【LINEで浮気調査】パートナーのLINEから浮気を見破る方法/浮気・不倫の証拠を押さえる

目次

手軽なLINEは浮気に使いやすい!LINEが浮気に使われる理由について

浮気相手にLINEでメッセージを送る女性

LINEが浮気に使われる理由1・利用者が多く手軽に繋がれる

最近ではスマートフォンを持っている人で、LINEを使っていないと言う人はほとんどいません。普及率を見ても全世代で86%以上、20代と30代の利用率は94%を超えています。

また、利用の方法も簡単で「LINE交換できますか?」の一言でものの数秒で連絡先を交換することができます。直接連絡先を交換出来なくてもグループLINEを利用すれば、メンバー同士は気軽に連絡先を交換することができます。

対面では無い相手であっても、電話番号やID検索等でつながることができます。ネット上の掲示板やSNSを使って検索に必要なキーワードを探せば、見知らぬ誰かともつながることができます。

このような、つながりやすさもLINEが浮気に使われやすい理由の一つでしょう。

LINEが浮気に使われる理由2・通話やメッセージなどの機能が無料で使える

LINEひとつで色んな使い方ができます。

基本となるのがやはりメッセージ機能です。つながりたい相手の連作先を毎回入力しなくても相手とメッセージのやり取りができます。メッセージだけでなく、絵文字やスタンプを利用すれば幅広い感情表現ができます。

このメッセージ機能だけでも中毒性が高く、人とのやり取りが癖になる理由です。

また、音声通話やTV電話ができることも魅力です。遠くにいても相手を傍に感じることが出来ます。遠距離ながら交際している気分が味わえることから罪悪感が薄れやすくなるのかもしれません。

特に浮気では相手の様子が知りたくなるものです。写真や動画を送信しやすいのはLINEを利用する大きなメリットと言えます。

LINEが浮気に使われる理由3・相手の表示名やアイコンを隠すことができる

LINEのつながりやすさだけでなく、そのつながりを隠す機能が多くあります。その一つが相手の表示やアイコンを隠すことです。

浮気バレする理由として、会話の内容を見られてしまう事があります。しかし、その会話の存在自体に気づかれることが無ければ疑う証拠がありません。

過去の痕跡を隠す簡単な方法はメッセージのやり取りを非表示にすることです。非表示にするには、相手を友達から選んで左にスワイプすれば、非表示の選択が出ます。

注意すべきは削除のコマンドも出てくるので記録が消えないように注意しましょう。相手を探すには友達で相手を検索すればいいだけなので簡単です。

また、通知の際に相手のメッセージの冒頭が表示されますが、そのアイコンのみを非表示にすることが出来ます。設定の通知からLINEを選択してアイコンの非表示を選択することで変更することが出来ます。

LINEが浮気に使われる理由4・トークの一括削除が簡単にできる

証拠をスマートフォンから消すことも簡単です。メール等では、受信ボックスの中から消したいメッセージを探し当てて削除しなければなりません。

ただし、LINEではメッセージが相手ごとにまとまっているので、メッセージを簡単に消すことが出来ます。先程の非表示の要領で、トークで相手のメッセージを見つけたら左にスワイプすれば削除のアイコンが出てきます。

今度は非表示にしないように注意しましょう。メッセージの都度削除してしまえば浮気を疑われても証拠がありません。

ただし、一度消したメッセージは基本復元が出来ません。消す相手を間違えれば大切なやり取りも消えてしまいます。この方法を使うかどうかはよく考えてから注意して利用しましょう。

LINEが浮気に使われる理由5・通知Offの設定ができる

交際相手が浮気に気づいてしまう瞬間として多いのが通知です。

LINEの基本設定ではメッセージが届くと携帯の待ち受けに送信者のアイコンとメッセージの一部が表示されます。機種によっては通知から全ての文面を確認することが出来ます。

だからといって通知が来た瞬間に慌ててスマホを隠す様な素振りを見せては相手に疑われてしまいます。そこで、LINEの通知をOffに設定することが出来ます。

この方法を使えば全ての通知をOffにできるので、通知によって気づかれることはまず無くなります。

通知をOffにするには設定から通知を選択し、さらにLINEを選択すると通知Offの設定ができます。この設定をしておくと、通知に気づきにくいデメリットはありますが、通知によって振り回されることが無くなります。

