【恋愛の距離感】適度な距離感やちょうどいい距離感って?付き合う前より距離が遠くなったかも…

目次

【恋愛の距離感】適度な距離感とは?

恋愛の適度な距離というのは、それぞれのカップルによって違うのかもしれません。また年齢層によっても異なってくるでしょう。

共通して言えることは、相手を想っていることや、好きな気持ちをきちんと伝えた上で、相手のことを求めすぎたり、お互いに必要としていることを義務にさせないことです。

相手の前だからと言って自分を作るのではなく、お互いがお互いらしくいられる距離感が、それぞれのカップルの適度な距離感であると言えます。

また、お互いを必要とすることはとても大切です。しかし、相手がいないと日常生活ができないほど相手を必要としてしまうことは、依存した恋愛関係になりかねません。

相手のことを尊重しあえる二人でいられることを心がけましょう。

【恋愛の距離感】付き合う前のいい距離感は?

少し親しくなれたと感じて、相手に踏み込んでいくことは好ましくありません。まだ付き合っているわけではないのであれば、少し距離を保って、相手がもっとお互いのことを知りたいと思って近付いてくれる距離感が必要です。

相手が一緒にいて楽しいと感じていれば、会話をしていても、次の話題を提供してくれます。反対にまだ距離がある場合は、途中で会話を遮ったり、違う話題を持ち出すなど、触れられたくない部分があることを露わにするでしょう。

体の距離も同じことが言えます。触れようとしても避けることがないのであれば、距離感は近付いています。しかし、触れ合うことがないように接しているならば、まだ二人には距離があると言えるでしょう。

【恋愛の距離感】ちょうどいい距離感を保つコツ

一人の時間を大切にする

いつも一緒にいることも素敵かもしれませんが、それぞれが一人になる時間をきちんと持っていることも大切です。冷静に自分のことを見つめたり、趣味やスキルアップに費やす時間を持っていることで、お互いの距離が近付き過ぎることがありません。

無理に近づかない

付き合っているからと言って、相手に近付いた存在でなければならないと思う人もいます。しかし、無理に近付こうとしても、お互いの負担になるだけです。お互いが無理をすることのない距離感がちょうどいい距離感と言えます。

想いと状況は伝える

忙しさで連絡が後回しになってしまったり、冷たい態度を取ってしまう場合には、距離ができたわけではないことと、相手への想いは変わっていないことをきちんと伝える必要があります。それをきちんと伝えられる距離感がちょうどいい距離感です。

【恋愛の距離感】好きな人との距離が遠くなったと感じる理由

なんとなく最近話が合わないなと感じたり、相手の話に興味を持てなくなったと感じることがあるならば、相手との間にこれまでより遠い距離ができているのかもしれません。

付き合っている中で、お互いにわかり合った部分が出てきて、今までなら、心配できたことも、不満になってしまっている可能性があります。

忙しさを理由に、愛情表現が素直にできていないかもしれません。またわかってくれるだろうと過信して連絡を取ることを後回しにしたり、素っ気ない返事をしている時に、好きな人との距離がこれまでより遠くなったと感じる人が多いです。

相手への想いが変わっていないならば、自分の気持ちを素直に伝えることで、遠くなった距離を戻すことができるかもしれません。

目次