃除なんてたまにしかしなかったのに、最近は出かける前には必ず掃除をするようになったという場合には、浮気をしている可能性があります。また、妻だけが出かけて帰って来てからは必ず何らかの理由をつけて車の掃除をしているという場合にも、浮気の疑いがあります。

相手の存在を残すような何かが残っていないか確認し、忘れ物などではなかったとしても、タバコの匂いや香水の匂い、あるいは二人で車内で食べた食べ物の匂いやゴミなどが残っていないか確認している可能性が高いのです。

もちろん、単に車の掃除をしている可能性もゼロではありません。しかし、出掛ける度に、あるいは帰って来る度に、車の掃除をしているのであれば怪しいかもしれません。

車で妻の浮気チェック2・助手席の位置がいつもと違う

自分が前に座った時と助手席の位置が変わっていたら、誰かを乗せた可能性があります。最近、大きな荷物を運んだ場合や、複数の友人や実家の家族などを乗せたなど、思い当たるものがなければ、車に浮気相手を乗せたのかもしれません。

一度だけであれば、自分が助手席の位置をよく覚えていなかったという可能性も考えられなくはありませんが、何度か同じことが起きている場合には浮気をしている可能性があります。

助手席だけでなく後部座席も動いている場合は、車の中で性行為に及んだ可能性も否定できません。チャイルドシートが取り外された形跡がないか、またボックスカーの場合にはトランクに当たる部分が動かされていないかなどをチェックしてみると良いでしょう。

車で妻の浮気チェック3・ナビの目的地履歴が消されている

カーナビの目的地の履歴が消えている場合は、浮気相手を車に乗せただけでなく、浮気相手とどこかへ出掛けた可能性があります。

もちろん、何らかの操作ミスで目的地の履歴が消えてしまったという可能性はゼロではないでしょう。しかし、いつも目的地が消されている場合や、これまでカーナビの操作には疎く、目的地の履歴を消したことはなかったという場合には、目的地の履歴を消さなければならない理由ができたと捉えることもできます。

また、妻自身が目的地の履歴を消していなかったとしても、浮気相手が消した可能性も否めません。

一緒に車に乗った時に、何気なく目的地の履歴が消されていることを聞いてみると反応を見ることができます。

車で妻の浮気チェック4・ナビの走行履歴が消されている

多くのカーナビは、行き先や目的地を検索した履歴だけではなく、走行履歴を残してくれます。カーナビを使って目的地を設定して走らなかったとしても、車を使って出掛けた日に、どれくらい走行したのかの距離を知ることができます。

近くのスーパーまでの距離や実家までの距離など、考えられる行き先とはかけ離れた走行距離の履歴がある場合には、浮気相手とどこか遠い土地へ出掛けた可能性があります。

またこれとは逆に数時間にわたって車で出掛けて来ると言ったにも関わらず、わずかな走行距離しか履歴に残っていないという場合には、どこかに車を停めていたということになりますから、この時は、相手の自宅やホテルなどに滞在していた可能性が否めません。

浮気調査でGPSアプリを仕掛けるのは違法?

妻がどこへ行っているのか確かに調べたいという人もいるでしょう。そんな時、車にGPSを付けたいと考える人も少なくないのではないでしょうか。

夫婦の共有財産であれば車にGPSを付けて、そこで得た情報を浮気調査に活用したとしても、法に抵触することはありません。

夫婦の共有財産である場合には、半分は自分にも所有権などが存在するため、それがどのように使われているのかを知るためにGPSを付けるという解釈をすることができます。

ただし、浮気相手の車にGPSを勝手に取り付けて、妻の足取りを追う場合には、ストーカーと捉えられる可能性があることから、危険です。また違法に入手した証拠を提出しても、採用されない可能性があります。

車で妻の浮気チェック5・以前よりも給油の頻度が増えた

妻の行動範囲は変わっていないにも関わらず、ガソリンの減りが早かったり、給油の頻度が上がったという場合には、妻は自分の知らないところで車を使う頻度が増えているということです。

また、常に満タンになっているという場合には、ガソリンの減りを知られないために、浮気相手と会う度に給油をして帰ってきているという可能性があります。

いずれにしても、以前よりガソリンの減り方に大きな変化があるという場合には、旦那には知られたくない行動があると考えることができます。

直接給油頻度を知ることができない場合は、ガソリンスタンドのポイント履歴などを確認することで、どのくらいの頻度で給油しているかを知ることもできます。

車で妻の浮気チェック6・車内に普段と違う香り(香水など)がする

友人などの家に入った時に、嫌な匂いではないけれど、その家の匂いを感じたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