LINEが浮気に使われる理由6・トーク履歴を非表示の設定ができる

非表示の設定として、相手の友達登録やアイコンの非表示を紹介しましたが、この設定は浮気の証拠であるトーク履歴とは別物です。

逆に言えば、友達登録やアイコンが表示されても相手の許容度にもよるかもしれませんが証拠にはなりません。

そこで、トーク履歴を非表示にすることを活用すれば証拠を隠しながらやり取りすることが出来ます。

やり方はこれまでの非表示と同じで、非表示にしたいメッセージを選んで左にスワイプすれば非表示のコマンドが出ます。この時も削除のコマンドが出るのでトーク履歴を削除をしたくない人は注意しましょう。

メッセージを探すにはトークにて相手を検索すれば見つけることが出来ます。

このように非表示の仕方を組み合わせれば、簡単に証拠を隠しながら浮気相手とやり取りをすることが出来ます。

LINEが浮気に使われる理由7・簡単にブロックできる

LINEの機能として相手をブロックする機能があります。

これは浮気をするうえで2つの大きな役割を果たしてくれます。1つは、痕跡を消すことです。

ブロックをした相手のメッセージは全て削除されます。また、ブロックをした痕跡は残るのですが、ブロックしたい相手を浮気相手だとは思いにくいです。

このように痕跡を隠すという意味では強力な方法になります。ただし、ブロックすると相手からのメッセージは見れないので一方通行になるのがデメリットです。

2つ目の役割は、浮気相手とのつながりを断ち切りやすいということです。浮気ですので、円満な終わり方ばかり出来るわけではありません。

ただ、ブロックさえしてしまえば、相手からの連絡は受け付けずに済みます。そのため、LINE上では相手とやり取りをせずに済みます。

LINEで浮気調査/LINEの設定で彼氏、彼女、パートナーの浮気を見破る方法(チェック)について

パートナーが寝ている間にLINEをチェックする男性

LINEの設定で浮気を見破る方法1・LINEにパスコードの設定をしている

LINEではパスコードを設定することでスマホのロックと二重でセキュリティーを設定することが出来ます。

パスコードを設定すれば、仮に浮気を怪しまれても、パスワードが分からなければ証拠となるメッセージのやり取りなどを確認することが出来ません。

ただし、これはかなり怪しいので浮気を疑うポイントとも言えます。というのもLINEのパスコードの解除は正直言って面倒くさい作業です。

LINEの場合、スマホを立ち上げる際にロックを解除しているため、二度手間になります。

また、日常的なやり取りをしているだけならばLINEにロックを掛ける必要がありません。悪用の心配がなければなおさらLINEのパスコードは浮気を疑うポイントになります。

LINEの設定で浮気を見破る方法2・非表示設定にしているともだちがいる

非表示設定は浮気相手を隠す方法としてご紹介しましたが、場合によっては浮気がバレる証拠になってしまいます。というのも、非表示にした相手を確認することが出来るからです。

非表示にする方法は、LINEのアプリを立ち上げて歯車マークを選択し、一般の中から友達を選択します。その一覧に非表示のリストが出てきます。

このような方法で交際相手の非表示を確認すれば、浮気と思われる相手が発覚します。

相手さえ分かれば、検索によってトーク履歴も見えてしまうので証拠を見つけることができます。

そのため、非表示に疑わしい相手がいた場合には、メッセージまで確認することで初めて確証を得られるので、非表示だけ確認して終わらないように注意しましょう。

LINEの設定で浮気を見破る方法3・相手の表示名を変更している

LINEを見て、「浮気かも知れない」と思うのは、浮気相手とおぼしき名前が見つかる瞬間もその一つです。

男性なら女性とメッセージをやり取りしていれば疑いがかかります。しかし、仮に女性とのメッセージを男性からのメッセージと錯覚させることができれば浮気に気づきにくくなります。

LINEでは相手の表示名を変更することが出来ます。表示名を変更する方法は、相手のアイコンをタップして、表示されている名前を編集するだけです。

表示名を編集しても相手のLINE本体の表示名は変更されません。このようにあたかも別人からのLINEと見せかけることができれば、相手の存在を隠してやりとりすることができます。

そのため、交際相手が頻繁にメッセージをやり取りする相手がいれば表示名を確認しましょう。アイコンをタップすれば本来の登録名と変更した表示名の両方を確認することが出来ます。

