【脱毛器男性のおすすめ】家庭用脱毛器はヒゲにも効果あり

目次

男性におすすめの家庭用脱毛器の選び方3つのポイント

メンズにおすすめの家庭用脱毛器の選び方3つのポイントを説明する男性

選び方1・効果的な脱毛方式で選ぶ

痛みを感じにくく、全身脱毛にピッタリの【フラッシュ式】

フラッシュ式は、毛のメラニン色素に作用する光を照射して、毛根にダメージを与える方式です。

痛みが少なく、広範囲に使用でき、スピーディーにケアできることがメリットですが、レーザー式に比べて効果を実感するまでに時間がかかる傾向にあります。

また、メラニン色素に作用する特性があるため、毛が細く薄い方より、毛が太く濃い方が反応します。痛みが少ないフラッシュ式なら、剛毛の方でも安心。

ムダ毛のお手入れに加えて、肌のうるおい感を増したり、肌のキメを整えるなどの美肌ケアができる製品もあることがフラッシュ式の魅力です

効果を実感しやすく、ピンポイントで毛を薄くする【レーザー式】

医療脱毛で使用されているレーザーの出力を、家庭で使用できるようにおさえたものがレーザー式です。

フラッシュ式よりも、毛根に深く届いてダメージを与えるため、脱毛の効果を実感しやすいことが特徴。口元、ワキなどピンポイントのケアに向いています。

レーザー式のデメリットは、フラッシュ式よりも痛みを感じやすく、VIOなどのデリケートな部位には不向きであることです。また、照射範囲が狭いことからムラができやすく、ケアに時間がかかる傾向にあります。

ムダ毛が生えるスピードが遅くなる効果を期待している方は、フラッシュ式かレーザー式を選ぶことをおすすめします

選び方2・ヒゲ、VIOが使用可能な機種を選ぶ

より使いやすく、効率よく、スピーディーにムダ毛をケアするために、脱毛する部位にあった製品を選ぶことが大切です。

範囲が広く、毛が目立ちやすい「腕」「胸」「脚」「ワキ」には広い範囲を照射できるタイプ、範囲の狭い「顔」や「ヒゲ」には専用カートリッジなどで照射面積を小さくできるタイプのものが良いでしょう。

とくに、男性の「ヒゲ」や「VIO」は、肌トラブルを起こすケースがあり、安全上、非推奨部位になっているモデルが多くあります。ヒゲやVIOゾーンに対応しているか確認した上で、選ぶようにしましょう

※ VIOとは、Vゾーン(恥骨上部の下着で覆われている三角形のゾーン)、Iゾーン(陰部の両側)、Oゾーン(肛門周辺)のデリケートゾーンのこと

選び方3・機能性が高い機種を選ぶ

出力調整機能

家庭用脱毛器は、メラニン色素に反応する特別な光を照射します。このため、毛が濃くて太い部位、毛量が多い部位は、毛が薄くて細い部位よりも痛みを感じます。また、皮膚が薄い部位や骨に近い部位は、熱や刺激が伝わりやすいため同様に痛みを感じやすいです。

このため、痛みを感じにくくするためには、熱が伝わらないように照射前と照射後すぐに冷却することが大切です。肌の色や部位にあわせて照射レベルをなるべく細かく調節できるタイプなら、痛みを感じにくく、スピーディにケアできるのでおすすめです

連射機能

連射機能が搭載されている脱毛器であれば、強い光を1回で照射するだけでなく、数回に分けて連続して照射することで、肌への負担を軽減することができます。また、通常モードではハイパワーで照射し、連射モードは広い範囲を高速でケアするといった使い分けも可能です。

また、脱毛器は一度照射すると、本体の冷却が完了するまで次の照射を行うことができません。照射間隔が長いとケアに時間がかかるだけでなく、途中で脱毛をやめてしまう大きな原因になります。照射間隔の短い機種を選ぶようにしましょう。