これと同じように、自分が普段接している匂いではない人が車に残す匂いには気付くものです。浮気相手がタバコを吸っていたり、香水を付けている場合には気付きやすいでしょう。

その匂いを消すために、急に芳香剤が置かれていたり、消臭スプレーなどが置かれて、使用した跡があるという場合には、浮気をしている可能性があります。

女性は男性に比べると匂いに敏感であると言われており、妻は自分が好んでいる男性の匂いを残さないように対策を講じているということです。

また、車の中で性行為に及んでいる場合には、その匂いを消したいと思うことでしょう。

車で妻の浮気チェック7・充電器や雑誌など普段使わないものが置かれている

これまでの妻は、こんな物を車に置いていなかったという物を見つけたり、普段家では使わない妻の物が車に置かれている場合には、浮気をしている可能性があります。

浮気を疑う時は、つい浮気相手の物が車に落ちていないかと探してしまうことが多いと思います。しかし怪しい物は浮気相手の物だけとは限りません。浮気を隠すために、妻自身が普段は使わないけれど、浮気相手の前では使う物を車に置きっぱなしにしている場合があります。

メイク道具や充電器など、家の中にある物がわざわざ車の中にも置かれている場合には、それらを持って浮気相手とどこかへ出掛けている可能性があります。

また逆にあまりにも整理整頓されているという場合にも、何かを隠すために整理したという可能性もあります。

言動から妻の浮気チェック!妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法

香水をつけるようになった妻

言動から妻の浮気チェック1・上機嫌でいることが増えた

どの世代のどんな相手であっても、誰か好きな人がいるというのは、人をご機嫌にさせるものです。それが出会った時から変わらず、夫に向けられるものであれば、どんなに素敵なものでしょうか。

これまでの自分との生活では、それほど上機嫌であることはなかったのに、何か思い当たることがあるわけでもないのに、最近は特に上機嫌であることが増えたという場合には、浮気を疑っても良いかもしれません。

浮気をしていると疑いをかけられたくないことから、逆にこれまでより優しく接してきたり、夫の機嫌を取るような言動や行動が見受けられるという場合もあります。

何か良いことがあったのかと探ってみても、あえて言おうとしない時などは要注意ではないでしょうか。

言動から妻の浮気チェック2・メイクや服装が変った

これまでも全くメイクをしないということはなかったけれど、不定期にメイクを入念にする日があったり、それほど美容に興味がなかった妻が最近はよく肌の手入れをするようになったという場合には、浮気をしているかもしれません。少なくとも、自分がどう見られているかを気にする相手がいるということです。

また、これまでと服装の好みが変わり、女性らしかったり、肌の露出が多くなるという場合にも浮気をしている可能性があります。

さらに、少し出掛けると言いながら、きちんとした服装で出掛ける時がしばしばある場合や、お気に入りの服を着て出掛ける機会が増えるなど、服装に変化がある場合も、服装を気にする相手がいると考えることができます。

言動から妻の浮気チェック3・香水などをつけるようになった

普段から香水を付けるということはなかった妻が、近頃香水を付けるようになったという場合には、自分の香りを気にする相手がいるということです。また、他の匂いが付いてくることを隠そうとしている可能性もあり、浮気をしているかもしれません。

普段から香水を付けていたという人の場合でも、香水の好みが急に変わったという時や、匂いの強いものに香水を変えたという場合は、単なる気分の変化だけではない可能性が高いでしょう。

さらに、知らない種類の香水がいつの間にか増えているという場合には、行く先や出掛ける時間によって香水を変えている可能性もあります。この時は自分以外の誰かに会っている可能性があり、浮気の疑いがあります。

言動から妻の浮気チェック4・新しい下着をつけるようになった

自分の身の回りを清潔に保つことはとても大切なことです。しかし、ここで言う新しい下着を付けるようになったとは、そういった意味とは少し違って来るでしょう。

これまで持っていたような下着ではないにも関わらず夫の好みではない下着が増えたり、下着自体が派手になるなどがあれば、その下着を夫以外の誰かが見る機会があるということでもあります。このため、浮気をしているかもしれません。