LINEの設定で浮気を見破る方法4・トーク履歴を非表示にしている

先程は相手を友達の欄から非表示にしている場合の見抜き方を紹介しました。

同じようにトークの非表示についても一覧で確認することができます。

トークの非表示を確認する方法は、LINEを立ち上げて、歯車マークから一般のトークを選択します。するとトーク履歴の非表示になっている相手が確認出来ます。

この時も、単にトーク履歴の非表示から浮気を断定するのではなく、、トークの内容を確認してから浮気の確証を得るようにしましょう。こうすることで確実な浮気を見抜くことが出来ます。

ここまで確認される方なら浮気の内容を徹底的に押さえたいはずです。可能なら、トークの履歴をスクショして自分宛てにLINEで送信しておきましょう。

ちゃんとスクショと送信履歴を消しておけば、相手にバレること無く証拠を押さえることが出来ます。

LINEで浮気調査/浮気・不倫の証拠を抑える方法について

パートナーの浮気の証拠を押さえてしまった男性

LINEで浮気調査1・機内モードで未読メッセージを確認する

LINEによる浮気調査の方法としてもっとも簡単な方法が、メッセージを未読のまま確認する方法です。

既読がつくと浮気相手にメッセージを確認したことが悟られてしまうかもしれません。そのため、未読のままメッセージを確認する方法をお勧めします。

未読のままメッセージを確認する方法は、まず、スマホを機内モードにします。そのうえでメッセージを開くと浮気相手に既読の表示がされずに内容を確認することが出来ます。

機内モードを解除すれば既読がついてしまいますが、一度に未読メッセージと全てのメッセージをスクショして起きましょう。

どうせ解除するなら解除後に自分宛てにスクショのメッセージを送っておけば確かな証拠を記録することが出来ます。ただ、直近の未読メッセージを確認したいだけなら機内モードにしなくても、長押しで既読にすることなく内容を確認できます。

LINEで浮気調査2・スタンプの購入履歴やプレゼントの履歴を確認する

LINEでは、メッセージや通話以外にも相手に贈り物をすることができます。

明らかに交際相手にしか送らないような贈り物があるはずです。LINEでそのような痕跡が無いかを確認しましょう。交際相手にしか送らないようなスタンプやプレゼントが無いか探してみましょう。

LINEのGIFT機能には5,000円を超えるような高額なコスメや化粧品、ブランドもののネクタイなど幅広い商品があります。

プレゼントの確認方法は二通りあります。LINEのGIFTからマイページを開き購入履歴からそれらしい贈り物がないか確認できます。

次に、メッセージの履歴から贈り物の履歴が無いかを確認する方法です。マイページからは誰に送信したのかまではわからないので、できればトーク履歴から確証を得るようにしましょう。

LINEで浮気調査3・削除されたトーク履歴を確認する

LINEアプリを削除&再インストールする

LINEはトーク履歴をバックアップする機能があります。バックアップさえ残していればLINEアプリを削除&再インストールすることでトーク履歴を復元することが出来ます。

ただし、この方法では、バックアップしていなければトーク履歴は復元されません。利用の際には十分に注意が必要な方法となります。

バックアップの設定はスマホの持ち主がしていなければいけません。もし、この方法を選ぶのならば、バックアップを残す作業も事前に仕込んでおく必要があるので注意してください。

PC版LINEから閲覧する

LINEでは同じアカウントをPC版から確認することが出来ます。

PC版を使ってトーク履歴を確認すれば、スマホの持ち主が知らぬ間に内容を知ることが出来ます。

この方法にはPCとLINEの内容を確認したい相手のスマホが必要になります。ログインの際に認証が必要となるので、かならずスマホを押さえてから実行するようにしましょう。