⇒ メンズにおすすめの家庭用脱毛器5選を見る

【脱毛器男性のおすすめ】ヒゲへの使い方

家庭用脱毛器のヒゲへの使い方がわからない男性

使い方1・事前に自己処理をしっかり行う

脱毛を行う前に、自分でシェービング処理をしっかり行いましょう。自己処理が必要な理由は、脱毛効果と安全面に大きな影響があるからです。

脱毛効果

脱毛器は、毛を色づけているメラニン色素に反応する特別な光を照射し、熱によって毛根組織にダメージをあたえることで効果を発揮します。このため、肌に毛が残っていると、光が毛にも反応してしまい、毛根まで十分なパワーで光を届けることができません。光が届かないので、脱毛効果が落ちてしまいます。

やけどのリスク

自己処理をせずに毛が長いまま照射すると、光がムダ毛の毛根から毛先へと分散してしまうため、熱くなった毛が皮膚に触れて、やけどになるリスクが高まります。

自己処理のタイミング

自己処理を行うタイミングは、脱毛器を使う直前ではなく、前日がおすすめです。シェービングした次の日には少し毛が生えてくるので、照射当日に毛の濃い部分、うすい部分がわかるからです。使いはじめの頃は照射モレをおこして毛がまだらに生えてきがち。

毛の濃い部分があらかじめわかっていれば、その部位をしっかり照射できるので、照射モレを防ぐことができます。自己処理は、脱毛器を使用する前日に行うようにしましょう。

シェービングツール

自己処理をする時、毛抜きの使用はNGです。毛を引き抜いてしまうと、そもそも脱毛器の光がダメージを与える毛根がなくなるので、脱毛効果は得られなくなります。

そこでおすすめするシェービングツールは、電気シェーバーです。カミソリでも問題ありませんが、肌を傷つけないように注意が必要です。もし肌を傷つけてしまうと、完全に肌の状態がもとに戻るまで、傷ついた部位には照射することができないからです。

カミソリを使う場合は、ゆっくり、やさしくシェービングしてくださいね。

使い方2・使用前は腕などで照射テストを行う

脱毛器をはじめて使用するときは、必ず照射テストを行います。

照射する部位の肌に異常がないか確認する

照射テストをおこなう前に、照射する部位の肌に異常がないことを確認します。

  • 傷口
  • しっしん
  • ほくろ
  • 刺青
  • しみ
  • かゆみ
  • カサつき
  • ニキビ

これらの箇所に脱毛器の光を照射すると、次のような肌トラブルの原因になる可能性があります。

  • やけど
  • 強い痛み
  • 肌荒れ
  • ニキビの炎症が悪化する

まちがって照射をしてしまわないように、白色のシールで保護しておきましょう。白色のシールは様々な種類の大きさがありますので、確認してみてくださいね。

照射する部位の肌を洗浄する

照射テストをおこなう前に、照射する部位を洗浄し、メイクや日焼け止め、香水などを洗い流した状態にします。

皮膚試験(パッチテスト)

脱毛器の出力を一番低いレベルに設定し、腕や手の甲に照射します。照射前と照射後は、保冷剤で肌を10〜20秒程度冷却します。照射テストから1〜2日経過後に、照射した部位や周辺の皮膚にやけどや強い痛みのような症状が生じていないか確認します。

皮膚試験(パッチテスト)の結果、やけどや強い痛みが発生した場合は、使用を中断し、皮膚科医に相談してください。

使い方3・照射レベルは段階的に上げる

肌への照射テストをおこなった後、照射レベルを一番弱いレベルに調整します。

効果を急ぐあまり、ついつい照射レベルを上げて使ってしまいがちですが、絶対にやめましょう。人によって肌質や毛質などによって適した出力は異なるため、出力の調整を間違えてしまうと、肌が傷ついて炎症をおこしてしまい、脱毛跡(シミやブツブツ、黒い斑点)ができる可能性があるからです。

