【ケノンのVIOやり方】脱毛器ケノンで効果的にVIO脱毛するやり方は?

ケノンでVIO脱毛してみたいけど、こんな疑問をお持ちではありませんか?

  • ケノンはIラインやOラインも脱毛していいの?
  • ハイジニーナのメリットやデメリットって何?
  • デリケートゾーンに黒ずみがあるけど大丈夫?

そこでこの記事では、家庭用脱毛器ケノンを使ってVIOを脱毛するやり方や、黒ずみを薄くする方法などについて詳しく解説していきます。

また、実際にVIO脱毛したユーザーの体験レビューや口コミも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

【ケノンのVIOやり方】ハイジニーナについて

ハイジニーナについて

全剃りする際はIライン・Oラインへの使用は注意が必要

ケノンでVIO脱毛をする前に、自己処理が必要です。

まずは全体の毛を1~1.5cmくらいの長さになるようにハサミで短くカットしていきましょう。毛が長いままシェービングしてしまうとトライアングル部分の境目が分からなくなってしまうからです。

ハサミで短くカットしたら、シェーバーを使って毛の流れに沿って丁寧に剃っていきます。ポイントは、希望のデザインにあわせて剃ることです。

また、VIOの毛を全てなくすハイジニーナにする場合は全剃りにします。IラインやOラインは自分では見えにくいので、鏡をうまく使って楽な姿勢で自己処理するようにしましょう。

ハイジニーナのメリットとデメリット

「ハイジニーナ」とは、デリケートゾーンに生えている毛を全て脱毛する事をさします。ハイジニーナ脱毛をする事によってどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ひとつひとつ見ていきましょう。

ハイジニーナのメリット

清潔に保ちやすく、不快感も抑えられる

ハイジニーナをすることで、おりものや、生理中の経血、排泄物などがアンダーヘアにつかなくなるので、雑菌の繁殖がしにくくなります。

また、生理中のムレも抑えられ、生理特有のニオイや不快感も軽減されます。

肌荒れの防止

アンダーヘアをカミソリ等で自己処理しても、数日するとまた生えてきてしまい何度も自己処理しなければなりません。カミソリ等で自己処理してしまうと、肌にダメージを与える事になるので、肌荒れの原因になります。

ハイジニーナ脱毛することによって、自己処理の必要がなくなるので肌荒れ防止にも繋がります。

おしゃれをする事が楽しくなる

ハイジニーナ脱毛なら、水着やお気に入りの下着を着用する時も、アンダーヘアを気にする必要がありません。

自分の着たい水着や下着を着ることができるのでおしゃれの幅が広がります。

ハイジニーナのデメリット

脱毛時に痛みが出やすい

デリケートゾーンの毛は太く密集しているので、脱毛器の反応を強く受けてしまい、強い痛みを感じる場合があります。

恥ずかしさを感じる

欧米ではハイジニーナ脱毛はかなりポピュラーなものですが、日本ではまだあまり浸透していません。彼氏やパートナーに驚かれたり、温泉に行った時に恥ずかしさを感じる事があります。

多くのケノンユーザーはIライン・Oライン脱毛をしています!

ケノンの公式サイトではIラインやOラインの使用は、手が届きにくく照射するのが難しいという点で注意が必要とされています。ただ、ケノンは粘膜部分を避ければIラインやOラインにも使用する事が可能です。実際に多くのケノンユーザーがIラインとOラインにもケノンを使用して脱毛しています。

IラインやOラインに使用する際は、痛みを感じる可能性が高いので、照射レベルを下げてから徐々にレベルをあげるようにしてください。

また、脱毛箇所の冷却や保湿など、照射前後のケアをきちんとすることで、痛みの軽減や肌トラブルの防止につながります。脱毛前後には保冷剤を布などで巻き、照射箇所をクーリングしましょう。また、粘膜部分に光が当たらないよう、事前に保護することも忘れずに行いましょう。