不用意に利用すると、スマホに通知が飛んでしまうので注意が必要です。

まずは自分のLINEをPCから覗いてみましょう。

【Android】バックアップから復元する

AndroidではGoogleのクラウドへWi-Fi接続時に自動でLINEの履歴をバックアップに保存する設定が出来ます。

この方法をLINEを覗きたい相手のスマホに仕込んでおいて、一定期間後にバックアップを利用して復元することで相手のトーク履歴を確認することができます。

この方法なら相手のスマホを介さずに、中身を復元することも可能です。一度バックアップを取っておいて、別のAndroidにトーク履歴を復元すれば内容を確認できます。

【iPhone】データ復元ツールを利用する

iPhoneの場合には本体自体にLINEのトーク履歴をバックアップする手段が無いので、データ復元ツールが必要となります。

ご自身でソフトをPCにインストールして利用する方法から、業者に依頼する方法まであります。

どちらの方法もLINEを覗きたい相手と自分の状況を考えてベストな方法を調べてみましょう。どうしても費用がかさんでしまう場合があるので要注意が必要です。

また、誤って復元したデータを相手のスマホに残して調査を疑われないように注意して実行してください。

LINEで浮気調査/パートナーのLINEから浮気を見破るおすすめアプリを紹介します

浮気を見破るおすすめアプリについて

LINEで浮気調査アプリ1・mSpy

mSpy

mSpyの特徴

  • バレることなく位置情報を取得したり、エリア内通知を入手できる
  • 送受信したメッセージを確認できる
  • スマートフォンのフォルダに入っている写真や動画を見ることができる
  • 通話履歴や通話回数を確認できる
  • 動作はバックグラウンド上でなのでバレない
  • 24時間365日日本語対応カスタマーサポートあり
  • インストールをしたアプリの監視
  • WEBの閲覧履歴を確認できる

mSpyはバックグランドモードに切り替えることでスマートフォン上に表示されてしまうアイコンを非表示にすることができます。

そのためダウンロード後すぐ非表示に切り替えれば、mSpyの存在を相手に知られることがありません。

ちなみに、mSpyは公式アプリストアでないと入手することができませんので、使用する際はmSpy公式サイトにアクセスします。

mSpyの使い方

STEP
mSpy公式サイトでアカウントを作成
  1. 自分のパソコンまたはスマートフォンまたはタブレットからmSpy公式サイトを開きます。
  2. メールアカウントを指定
  3. mSpyアカウントを作成
STEP
オンラインストアでパッケージを選択し、mSpyを購入
  1. mSpyの公式サイトから希望のパッケージプランを選択
  2. 名前や国籍を入力したらクレジットカードで購入
  3. 支払いが完了したら”注文を送信”という項目をクリック
STEP
メールの確認

メールアカウント作成をしたメールアドレス宛にアプリ購入後の確認メールが届きます。

注文情報・コントロールパネルのアドレス・登録をしたユーザー名・スパイパスワード用のmSpyが記載されているので、間違いがないかをしっかり確認してください。

STEP
相手のスマートフォンにアプリをダウンロード
  1. “Cydia”というアプリでmSpyをダウンロード
  2. Cydiaのアイコンをクリックしたら、”ソース→編集→タップ”の順番で移動
  3. ダウンロードをするアドレスを入力
  4. “ソースの追加”をタップ 
  5. CydiaがmSpyソースを自動更新したのを確認できたら、”Cydiaに戻る”という項目をクリック
STEP
セットアップ

自分が見るためのスマートフォンまたはパソコンまたはタブレットにmSpyのセットアップの準備を行い、公式サイトに記載されている手順に従ってセットアップを完了させます。

STEP
遠隔操作やGPSによる追跡を行う

LINEで浮気調査アプリ2・Pushbullet

Pushbulletの特徴

  • ファイル操作により写真やその他のファイルを共有できる
  • スマートフォンのマップ情報を共有して相手の移動経路を調べることができる
  • スマートフォンの通知を他のデバイスに表示や管理をすることができる

自分で浮気調査を行う上で有難い特徴を持っている Pushbulletですが、実は高すぎる障壁があります。

  • ログインをする際にFacebookまたはGoogleアカウントを求められる
  • GPSを切られてしまったら位置情報の確認ができいない
  • 正確な浮気の証拠を掴めないこともある

これに関しては、メインではないあなたの知らないLINEアカウントを相手が作成していた場合、正確な証拠を掴むのはかなり難しいです。

日頃からLINEアカウントについて探りを入れておく必要があります。

Pushbulletは無料で使用できるアプリですが、有料機能を取り入れることでより浮気調査に向いた動作をすることができるのも特徴です。

Pushbulletの使い方

STEP
アプリ版 Pushbulletをインストール

GooglePlayからインストールできます。

STEP
GoogleまたはFacebookにログイン
  1. Pushbulletのインストールが完了したらアプリを立ち上げる
  2. GoogleまたはFacebookのアカウントでのログインを求められたら、任意のものを選んでログイン
  3. 通知の許可を求められたら、任意のものを選択
STEP
パソコンからGoogleまたはFacebookにログイン