このとき大切なのは、新しい部位の脱毛をスタートした時、必ず低いレベルから照射をはじめるということです。なぜなら、部位によって皮膚の厚みが違うので、痛みの感じ方が異なるからです。脚はレベル5で脱毛が終わって大丈夫だったから、腕もレベル5で照射をはじめるのではなく、腕はレベル1から様子をみて、少しずつ上げていくようにしてくださいね。

使い方4・使用頻度はメーカー推奨を守る

「家庭用脱毛器は毎日つかっても大丈夫?」と疑問に思っている人も多いかもしれません。

今日は腕、明日は脚というように、異なる部位を照射するのであれば、毎日つかっても問題ありません。一方で、同じ部位を毎日照射することはおすすめできません。毎日つかっても、早く効果が出るわけではないからです。

脱毛器を毎日つかっても早く効果が出ないのは、生えている部位や毛量には個人差はありますが、毛が部位それぞれでバラバラの毛周期のうえで生え変わっているためです。毛周期のうち、脱毛に効果があるのは「成長期」だけなのです。

脱毛器は製品によって出力も異なるため、使用頻度は製品によって異なります。使いはじめは1週間から2週間に1回の使用を推奨するメーカーが多いですが、実際に購入する製品の推奨する使用頻度を守ることが、最も効率的で、かつ安全です。

使い方5・使用の前後は肌をしっかりと冷却する

脱毛時に肌を冷やす理由

脱毛器は、毛を色づけているメラニン色素に反応する特別な光を照射し、熱によって毛根組織にダメージをあたえることで除毛します。このため、脱毛時には熱さや痛みを感じます。

この熱や痛みをできる限り抑えるために、使用の前後は肌を冷やすことが大切です。

脱毛器で強い光を照射した直後、肌は日焼けをしたときと同じような、ほてり・赤み・痛みを感じることがあります。特に、毛の濃い箇所やデリケートな部位は熱を強く感じやすいので、日焼け後の肌のように敏感になっています。

肌を冷やさずに熱がこもっている状態のままにしておくと、肌に赤みや腫れが出たり、ひりつきやかゆみなどの肌トラブルに発展してしまう可能性があります。

脱毛後の肌に赤みや腫れが出たり、ひりつきやかゆみを感じた場合、タオルに包んだ保冷剤などを使ってすぐに肌を冷やしましょう。

かゆみがある箇所をかいてしまうと、傷ができて炎症が広がり、色素沈着をおこすおそれがあります。

このような肌トラブルを避けるため、脱毛後には肌を冷やしましょう。

照射前と照射後に肌を冷やす

肌を冷やすのは光を照射した後だけではなく、照射する直前も冷やす必要があります。照射前の冷却は痛みを和らげるうえで有効ですし、火傷防止の効果もあるからです。

ただし、冷やしすぎは逆効果ですので注意しましょう。脱毛器は、熱によって毛根組織にダメージをあたえることで除毛する仕組みですが、脱毛後に冷やしすぎてしまうと、毛根のダメージが回復してしまう可能性があるからです。また、血行不良にもつながります。

具体的には、保冷剤を肌に直接当てるのではなく、タオルで包んで適度な温度に調節し、肌が冷えすぎないように気をつけましょう。

使い方6・照射後は肌をしっかりと保湿する

脱毛器で強い光を照射した後は、肌を冷やすだけでなく、保湿することも重要です。

脱毛すると、日焼け後と同じように、脱毛器の熱で肌の水分は失われていて、とても乾燥した状態になっています。何もしないでそのままにしておくと、どんどん乾燥が進み、お肌のトラブルにつながります。

また、乾燥が進むと肌のバリア機能がおとろえてしまい、ちょっとした刺激でも肌表面の角質がボロボロはがれたり、かゆみやカサつきを起こすなど、刺激に敏感になってしまいます。肌荒れがある状態では、肌が照射の刺激に耐えられないため、肌の状態が完全に回復するまで脱毛をすることができません。十分に注意してください。