【ケノンのVIOやり方】経過について

ケノンで1年間VIO脱毛した人の経過や口コミについて

【体験談】ケノン使用の経過/1回目の使用後

昔から太くて立派なムダ毛がコンプレックスで、医療脱毛に通いましたが想像以上の痛みに耐えられずすぐギブアップ。

思い切って口コミで好評だったケノンを購入し、照射してみました。

1回目の照射で、腕や背中など細い毛はすぐに効果がありましたが、デリケートゾーンの太い毛はあまり効果が見られませんでした。

他のレビューをみても太い毛は1回では効果を実感するのが難しいことが殆どなようなので2回目からの効果に期待したいです。

【体験談】ケノン使用の経過/2回目

2回目の照射で、わずかですが、生えてくるまでの期間が遅くなってきた気がします。

照射から1週間くらいで、アンダーヘアが自然と抜けてきたのでびっくり!

他の毛も擦るとポロポロと抜けて毛の生え方もまばらになってきました。

ですがアンダーヘアは暫くするとまた以前と変わらない量の毛が生えてきました。

太い毛はまだ根気が必要なようです。

照射時の強い痛みや肌荒れはないし、これからの効果も更に期待できそう。

これなら無理なく続けられるかも!

【体験談】ケノン使用の経過/3回目

3回目の照射で以前より明らかに腕や脚がツルツルになってきています。

見た目だけなら殆どムダ毛は目立たちません。触ると毛があるかなという感じがあり、小さな毛は少しあるようです。

アンダーヘアも新たに生えてくる毛が細くなってきて、照射の効果なのか黒ずみも少し薄くなった気がします。

毛のさわり心地も以前より毛が細くなったおかげでチクチクしないので、下着にチクチクする毛があたって不快な思いをする事もなくなってきました。

しっかりとアンダーヘアにも効果がでてきていて、わずか3回でこの効果は嬉しいです。

【体験談】ケノン使用の経過/10回目以降

ケノンで脱毛して10回目の照射になります。

数本だけ毛が残っている部分もありますが殆どの毛は生えてこなくなり、9割の脱毛が完了したと言えるのではないのでしょうか!

触った感じもツルツルで、照射前の自己処理も殆ど必要ありません。

アンダーヘアも殆ど目立たなくなり、Iラインの一番密集していて濃い箇所の毛もほとんど消えて残っているのは産毛だけです。

わずかにポツポツと毛が生えている部分もありますが、見た目も触り心地も全然気になりません!

【体験談】ケノン使用の経過/使用開始から1年後

ケノンで脱毛して1年が経過しましたが、VIOのムダ毛はほぼ生えてきません。

腕や脚の毛同様に、デリケートゾーンの毛も脱毛完了です。

一切自己処理をしていないと半年に1回程度には、細くて弱い毛が数本生えてきますがその程度です。

基本はその生えてきた毛に再照射するくらいで、年間にすると1回から3回しか使用しません。

医療脱毛等に比べたら時間はかかるかもしれませんが、痛みも少なく、家庭で脱毛できてこの効果なら充分すぎます!

本当にケノンを買って良かったです。

ケノンでVIO脱毛【効果あり】の口コミ/毛量が減った!毛質が変わった

以前はカミソリでVIOの処理を自分で行っていました。

でも、毛はすぐに生えてきてしまうし、何回もカミソリ処理をするうちに肌も赤くなりどうしようもなくなって、友達のすすめでケノンを購入する事にしました。

最初は半信半疑でしたが、インターネットなどで効果的なVIO脱毛の仕方などを調べて何度か照射したところ、あんなに太くてチクチクしていたアンダーヘアが細く柔らかくなりました。

さらに数回照射すると、毛量もなくなってほとんど生えてこなくなりました。

自己処理の頻度がほぼなくなり、肌の赤みも出てきません。

ケノンでVIO脱毛【効果なし】の口コミ/ぜんぜん抜けない!?