また、下着の量が増えたり、常に新しい物があるという場合にも、妻は下着に気を遣っているということです。そして、その理由があるということにもなります。

さらに新しい下着を夫のために買ったのではないとすれば、浮気をしている可能性はかなり高いのではないでしょうか。

言動から妻の浮気チェック5・夫婦関係を拒むことが増えた

浮気をする時、男性は体を求める場合が多く、女性は心を求める場合が多いと言われています。これはその人の性格や好みというよりは、人間の動物的本能なのかもしれません。

女性は浮気な気持ちから、そのまま本気になってしまう場合が多いと言われているのもこのためかもしれません。

このため、浮気から本気になっている妻は夫婦関係を持ちたくないと思う傾向が強いようです。

浮気をするということは、そもそも何らかの不満があったからかもしれません。その不満が浮気相手によって満たされていることで、不満の相手であった夫には体に触れられたくないと感じるのです。

このため、最近になって何かと理由を付けて夫婦関係を拒むことが増えたという場合には浮気をしているかもしれません。

言動から妻の浮気チェック6・記念日などに誘ってもノリが悪くなった

出会った日や付き合い始めた日など、夫婦にとってこれまで大切にしてきたはずの記念日を今年も祝おうと誘っても、何かと理由を付けて面倒臭そうにするというようなことがあれば、浮気をしている可能性があります。

妻にとって、これまで大切にしていた記念日は、今はさほど大切ではないということです。もしかしたら、もっと大切にしたい記念日ができているのかもしれません。

また夫と同じ時間を過ごすことを嫌っていたり、その時間を浮気相手と一緒に過ごしたいと考えている可能性もあります。

さらに、記念日自体を忘れていたという場合には、妻の気持ちは、夫婦の間にはなく、他のことを考えているということでもあり、浮気をしている可能性があります。

言動から妻の浮気チェック7・趣味が変った

これまでの趣味や習い事を一変して、新しく趣味や習い事を始めたり、その趣味や習い事に没頭している場合には、単にそれらが楽しいというだけでなく、趣味や習い事の先に浮気相手と出会ったという可能性があります。

実際、趣味や習い事で浮気相手と出会う主婦は増えています。特に専業主婦の場合は出会いがないことから、それらが出会いのきっかけとなり、また同じ趣味という共通点や、同じ習い事という目標物があることから、意気投合しやすいと言われています。

さらに、浮気相手に会っているところを誰かに見られたとしても、趣味の話をしていたと嘘を言ったり、習い事でわからないところを教えてもらっていたという言い訳が十分に成り立つのです。

言動から妻の浮気チェック8・会話が減った、話しが上の空

浮気をしている妻にとって、浮気相手と過ごす時間は、夫と過ごす時間とは違って、とても刺激的で楽しいものです。一方で、浮気相手と会えない時間の魅力は減っていく一途を辿ります。このため、夫との時間や会話も上の空で、まさに心、ここに在らずという状態でしょう。

このことから、いわゆる他愛もない会話というものが減り、必要最低限の日常生活に必要な業務連絡のような話しか、妻からは話し掛けないということが起きます。

こちらが話しかけても上の空だったり、逆に聞いてもいないことについてベラベラと喋るなど、心、ここに在らずという会話が続くようであるならば、本当に妻の心はここにはなく、浮気相手のことばかりを考えているという可能性が高いでしょう。

言動から妻の浮気チェック9・休日出勤や残業が増えた

妻が専業主婦ではなく、パートや社員として働きに行っているという場合もあるでしょう。

その場合に、休日出勤や残業が増えたという時は、浮気をしているかもしれません。何か大切な業務を任されていたり、大きなプロジェクトに関わっている可能性もありますから、最初から休日出勤や残業が増えたからと言って、浮気を疑うことはよくありません。しかし、あまりにも回数が多かったり、休日出勤や残業が突然発生するという状況が続く場合には、浮気を疑える状況にあると考えられます。

また、これとは逆に、妻が夫に残業する日を事前に聞いてきたり、次の休日出勤の予定をしきりに確認するという場合には、妻は夫が留守となる安全な日を確認しようとしているのかもしれません。

言動から妻の浮気チェック10・夜間の外出が増えた

休日出勤や残業だけでなく、夜間の外出が増えた場合にも浮気をしている可能性があります。

浮気相手が仕事をしていれば、当然会う時間は休日か仕事が終わってから夜間の時間帯になりますから、この時間に外出することになるのです。

これまでは職場の飲み会などにはさほど積極的に参加していなかった妻の飲み会が急に増えたり、パートでありながら残業する日が増えるなど、不自然な理由で夜間に外出する機会が増えた場合には、夜間に会いたい人がいると考えられます。

友人との食事会や、夜間に実家を訪ねる機会が急に増えたという場合も同じでしょう。夜間の外出について、嘘をついて出掛けると言うことは、隠さなければならない関係の相手であり、浮気の可能性が高いでしょう。

妻の浮気チェックで浮気・不倫が発覚したらどうする?