このようなことを避けるためにも、照射後は必ず保湿するようにしましょう。

保湿に使用する保湿剤は、ドラッグストアで購入できるような普段から使っているローションや保湿クリームで問題ありません。ただ、油分の多いクリームやオイルは日焼けのリスクを高めるので使用しないようにしましょう。

保湿を肌に優しくなじませるように塗りこみ、しっかり保湿してください。

【脱毛器男性のおすすめ】効果について

家庭用脱毛器の効果について

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない

家庭用脱毛器では、永久脱毛はできません。

なぜなら、永久脱毛するということは、毛根を破壊することであり、これは医療機関でしかできない「医療行為」にあたるからです。また、医療機関で使用する高出力なレーザーは、大変危険なので家庭では使用できない、という安全面の問題もあります。

永久脱毛をしたい方は、クリニックや美容皮膚科で医療脱毛を受けることをおすすめします。

家庭用脱毛器の魅力は、自宅で手軽にケアできること。また、クリニックや美容皮膚科が近くになくて通えない方や、予約がとれずに定期的に通えない方、人に身体を見られることに抵抗がある方にも、家庭用脱毛器はぴったりです。

永久脱毛の定義とは?

永久脱毛は、「永久に毛が生えてこなくなる」わけではありません。

永久脱毛の定義は、米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって発表されています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

つまり、永久脱毛とは「毛が再生しない状態が、長期間に渡って続いている状態」と言ってよいでしょう。

永久脱毛で毛根が破壊された毛穴から、毛が再び生えてくることはほとんどありません。ただし、妊娠や出産などによってホルモンバランスが急激に変化すると、再び毛が生える可能性があることは覚えておきましょう。

永久脱毛ができるのは「医療脱毛」「ニードル脱毛」のみ

永久脱毛ができるのは、「医療脱毛」と「ニードル脱毛」の2つの方法のみとなります。

医療脱毛

医療脱毛は、レーザーが毛の黒いメラニン色素に反応して熱を発することによって毛を作る組織を破壊する脱毛方法です。

メラニン色素に反応するレーザーを照射するため、成長期に達していない毛や白髪には効果が得られにくいです。ほくろや色素沈着部分の毛にも照射できないデメリットがありますが、一方で広い範囲を短い時間で脱毛できることが大きな特徴です。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴のひとつひとつに針をさしこみ、電流を流して毛根にある毛を作る組織を破壊する脱毛方法です。

医療脱毛と異なり、メラニン色素を必要としないので、白髪や、黒い肌の方でも脱毛できることがメリットですが、施術に時間がかかることや、痛みが強いことから、現在では医療脱毛が主流となっています。

どちらの脱毛方法にも、メリット・デメリットがあります。永久脱毛を希望するのであれば、医療脱毛では脱毛することができなかった白髪やほくろ、色素沈着などの部位のみ、ニードル脱毛を取り入れる、といった方法が良いでしょう。

家庭用脱毛器は減毛・抑毛が可能

家庭用脱毛器は、医療脱毛クリニックで使用されている脱毛器に比べると出力が抑えられています。このため、発毛組織を完全に破壊することができず、永久脱毛することはできません。

クリニックよりパワーが低い家庭用脱毛器でも、何度も繰り返して使用することで「永久脱毛できた!」と実感する方が一定数いることも事実です。

しかしながら、毛を生やす組織は完全に破壊されていないため、数ヶ月〜数年たつと、再び生えてくることが多いです。

家庭用脱毛器の脱毛は「永久脱毛」に対して、毛を生やす組織にダメージを与えて毛が生えてくるのを一時的に抑える「抑毛」や、継続して使用することで毛が生えてくるスピードを遅くする「減毛」とよばれています。