照射して3ヵ月になりますが、まだアンダーヘアに変化は見られません。

脚や腕は、照射して数回で毛が抜ける等の効果がありました。

ですがアンダーヘアについては数回使っても目に見える効果がなにもでず、とりあえず3ヵ月継続すれば効果が得られるかなと思いましたがダメでした。

照射するのも自分では難しく、思うように照射できないのでアンダーヘアだけ脱毛サロンで施術してもらう予定です。

他の部分については効果がありそうなので、継続して使ってみようと思います。

【ケノンの口コミまとめ】ケノンでVIO脱毛した人の口コミまとめ

ケノンでVIO脱毛した人達の口コミを見てみると、ほとんどの人が「効果を実感できた」という口コミが多く見られました。

ほんの数回脱毛するだけで毛が抜け、新しく生えてくる毛質も柔らかくなるという口コミが大半でした。

また毛質や肌質によっては、自分が思ったような効果が得られない人も見受けられましたが、効果が無いという口コミの割合はかなり少数です。

ケノンの脱毛器は、継続して使う事で効果を高めることができます。

最初の1回や2回ではアンダーヘア特有の太い毛には効果が見られないことが多いので、1回で効果が無かったと感じても照射することをやめないでください。

自分の毛質や肌質に合わせて適切に照射していくことで、目に見える効果が期待できます。

【ケノンのVIOやり方】黒ずみの対処法

VIOに黒ずみができる原因やその対処法について

VIOに黒ずみができる原因

下着や生理用品などによる摩擦やこすれ

VIOに黒ずみができる理由の一つ目に下着や生理用品などの摩擦によるこすれがあります。

肌が外部からの刺激を受けると、メラニン色素を生成して肌を守ろうとします。

自分に合わない下着を着用して肌が擦れたり、生理中のナプキンが肌に擦れて刺激を受けることで、メラニンが過剰に作られ色素沈着がおこります。

これがデリケートゾーンの黒ずみの原因です。

また、お風呂などで過剰にゴシゴシ洗ったり、お風呂上りに強い力で身体を拭いたりすることも色素沈着の原因になりますので注意が必要です。

まずは自分のサイズに合った下着を使用する事を心がけ、生理用品もなるべく肌にやさしいものを選択してくださいね。

デリケートゾーンを洗ったり、拭いたりするときは、とにかく刺激を加えずにていねいに洗う事を心がけましょう。

自己処理による肌トラブル

VIOの毛は太く、脱毛箇所も自分で処理するには難しいところにあるので自己処理がとても大変です。

あやまった自己処理は肌にダメージを与え、肌に赤みやかぶれ等の肌荒れが起きます。

それを繰り返すと、メラニンの生成が過剰になり色素沈着が起きます。

とくに毛抜きで毛根に過度に刺激を加えて処理をしたり、無理にカミソリで剃ったりすると肌へのダメージが大きいので、毛抜きは使わないようにしてください。

自己処理をする場合は、電動シェーバー等で行うようにすると肌への刺激を極力おさえることができます。

肌が乾燥している状態で自己処理を行うことも色素沈着につながりますので、自己処理前後のケアもしっかり行いましょう。

保湿不足も、黒ずみを引き起こす原因になるからですね。

加齢によるターンオーバーの乱れ

女性の場合は、加齢や日頃の不摂生が原因で、ホルモンバランスが乱れターンオーバーが遅くなります。

ターンオーバーとは、肌が一定の周期で生まれ変わることを言います。

健康な人なら1か月程度でおこります。

ターンオーバーが遅れて乱れてしまうと、沈着したメラニン色素がいつまでも残り黒ずみにつながります。

加齢とともにターンオーバーのサイクルは遅くなるので、ある程度の色素沈着は仕方ない事とも言えますが、サイクルの乱れを整えることは可能です。

対策として、抗酸化作用がある食品をとることが良いとされます。

特にビタミンCや、ビタミンEが含まれる食品を積極的に接種するようにしましょう。ポリフェノールなども良いとされています。

紫外線によるダメージ

肌の黒ずみは、肌の受けるダメージによって生成されるメラニンによって色素沈着が原因だと説明しましたが、日焼けも同様なメカニズムで紫外線からのダメージを受け肌が黒くなります。

