【LINEをのぞく方法】人のLINEを見るアプリは?トークの盗み見や人のラインを勝手に見るとどうなる?

目次

【LINEをのぞく方法】盗み見する方法

LINEを盗み見る方法はいくつかあります。

一つはパスワードを入手して、相手がいない時に見る方法です。ただし、この方法は見つかる可能性が高いだけでなく、パスワードを不正に入手していれば、プライバシーの侵害にあたる可能性があります。

他にも複数のデバイスからLINEにログインして、トークをそのままメールで送信してしまうという方法や、iOSのみの利用になってしまいますが、LINEトークをcloudで共有するという方法もあります。使っていないiPhoneなどでLINEをそのまま盗み見てしまうというものです。

他にも方法はあるようですが、いずれも不正であったり、相手に無断である場合は、プライバシーの侵害にあたる場合があるため、注意が必要です。

【LINEをのぞく方法】LINEのトークの設定を変更する方法

LINEでは、全てのトークをメールで送信することができます。

メールを自分に送信することで、相手のスマホに触れることなく、相手がいない時などに怪しまれることなく、トークの中身を確認できるというわけです。

トークの内容をメールで送信する方法は

STEP
トークの内容を知りたい人とのトーク画面を開く
STEP
右上にある三本線の機能マークをタップする
STEP
右上にある歯車の設定マークを選ぶ
STEP
「トーク履歴を送信」を選ぶ
STEP
「メール」を選べば指定したアドレスにデータが送信されます

一つ注意しなければならない点は、メールの送信ボックスには、送信履歴が残ってしまうということです。これを完全に削除しなければ、相手にトーク履歴を覗き見たことがバレてしまうことは避けられないでしょう。

【LINEをのぞく方法】人のlineを見るアプリ

mSpy

mSpy

mSpyは、電話帳や通話履歴ではなく、LINEやInstagram、iOSのiMessage、Skype、Facebook Messengerなどの中身を確認することができます。日本で暮らしている以上、これらのアプリは誰かと連絡を取る時に必須とも言えますから、浮気調査に利用するアプリとしては最も適していると言えます。

AirDroid

AirDroid

AirDroidは、元々パソコンにあるデータやファイルの情報を守るアプリでした。GPSを利用し位置情報を得ることが可能なため、浮気調査に使うことができますが、英語設定であるため、英語に慣れていないと使用するまでのハードルが高いデメリットがあります。

iCloud

iCloud

iPhoneのを購入した時から、標準装備としてインストールされているアプリです。Apple製品であれば、情報共有が可能であることから、日常的に使うことができます。しかし、Apple製品しか使うことができず、パスワードのログインと同期が必要で、ログイン通知がされるので、バレやすいです。

【LINEをのぞく方法】人のラインを勝手に見るのは違法?

プライバシーの侵害にあたる可能性がある

スマホやLINEが相手と共有のものでない限り、人のLINEを無断で見ることはプライバシーの侵害にあたり、法に抵触することになります。また不正に入手した情報は、裁判などでは、不利な証拠となる場合がありますので、注意してください。

不正アクセス禁止法に抵触する恐れがある

LINEを盗み見た手段が不正なアクセスであれば、不正アクセス禁止法に抵触し、刑事罰の対象となります。盗み見た相手が、家族や恋人でも、この法律の対象となります。ロックされているパスワードを解いて、情報を入手すると該当する場合があります。

良い心象を与えない

これらの法に抵触せずに、LINEの情報を覗き見て、裁判に証拠として提出しても、調停員や裁判官には良い印象を与えない場合もあります。また当事者である相手には、かなりの悪印象を与えてしまい、関係の修復が難しくなる場合があります。

目次