すべすべ肌をキープするためにも、脱毛器を使い続けることが大切です。

家庭用脱毛器の継続使用でヒゲやVIOなどの脱毛効果を実感できる

家庭用脱毛器は、継続的に使用することで、脱毛効果を実感できます。なぜなら、家庭用脱毛器はサロンやクリニックで使用されている脱毛器に比べると出力が抑えられているため、その分、「回数」を重ねる必要があるからです。

たとえば、サロンであれば5~6回で脱毛効果を実感できるとすると、家庭用脱毛器で同じ効果を得るには10回以上くりかえす必要があるかもしれません。

特に、男性のヒゲやVIOなどの毛が密集している部位は、腕や脚などの部位と比べて、効果が得られるまでにかなりの回数を重ねるケースもあります。

ここで忘れてはいけないことは、家庭用脱毛器は「自宅で何度でも脱毛できる」ということです。

脱毛器が自宅にあれば、自分の好きなタイミングで使うことができます。しばらく脱毛できなかったとしても、サロンやクリニックのように再びお金を払って通う必要もなく、ムダ毛が気になったときに、いつでもまた脱毛を再開できます。

さらに、最近ではサロンと変わらないぐらいハイパワーの家庭用脱毛器も増えてきています。

いずれにしても、家庭用脱毛器は継続的に使用することで脱毛効果は十分に期待できるので、人に体をみられるのに抵抗がある方や、様々な事情でサロンに通えない方、予約なしで脱毛したい方には家庭用脱毛器がおすすめです。

男性におすすめの家庭用脱毛器5選

【ケノン】 エムテック

ケノンは、4つのコンデンサによって高出力を実現し、男性のヒゲやVIOまで全身に使用できる、日本製のフラッシュ式の脱毛器です。

独自の発光システムであるUSPL(極短発光)により、肌への刺激や負担を軽減。肌センサーを搭載し、照射レベルは10段階で調整できるため、メンズのヒゲやVIOも痛みを抑えながら脱毛できます。

付属のスーパープレミアムカートリッジの最大照射回数は300万回、1ショットあたりの単価は0.0098円。コスパの良さが際立っています。万が一使い切ってしまった場合でも、カートリッジ交換式なので安心。

照射範囲も7㎠と非常に広く、照射スピードは最短0.4秒なので、効率よくスピーディーなケアが可能です。

実は剛毛な人にこそケノンは選ばれていて、ケノンのユーザーのなんと54%が男性なんです。女性より男性のほうが使っている人が多いのは、脱毛効果が認められている証拠でしょう。

商品名ケノン
メーカーエムテック
付属品・スーパープレミアムカートリッジ
・電源コード
・取扱説明書
・サングラス
・保冷剤(2個)
・収納ポーチ
本体価格69,800円(税込)
機能・10段階のパワーレベル調節機能
・連射モード
・自動モード
・タッチセンサー
・最速0.4秒チャージタイム
・静音冷却
・日本製

【光エステ脱毛器 LAVIE】 LAVIE

光エステ脱毛器 LAVIEは、コンデンサーを2つ搭載し、出力パワー値は業界最高クラスの6.7J/㎠とメンズエステクラスのパワーを実現した、日本製のフラッシュ式の脱毛器。

照射を行うハンドピースはわずか110gと軽量。グリップ部分も握りやすく設計されており、使い心地に配慮されているため、長時間していても疲れにくい仕様。

出力レベルは7段階で調整が可能。男性特有の濃い剛毛やVIOも痛みを抑えながら脱毛することができるため、LAVIEならメンズでも安心してケアすることができます。

また、美顔カートリッジに交換するだけで、人気の光フォトフェイシャル美顔器としても利用可能。毛穴レスでキュッと引き締まったフェイスラインで、清潔感のある男をめざせるのもLAVIEの魅力です。

商品名IPL光エステ脱毛器LAVIE
メーカーLAVIE
付属品・脱毛用カートリッジ(1個)
・電源コード
・取扱説明書
・スタートアップガイド
・保冷剤(2個)
本体価格58,000円(税込)
機能・7段階のパワーレベル調節機能
・連射モード
・ミュート機能
・日本製

