【探偵の浮気調査の方法】探偵が浮気相手や不倫相手を探す方法や証拠集めのやり方

目次

【探偵の浮気調査の方法】探偵はどうやって浮気相手を探すの?

情報を集める

探偵が浮気相手を探す場合には、まず依頼主からの情報収集が最優先になります。

浮気相手の生活や接点など、依頼主が知っている情報を聞き出し、感情を排除した上で、情報の正誤を精査する必要があります。

その上でどのような調査が必要になるかの計画が立てられます。

聞き込み

依頼主から見た浮気相手と、実際の日常生活を送っている浮気相手にはギャップがある場合があります。

このため、依頼主から得た情報を元に、浮気相手の周囲に聞き込みをすることで、どのような人物であるかの特定をします。

尾行や張り込み

浮気相手の人となりを得たら、浮気相手そのものを尾行したり、住まいや会社などに張り込んで、どのような生活を送っているのかを調査します。

その上でこれまでの情報と整合し、確認することで、情報を特定する作業を行います。

【探偵の浮気調査の方法】探偵が不倫相手を探すことは違法にならない?

浮気相手であったとしても、探偵が人探しをしていることそのものは違法にはなりません。

しかし、方法によっては、プライバシーの侵害にあたったり、不法侵入や盗撮などの疑いがかけられることもあるかもしれません。

ただし、これはあくまでも探偵が負う責任です。

依頼主は、それが浮気相手であっただけで、人探しを探偵に依頼したにしか過ぎないのです。依頼するにあたって、調査方法を強要したり、教唆したなどがなければ、探偵に浮気相手を探すことを依頼することは違法にはなりません。

また探偵は、提供した情報が依頼主によって、どのように扱われたとしても、責任を負ってくれないことも知っておく必要があるでしょう。自分にとって不都合な情報でも探偵には責任がありません。

【探偵の浮気調査の方法】探偵が証拠集めに使う機材

探偵だからといって、何か特別な機材を使って、情報を収集できるわけではありません。どちらかと言うと、使う機材が特殊であるというよりは、一般的にあるものを浮気調査に活用する技術に長けていると考えると良いでしょう。

例えば、暗い場所を撮影できるカメラは、素人ではなかなか対象をうまく捉えることができません。しかし、探偵は暗闇での撮影にも慣れていることから、赤外線カメラなどの取り扱いに優れています。

また尾行中に、相手を捉える場合には、遠近感などが原因でボヤけてしまうという場合がありますが、この点も探偵は扱いに慣れています。

得た情報は、証拠として取り入れたい旨をあらかじめ伝えておけば、対象以外の守られるべきプライバシーに配慮して撮影するなどの対応も探偵であれば可能です。

【探偵の浮気調査の方法】確実に浮気の証拠を押さえたいなら探偵事務所に依頼しよう

個人で浮気の証拠を押さえることも、不可能なことではありません。

しかし、それにはリスクを伴うことは先述した通りです。

確実に浮気の証拠を得たい場合には、探偵などプロに依頼すると良いでしょう。

まず、浮気相手への感情がないことから、冷静な事実だけを集めることができます。次に、探偵はプロのノウハウやツールを用いて調査を行うことが可能ですから、確実性は素人より遥かに期待できます。また、個人で調査をして、危険に晒される可能性も回避できるでしょう。

さらに、浮気相手にあなたのことを知られずに済みます。このことは大きなメリットで復習や、事実を隠されることが起きにくく、より証拠を集めやすい状況が生まれることが考えられます。

【探偵の浮気調査の方法】よくある質問

探偵に住所特定の調査を依頼するメリットは何ですか?

探偵に住所の特定の調査を依頼し、浮気相手の住所を知ることができれば、特定の記録を残せる郵便物を届けることが出来るというメリットがあります。

裁判や調停などに使われる書類の多くは、本人の受け取りを要求する形で送られます。かつ配達や受け取りが記録される方法で送られることがほとんどです。送付相手の住所がわからなければ、これらを送ることができません。

また、住所を特定する調査を依頼することで、浮気相手がどのような暮らしをしているのかを合わせて知ることができる場合が多いです。

相手の家族や配偶者の有無など、その人がどのような人であるかを知ることで、浮気に関する住所以外の証拠に繋がる情報を得られる可能性があります。

浮気現場を見たら証拠になりますか?

浮気現場を見たとしても、それだけを証拠として差し出すには、難しいものがあります。

しかし、あなたが見たものが本当にパートナーの姿であり、浮気現場であるならば、パートナーとの関係において、とても大切な情報になるでしょう。

裁判や調停で採用される証拠だけが、二人の関係や浮気を立証するものではありません。二人の間には、積み重ねた時間があり、互いに求め信頼し合った関係性があるはずです。そして、あなたが目撃した浮気現場が、二人の関係性を変える証拠となることは言うまでありません。

ただし、誰かを愛することに証拠がないように、浮気を疑ったり許したり、あるいは相手と決別するためには、証拠となるものは実は少ないのかもしれません。

浮気の慰謝料は請求できますか?

浮気の事実を知った時に、慰謝料の請求が認められる場合が多いです。慰謝料の請求先はパートナーである時と、浮気相手である時があります。またどちらもである場合もあります。

浮気による慰謝料の請求は、人の感情によって起きた行為に対する慰謝料であるため、一概にどちらが悪く、誰に非があるという認定をしづらいものであることが多いでしょう。しかし、不貞行為によって、身体または精神が著しく傷つけられた場合や、不貞行為が原因となって、婚姻関係の継続が難しくなり、破綻に追い込まれた場合には、慰謝料を請求することができます。この他にも、夫婦に子どもがいれば養育費の請求や親権の譲渡などをパートナーに求めることができます。

探偵の浮気調査がバレるとどうなりますか?尾行は違法ですか?

浮気調査をするために、探偵が調査対象者の尾行をすることに基本的には違法性はありません。また、探偵に尾行によって浮気調査を依頼することにも、違法性はありません。

ただし、調査対象者を尾行している時に、探偵が不法侵入をしたり、相手や他人のプライバシーを著しく侵害する行為があれば、違法となる場合があります。

また尾行している姿を不審に思った周囲の人が通報することがあれば、警察などに事情を聞かれることがあるでしょう。

しかし、調査における責任を問われるのは、探偵自身であることがほとんどです。依頼者に調査の責任を問われることは、探偵の違法性を知りながら依頼していた場合であり、稀なケースであることが多いでしょう。

目次