STEP2で行ったスマートフォンと同じ手順で同様に進めていきます。

STEP
パソコンに拡張機能を追加
  1. パソコンのアイコンをクリック
  2. アプリをダウンロード
  3. 画面内にある”APPS”をクリックし、自分のページに飛ぶ
  4. 使用するブラウザを選択
STEP
通知のミラーリング設定
  1. スマートフォンで Pushbulletを立ち上げる
  2. 左からメニューを引き出して”Morning”をクリック
  3. テスト通知の送信をクリック
  4. 先程設定したパソコンに通知が届く
    ※ミラーリングは通知が表示されるだけではなく、その通知画面から返信まで行うことができます。
STEP
設定完了

LINEで浮気調査アプリ3・AirDroid

AirDroidの特徴

  • 写真や動画、メールの確認ができる
  • スクリーンショットを撮影して保存できる
  • SMSの送信
  • 音声通話の発信
  • 音楽や写真、動画などを様々なファイルに転送できる
  • 連絡先の新規追加や編集
  • Androidにインストールしているアプリの確認ができる
  • アプリのアンインストールができる

AirDroidには無料版と有料版があるのも特徴です。

違いについては以下をご覧ください。

機能無料版有料版
ファイルサイズ(ローカル)200MB無制限
ファイルサイズ(リモート)30MB1GB
マルチデバイス2台同時6台同時
リモートカメラ機能できない操作カメラを撮影できる
広告広告が表示される広告が表示されない

AirDroidの使い方

STEP
アプリをインストール

iOSならAppStore、AndroidならGooglePlayから”AirDroid”をインストール

STEP
設定

写真と通知の許可をします。

STEP
アカウント作成

以下を入力します。

  • Accountにメールアドレス
  • Passwordに設定するパスワード
  • Confirmに確認用パスワード
  • Nicknameに名前
STEP
確認コードの入力

アカウントを作成すると、確認用のコードが登録をしたメールアドレス宛に届きます。

メールに記載されている6桁のコードをAirDroidのアプリに入力します。

このコードは30秒のみ有効なので、届き次第早急に操作してください。

STEP
設定完了
STEP
日本語に変更

初期設定のままでは英語表記なので、AriDroidのアプリを立ち上げた後、画面内にある歯車マークから言語を日本語に選択します。

LINEで浮気調査アプリ4・Phonedeck

Phonedeckの特徴

  • GPSを利用した位置情報の特定ができる
  • 遠隔操作による録音
  • 遠隔操作で相手のカメラを起動して、撮影ができる
  • スマートフォンに保存されている写真や動画を確認できる
  • SMSやメールの履歴確認
  • 通話履歴や通話場所の確認ができる
  • アドレス帳の確認

相手のスマートフォンにPhonedeckをインストールしておくことで、パソコンやタブレット、スマートフォンから今どこで何をしていて、どんなメッセージのやりとりをしているのか等を細かく確認できるので、自分で浮気調査をするのにすごく適しています。

GPSを利用して位置情報が特定できることから、浮気調査だけではなく高齢者や子どもの見守りにも多く使用されているのも特徴です。

Phonedeckの使い方

STEP
アカウント作成
  1. “Salesforce”にアクセスをして、アカウントを作成
  2. 名前やメールアドレス等を入力して登録
  3. 登録が完了するとメールが届くので、アカウントに間違いがないかを確認
  4. Salesforeceにサインアップ
  5. パスワード変更画面になったら、任意のパスワードを設定
STEP
Phonedeckのアプリをインストール
  1. インストールが完了してアプリを起動したら、①で作成したアカウントにログイン
  2. アクセスの許可を求められたら、”許可”をクリック
STEP
端末の設定
  1. 浮気調査を行う端末でPhonedeckのサイトにアクセス
  2. “無料でPhonedeckを試してみてください”という項目をクリック
  3. “今すぐ入手>生産にインストール”という項目をクリック
  4. 利用規約にチェックを入れて、”確認して、インストールしてください”という項目をクリック
STEP
ログイン