基本的にデリケートゾーンは着衣で守られている場所なので、紫外線によるVIOの黒ずみはほぼないでしょう。

まれに水着などで遊んだ後、VIOが紫外線の影響を受け、肌の黒ずみの原因になる場合があります。

炎天下のなか水着を着用して海やプールで遊ぶという時は注意が必要です。

なるべくデリケートゾーンが紫外線の影響を受けないよう、UVカットの水着を着用したり、パレオやボトムなどでガードすると良いでしょう。

帰宅後は肌の保湿をするなどしてケアすると、さらにダメージをおさえる事ができます。

黒ずみを薄くしてからケノンを使うと痛みが軽減する

VIOは特に肌が薄く敏感な部分なので、ケノンで照射したときに痛みが感じやすい場所でもあります。

ケノンに使われているIPL脱毛方式は、メラニンに反応する脱毛方式なので、VIOの黒ずみに特に強く反応してしまいます。

元々痛みを感じやすい場所なので、黒ずみのある場所に照射してしまうと強い痛みをともない、ヤケドの様な症状になってしまう事もあるのでとても危険です。

黒ずみのある場所にケノンを照射することはやめてください。

ケノンを使う前に黒ずみを薄くする方法

どうしてもデリケートゾーンの黒ずみを薄くしたい場合どうすればよいのでしょうか?

残念ながらデリケートゾーンの黒ずみを早く治したいという場合はセルフケアでは難しいです。

なるべく早く色素沈着を解消したいという場合は、クリニックに相談する事をおすすめします。

時間がかかってもセルフケアでどうにかしたいという方は、まずデリケートゾーンへの刺激を軽減する事を心がけましょう。

毎日ローションやクリームでケアする事で、時間をかけて黒ずみを予防し薄くしていきましょう。

【ケノンのVIOやり方】まとめ

ケノンのVIOのやり方

手順
デザインを決める

ハイジニーナの場合は、肌の粘膜部分や黒ずみ部分を布などで隠します。(全部剃らない場合はデザインを決める)

「【ケノンのVIOやり方】ハイジニーナ」について詳しくはこちら

手順
自己処理

事前に電動シェーバー等で毛を短く処理しておきます。

手順
クーリング

保冷剤や濡れタオル等で脱毛箇所をしっかりクーリングします。

手順
照射

ケノンを肌に密着させてから照射します。

手順
クーリング

照射後に、もう一度クーリングします。

手順
保湿

 ローションやクリームで保湿する

となります。その後は、自分の毛周期や肌の状態に合わせて照射するようにしてください。

【ケノンのVIOやり方】経過について

ケノン使用3回目…下着に毛があたってチクチク不快な思いをする事もなくなってきた

ケノン使用10回目…Iラインの一番密集していて濃い箇所の毛もほとんど消えた

ケノン使用開始1年後…VIOのムダ毛はほぼ生えてこなくなった

「【ケノンのVIOやり方】経過」について詳しくはこちら

【ケノンのVIOやり方】黒ずみの対処法について

VIOラインに濃い黒ずみがある人は、どうしても痛みを感じやすいです。かぶれなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるので、照射レベルを調整し、保冷剤で肌の感覚がなくなるまで冷やして照射するようにしてください。

「【ケノンのVIOやり方】黒ずみの対処法」について詳しくはこちら

特にI・Oラインは目で見えにくい部位です。粘膜には絶対に照射することがないよう絆創膏で隠すなど、十分注意してケノンを使用してくださいね。

目次