妻の浮気が発覚して悩む男性

不貞行為の決定的な証拠を掴みましょう

不貞行為の証拠に必要なものとは?

法律上の不貞行為とは、配偶者以外の相手と性的な関係があったという事実が必要です。相手のことをどう思っていたか、相手がどう思っていたか、それによってあなたがどう思ったかということより、不貞行為という事実があったのかなかったのかという証拠が必要になります。

また、キスをしていたり、抱き合っていたというだけでは、不貞行為としては認めるには弱い時があります。さらに、性交渉があれば、回数や感情に関係なく、不貞行為と認められる場合があります。

差し出す証拠で大切なことは、相手の気持ちが移ったことや愛情の有無ではなく、性的な関係の存在を認められるものであるかということが重要な論点となることに注意しなければなりません。

自分で浮気調査をする方法

探偵や興信所を使わずに、自分で浮気調査をするという人もいるでしょう。

そのために、パートナーのスマホやパソコンなどのロックを解除したという人もいるでしょう。しかし暗証番号やパスワードなどを入手したり、推測して、相手のデータを見ることは、不正アクセス禁止法に違反した行為として、刑事罰の対象となる場合があります。

また、相手からはプライバシーを著しく侵害したとして、慰謝料を求められる場合もあります。

さらに、違法な手段によって入手された証拠は、裁判や離婚調停などに提出しても、違法収集証拠であることから、採用されない場合があります。

このため、自分で浮気調査をする場合には、それが法に抵触しないものなのか、証拠となるものなのかに細心の注意を払う必要があるでしょう。

探偵会社の浮気調査でどこまでわかる?

探偵会社に依頼して知ることが出来る情報は、こちらがどこまで依頼するかによっても変わってくる場合があります。

多くの探偵会社はパートナーの浮気調査を依頼すると、一定の期間中に行った調査の結果について報告書にまとめて、報告してくれます。この報告書では、浮気の有無をはじめとして、浮気相手との行動履歴や浮気相手がどのような人物なのかを知ることができます。

二人で会っていた日時や行った場所、実際に会っていた時の様子の写真などが記録されており、実際に裁判でも浮気の証拠として提出し採用されるケースが多いです。

性的関係にあったことを示せるものであれば、不貞行為の証拠として採用されることもあります。

興信所はパートナーの過去がどこまでわかる?

付き合っている相手や配偶者など、パートナーとなる人の過去について詳しく知りたいという人は少なくありません。また逆に、パートナーだからこそ、自分の過去や親族、家族のことについて、あえて語らずに隠しているという人もいるでしょう。

しかし興信所で素行調査を行うと両親や、家計、借金の有無、離婚暦などについては判明することがほとんどです。

一般的には本人のことや三親等までを対象に調査を行うことが可能であると言われています。さらに場合によっては。それ以上に調べることも可能なようです。

内容についても、親族に犯罪歴を持つ人はいるのか、特定の偏った宗教や暴力団などとの関わりを持つ人がいるのかなどを知ることができます。

離婚や慰謝料請求をするなら弁護士に相談しましょう

不貞行為は、単に好ましくない行為というだけではありません。民法上の不法行為に当てはまるのです。このことから、不貞行為をされた配偶者は男女に関係なく、相手に対して慰謝料を求めたり、婚姻関係の破棄を求めることができます。

また子どもがいる場合には、養育費の請求も可能でしょう。

一般的に男性の方が収入が高い場合が多く、仕事に時間を取られ、育児に費やす時間を十分に確保できないと認定される場合が多く、親権獲得に不利であると言われています。しかし、どちらに不法行為が有ったかによって、教育上における影響を理由にこれは大きく変えることができます。

これらのことについては、離婚調停に入る前に弁護士に相談し、適切なアドバイスをもらうと良いでしょう。

妻の浮気チェック/妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法まとめ

出来るならパートナーのことを疑いたくないし、パートナーの気持ちが自分から離れてしまっていることをわざわざ確認などしたくないものです。

しかし、実際に浮気をしているならば、そんなことを言っている場合ではないという状況も多々あるでしょう。

妻が浮気をしているかをチェックする方法には様々なものがあります。また浮気を疑うきっかけや証拠を掴む方法にも、様々なものがあります。ふとした瞬間の妻の態度から、これまでとは明らかに違う言動や行動から、妻の浮気が発覚することもあります。さらに、探偵や興信所を使って、浮気の証拠を掴むこともあるでしょう。

最も良いのは、妻の気になる行動の一つ一つが自分の思い過ごしであったことですが、現実にはそうはいかないことも多いのかもしれません。

目次