【男女の信頼関係】恋愛における信頼とは?職場で信頼関係を築く方法

目次

【男女の信頼関係】信頼とは?

信用と信頼は、同じ「信じる」という意味で用いられることが多いですが、日本語としては、わずかな違いがあります。

「信用(credibility)」とは、過去に基づいたもので、信じて受け入れることに対し、「信頼(trust)」とは、現在のその人そのものを評価した上で、先の保証がない未来の行動を信じて頼りにするという意味合いがあります。

これを恋愛関係に置き換えるとどうなるのでしょうか。

信用とは、相手を好きになった段階のことかもしれません。今より前の相手の様子や振る舞いを見て、寄せている好意と重ねることができます。

これに対して、信頼とは、個体ではなく二人におけることだと捉えることができるでしょう。不確定な未来を信じて好意を寄せ合っているということではないでしょうか。

【男女の信頼関係】恋愛における信頼関係とは?

信頼関係とは、お互いに信頼し合うことが必要です。どちらかだけが相手を必要としたり、どちらかが相手を信じきっているという状態では成り立ちません。

恋愛で信頼関係を築くためには、相手の気持ちを知り、理解し、尊重することが大切であることと同じように、自分の気持ちを伝えることがとても大切です。そして、相違があるならば理解し合えるものとなるよう、時間と労力を費やす必要があるでしょう。ただ、最も大切なことは理解できない場合であっても、相手を否定することなく尊重できる関係性であるかということです。

全てに同意できる関係が良い信頼関係ではありません。相手の欠点を指摘し、それを受け入れることができる関係こそ、信頼関係が成り立っていると言えます。

【男女の信頼関係】恋愛中の男女が信頼関係を築くには?

嘘をつかない

恋愛関係だけに限ったことではありませんが、信頼を得たいと思う時には、まず自分が嘘をつかないことが大切です。偽ることなく相手に接することで、相手も嘘をつくことがなくなり、裏切ることがない関係を築くことができます。

相手を尊重する

自分と意見が違っても、相手を否定することなく、相手の意見を尊重するように心掛けましょう。しかし全てを肯定するのではありません。自分と意見が違うということを認めることが尊重であり、信頼関係につながります。

依存しない

相手を信頼することは大切ですが、相手に頼り切ることは依存につながります。依存はやがて負担となりかねません。相手を求めすぎることなく、それぞれが自立している関係性であることが信頼関係を築くことに繋がります。

【男女の信頼関係】職場で信頼される女性の特徴

親身であり誠実である

何事も自分に置き換えて考えることができる人は信頼されます。トラブルが起きた時に、自分なら同意う対応を求めるかを考え行動できる人です。また何事に対しても、適当にこなすことなく、誠実に対応する人も信頼される人であると言えます。

言われる前にやる

誰かが気付く前に、行動できる人は信頼されることが多いです。周囲をよく見ているという点で評価されるだけでなく、その場に何が必要なのかを見極めていることが多く、仕事だけでなく、人としてのスキルが高い人が多いです。

行動力がある

仕事に対して意見を述べるだけでなく、実際に会議までに自分の意見に基づく資料を作ったり、理解を求められるように調べるなど、行動することは、信頼される人の特徴です。必要なものを言われる前に揃えるということもあるでしょう。

目次