Salesforceのログイン画面になったら①で作成をしたアカウントでログインし、Phonedeckをインストールしたら完了です。

LINEで浮気調査アプリ5・Spyzie

Spyzieの特徴

他のアプリに比べて取得可能データがすごく豊富なのが、Spyzieの最大の特徴です。

取得可能なデータについては以下をご覧ください。

  • 通話履歴
  • リアルタイムでの場所
  • アプリ一覧
  • ブラウザの履歴
  • ブックマーク
  • SIMカードの位置情報
  • SIMカードのアラート
  • 写真/ビデオ
  • テキストメッセージ
  • 連絡先
  • カレンダー
  • アプリの使用履歴
  • SNS

Spyzieの使い方

STEP
アカウント作成
  1. Spyzieの公式ホームページにアクセス
  2. 公式ホームページ内にある”今すぐお試し”をクリック
  3. メールアドレスやパスワード等を入力して、新規登録
STEP
支払い
  1. 使用している端末を選択(Android か iOS)
  2. 購入画面に移動したら、画面右上の青い資格で囲ってある”English”をクリックして”Japanese”に変更
  3. “データバックアップサービス−24ヶ月間保証”を選択
  4. 郵便番号とクレジットカードの番号を入力
  5. 長期間使用する予定がないのであれば、”この注文の自動更新を有効にします”という項目のチェックは外します。
  6. “お支払い”をクリック
  7. 支払いが完了
STEP
デバイスの登録
  1. 支払いが完了すると”スタート”ボタンが出てくるので、クリックします。
  2. 登録画面が表示される
  3. 名前・年齢・モバイルデバイスを入力したら”次へ”をクリック
  4. iCloudのIDとパスワードを入力
  5. 2段階認証の確認コードが届きます。
  6. 確認コードを入力してセットアップを全て完了させる
  7. “監視開始”をクリック
STEP
データの閲覧とエクスポート

LINE監視アプリやGPSアプリでの浮気調査は推奨しない理由について

結論から言うと、使い方次第では違法性があるため、アプリを使用した浮気調査は推奨できません。

どんな法に触れてしまうのかというと、主に”不正指定電磁的記録共用罪”と”不正アクセス禁止法違反罪”の2つです。

では、この2つの詳細について解説していきます。

不正指令電磁的記録供用罪

本人の同意なしでパソコンやスマートフォン、タブレットなどにウイルスを感染させて、意図しない動作をさせることを禁止する法律になります。

罰則は3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられます。

本人の許可なく浮気調査アプリをインストールして、本人の意思とは別に位置情報を送ったりデータを転送するのもこの法令違反が適用されることもあります。

不正アクセス禁止法

不正な手段を使って取得したIDやパスワードを使用して他人が勝手にアクセスをすることを禁じた法律で、LINEのトーク履歴の取得やSNSへの勝手なログインなどはこの法律に触れる可能性があります。

罰則は3年以下の懲役または100万円以下の罰金となっています。

こうしたことから自分で行うアプリを使用しての浮気調査はリスクが高いため、おすすめできる方法とは言い難いです。

LINEで浮気調査についてのよくある質問

LINEの監視アプリで浮気調査をするのと、旦那の車にGPSを仕掛けるのはどちらが有効ですか?

手軽さ・カンタンさ・正確さでいうとLINE監視アプリを使用して浮気調査をする方ですが、トータルで考えると旦那さんの車にGPSを仕掛ける方が有効かと思います。

なぜなら、夫婦であっても元をたどれば他人だからです。

他者のスマートフォンやパソコン、タブレット等に無断でアプリをインストールする行為は”不正指令電磁的記録供用違反”に該当するリスクがあります。

また、他社のLINEやその他SNSに勝手にログインし、なおかつ覗き見をする行為は不正アクセスにもなります。

そしてなんと言っても無断で他社の居場所を暴く行為はプライバシーの侵害にあたるリスクもあります。

これらを踏まえると、リスクを最大限に軽減できる後者の方が有効でおすすめの方法です。

LINEは不貞行為の証拠になりますか?

すべてのLINEのメッセージが不貞行為の証拠になるわけではありません。

  • 2人で一夜を共にしていたことがわかる内容
  • 2人で旅行(宿泊)をしていたことがわかる内容
  • 同棲していることがわかる内容
  • 性交渉をしている場面や裸の写真が添付させられている内容

上記のやりとりをしている内容であれば、不貞行為の証拠として使える可能性が非常に高いです。

ただ、LINEのメッセージだけでは証拠不十分として認定されてしまうこともあります。

不貞行為を認めさせたい場合は、LINEのメッセージ+以下の証拠があると強いです。

  • 写真/画像/動画
  • 電話の通話明細書
  • 交通ICカードの記録
  • 日記/スケジュール帳/スケジュールデータ
  • メッセージカード
  • クレジットカードの利用明細書や領収書

LINEで浮気調査をするのと、探偵会社の浮気調査の大きな違いは何ですか?

