【付き合いたてのスキンシップ】付き合い始めのカップルは何してる?付き合った当日のLINEは?

目次

【付き合いたてのスキンシップ】彼氏と長続きするには「付き合い始め」が重要!

付き合い始めた頃というのは、相手のことをお互いにまだよく分かり合っていない時期でもあります。スキンシップでもそれは同じことが言えますから、相手の反応を見て、徐々に距離が縮まっていくものである場合が多いです。

最初は手を繋ぐ程度のさりげないものであることが多く、相手の手に触れることから、徐々に相手と自分が許せる範囲や相手との距離が増え、親密さが増していきます。

スキンシップは、お互いの存在を確かめることの一つでもあり、とても大切なものでしょう。スキンシップで知る愛情があったり、スキンシップそのものが愛情表現である場合もあります。

大切であるからこそ、相手や自分の気持ちを尊重し、親密さを増しながら距離を縮める必要があります。

【付き合いたてのスキンシップ】付き合った当日のLINEの送り方

付き合った日に相手に送るLINEは、告白したほうから送るとうまくいくと言われています。内容は、付き合えたことや出会えたことへの感謝であることが多いです。また付き合った日を振り返り、楽しかった時間を再び共有することや、次の約束をするなども良いかもしれません。

ただ、あまりにも丁寧に感謝の意を伝えられると、相手は付き合うこと自体を重たく感じてしまうかもしれません。

また付き合った直後は、告白したほうが交際そのものをリードしていくと、告白されたほうは、相手に気持ちを合わせなければという焦りがなくなり、気持ちが楽になると言われています。リードされることで、この人で良かったと思い、交際を楽しめるようになるのです。

【付き合いたてのスキンシップ】付き合い始めのLINEの頻度はどれぐらいがいい?

付き合い始めた頃であっても、LINEの頻度で大切なことは、お互いにとって負担にならないということです。LINEだけではなく、メールや電話でも同じことが言えるでしょう。

付き合い始めた頃は、ずっと一緒にいたいと思ったり、離れたくないという想いが強いことから、途絶えることなくLINEを送り合ってしまうことが多いです。しかし、何かを差し置いてLINEをしているという状況を長く続けることは難しいでしょう。このため、お互いにとって苦痛にならないことが大切です。

付き合ったからLINEをしなければならないという義務感でLINEを送っている関係になってしまえば、相手の存在そのものを負担に感じてしまう日は早く訪れてしまいます。

【付き合いたてのスキンシップ】長続きするカップルの特徴

交際が始まってから、長続きするカップルの特徴に、お互いのことを尊重しているということが言えます。付き合っている相手だから、取り繕っているというところがなく、どんな自分も見せられるという関係が長続きします。また隠し事がないということも大切でしょう。

お互いがお互いを求めながらも、無理強いせず、ありのままの相手を受け入れ好意を抱いていることで、お互いに付き合っていること自体に無理が生じることがあまりありません。このため、自然体のまま、長く付き合いを続けられるようになります。

ダラダラしていることとは違い、お互いを尊重し合っていることで、理解や共感を得やすく、また問題が起きた時には話し合える関係であることが長続きします。

目次