【パーソナルレーザー脱毛器4X】 トリア

クリニックで使用するダイオードレーザー技術を発明したレーザーの専門家によって開発された「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」。家庭用脱毛器で唯一レーザーの特許を取得。世界でシリーズ累計販売台数500万台を突破しています。

トリアのレーザー脱毛器はすべて、FDA(米国食品医薬局)の認可を受け、アメリカでは医療機器として販売されているプロ仕様の製品です。

フラッシュ式の出力が平均が4J/㎠程度なのに対して、レーザー式のトリアは最大22J/㎠なので、圧倒的なパワーによる脱毛効果の高さが魅力ですが、照射範囲が狭いことからケアに時間がかかる傾向にあります。また、フラッシュ式の脱毛器より痛みを感じやすくなります。

少々痛みはともなっても青ヒゲを根絶したい方に、トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは圧倒的におすすめです。

商品名トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
メーカートリア・ビューティ・ジャパン
付属品・充電専用ACアダプター
・取扱説明書
本体価格48,000円(税込)
機能・唯一のレーザー脱毛器
・5段階のパワーレベル調節機能
・照射カウンター付

【シルクエキスパート】 BRAUN

  • 照射口横のセンサーが肌の色を自動で読みとり、照射パワーを自動調節
  • Vラインのムダ毛ケアが可能
  • 1台で約22年間の全身ケアが可能
商品名シルクエキスパート Pro5
メーカーBRAUN(ブラウン)
付属品・通常ヘッド
・コンパクトヘッド(部分用)
・ワイドヘッド
・ビーナスカミソリ
・電源アダプター
・布製ポーチ
本体価格85,580円(税込)
機能・10段階のパワーレベル調節機能(自動)
・3段階の照射モード選択機能(手動)
・連射モード

【レイボーテR】ヤーマン

  • ローラーヘッド付きで全身ケアが最短3分で完了
  • 肌色にあわせて出力レベルを自動で判別する「オートモード」付き
  • Vライン・Iラインや男性のヒゲ、中学生も使用可
商品名レイボーテR フラッシュハイパープロ
メーカーヤーマン
付属品・ACアダプター
・ローラーヘッド
・LEDヘッド
・スポットヘッド
・Vデザインツール
・取扱説明書(保証書付)
本体価格82,500円(税込)
機能・5段階のパワーレベル調節機能
・連射モード
・タッチセンサー
・ケア管理アプリ

【脱毛器男性のおすすめ】まとめ

メンズにおすすめの家庭用脱毛器はケノン!

メンズが家庭用脱毛器を使うなら、『ケノン』をおすすめします!

ケノン本体に標準でついてくるスーパープレミアムカートリッジが1つあれば、ヒゲ・VIO・全身の全ての箇所を脱毛できるので、ケノン1台あれば1人で全身脱毛ができます。剛毛に効果的なストロングカートリッジがあれば青ヒゲにも効果的です。

10段階まで細かく出力調整ができるため痛みを感じる箇所では出力を抑えて痛みを減らすことも可能なので、従来の脱毛サロンで感じていた不自由が解消されるでしょう。

また、脱毛サロンに行く時間がない社会人の方が自宅でゆっくりと脱毛を進めるときにも便利に使える脱毛器です。

公式サイトなら、特別割引を適用して69,800円(税込)まで安くなるキャンペーン中です。日本製の家庭用脱毛器ではトップクラスに安い料金です。

この記事を読んでケノンに興味を持ったら割引キャンペーンが有効なうちに、ぜひお試しください。

口コミはこちらからどうぞ。

関連記事:【ケノンの口コミ】脱毛器のレビューが悪いけど効果ないの?

メンズにおすすめの家庭用脱毛器5選をもう一度見る

目次