探偵会社に浮気調査を依頼することで、以下のメリットがあります。

合法的な調査ができる

探偵業法に則り、探偵事務所は合法的に調査を行うことができます。

2007年に施行された法律で、調査を行う際に都道府県の公安委員会に届出を提出し、証明書が交付されると張り込みや尾行、聞き込みなどを合法的になんのリスクもなく行えます。

法的有効性の高い証拠写真を抑えられる

交際相手やパートナーであっても、一般人が勝手に写真や動画を撮る行為は盗撮に該当してしまうこともあり、証拠写真を撮ることができたとしても裁判や慰謝料請求に役立たない可能性が高いです。無駄な時間と言っていいでしょう。

ですが探偵事務所なら合法的に行えるため、法的有効性の高い証拠写真を抑えることができるのです。

アフターケアあり

探偵事務所の中には専門の心理カウンセラーが在籍しているところが多くあるので、浮気をされた側の心理的ストレスをもケアしてもらうことができます。

弁護士と提携している事務所であれば法的措置がスムーズ

法的措置を検討している場合は、弁護士と提携している探偵事務所に依頼することで調査後スムーズに進めてくれます。法的措置の手続きでは専門知識が必須のため、一般人が行うのは非常に難しいです。

以上のことから、自分で行う浮気調査よりも探偵事務所に依頼をした方が色々な面でメリットを感じることができます。

興信所はパートナーの過去がどこまでわかる(調べられる)?

興信所が合法的な調査でわかるのは、以下のことだと言われています。

  • 現在までの本人情報
  • 日常の行動
  • 勤務先
  • 過去と現在の異性関係
  • 学歴
  • 経歴
  • 婚姻歴
  • 家族関係
  • その他の必要情報
  • 素行や評判
  • 宗教団体への所属
  • 経済状況

浮気調査だけではなく、婚約者の素性が知りたい時・訴訟に必要な相手の情報を知りたい時・ストーカーや嫌がらせをしてくる相手の素性を知りたい時・家族にいじめの疑いがある時・採用者の身元を調べたい時・商取引をする相手の信用を調べたい時などでも興信所は使用されています。

身元調査は大体2万円前後で依頼できることから、意外と利用者は多いようです。

恋人やパートナーの浮気を疑った時に興信所を利用すれば、1日~数日程で正確な情報を手に入れることができますよ。

LINE監視アプリは相手にバレずにインストールできますか?おすすめアプリはどれですか?

おすすめのアプリとしては、上記で解説をしていた”mSpy“です。

GPS追跡はもちろん、写真撮影の遠隔操作やアプリの監視、LINEやFacebookで異性とどんなやりとりをしているのかまでを全て見ることができるので、浮気調査には適しています。

また、mSpyは相手のスマートフォンにアプリをインストールした後にアイコンを非表示に設定することができるので、怪しまれることなく監視することが可能です。

他の浮気調査アプリとの違いとしてはmSpyは公式のアプリストアでしか入手することができないものなので、安心安全に利用することができます。

利用するにあたって月額料金が発生するので、内容に合ったプランの契約をおすすめします。

LINEで浮気調査/パートナーのLINEから浮気を見破る方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

浮気を見破るおすすめのアプリについてよく知っていただけたかと思います。

最近は優れているアプリが多く存在しているため、何が良くて何がイマイチなのか比較しにくいところですよね。

優れているアプリが多いからこそ自分で浮気調査を行い、証拠を掴むことができる人も増えてきています。

ただ、相手のスマートフォンを勝手にいじったり、アプリを使用して監視する行為は場合によって法に触れてしまうため、自分で行う浮気調査はリスクが高く、かえって相手から訴えられてしまう対象にもなります。

今回ご紹介したおすすめのアプリを参考にしていただけたら嬉しいですが、確実で安全な証拠を収集するには、やはりプロである探偵事務所に依頼をした方が安心です。

▶街角探偵相談所に無料で一括見積もりをしてもらう

目次