ケノンで顔の産毛やいちご鼻をセルフ脱毛するには?

目次

ケノンは顔脱毛に使える?ケノンの顔脱毛について

産毛やいちご鼻の脱毛について解説を進めるにあたって、まずは「ケノン」と「顔脱毛」の関係性について説明をしていきます。皆さんは「家庭用脱毛器」と聞くと、腕や足の脱毛がメインだと思っていませんか?実は、ケノンは顔にも使用することができるのです。しかも、顔脱毛に必要なパーツの追加購入などは、基本的には不要となっています。

この項では、ケノンで顔脱毛できる範囲や所要時間、カートリッジについて、イラストやテーブルを用いながら解説をしていきます。

ケノンの顔脱毛について1・ケノンで顔脱毛できる範囲は?

顔脱毛できる範囲顔全体(頬・おでこ・あご・あご下・鼻下・小鼻など)
使用できない部位目の周り

まずは、ケノンで顔脱毛をすることができる範囲について解説をします。

ケノンは、基本的には顔全体に対しての使用が可能です。具体的には、頬・おでこ・あご・あご下・鼻下・小鼻などが挙げられます。一方で、ごく一部ですが使用が不可能な部位もあります。それは、目の周りです。特に、眉毛と目の部位への照射は危険なので絶対に避けてください。

先ほど「ケノンは、基本的には顔全体に対しての使用が可能」という記述をしましたが、実は、ケノン公式ユーザーサポートでは「顔の鼻から下」への使用を推奨しています。顔全体に対して問題なく使用できているユーザーも多いことから安全性は保証されていると言えますが、鼻から上への使用はあくまでも自己責任であることを忘れないようにしましょう。

ケノンの顔脱毛について2・ケノンの顔脱毛にかかる時間は?

次は、ケノンの顔脱毛にかかる時間について解説をします。こちらのテーブルをご覧ください。顔の各部位とその所要時間、また照射の際の時間短縮のコツについてまとめてあります。

部位所要時間短時間で照射するコツ
おでこ約60秒中心と左右の3箇所
約80秒サングラス着用+目を閉じる
約40秒小鼻の横に密着させて左右に分けて照射する
鼻下約60秒もう片方の手で皮膚を横に広げる
あご約20秒照射口をしっかりと肌に密着させる
フェイスライン約40秒残すもみあげはもう片方の手で隠す
合計約5分ホクロやシミは予めシール等で保護しておく

このように、顔全体をくまなくお手入れするのにかかる時間はたった5分です

照射部位を限定する方はさらに短時間で済みますし、1回あたりたったの5分なので日常生活の隙間時間を利用して気軽にお手入れをすることができますね。各部位の所要時間はあくまでも目安ですが、照射の前後に10秒ほどの冷却時間を設けるとすると、1ショットあたり約20秒という計算になります。

また、顔の皮膚は身体の中でも弱い傾向にあるので、重ね打ちをしないように注意してください。なるべく少ない照射回数で終わらせましょう。

ケノンの顔脱毛について3・ケノンの顔用カートリッジはどれ?

続いては、カートリッジについてです。ケノンには、目的別に付け替えが可能なカートリッジが全6種類存在します。その中でも顔脱毛に適しているものは、「スーパープレミアムカートリッジ」と「スキンケアカートリッジ」です。

まずスーパープレミアムカートリッジは、ケノン本体の初回購入時の標準付属品でもあります。全身に対応しているので、基本的にはこれだけで顔脱毛を完了させることが可能です。

次にスキンケアカートリッジは、美顔専用のカートリッジです。こちらは、追加購入をする必要があります。顔脱毛において必須というわけではありませんが、スーパープレミアムカートリッジと併用することで更なる効果アップを期待することができます!

顔のセルフ脱毛にケノンがおすすめの理由とは?

ケノンの顔脱毛に関する概要がわかったところで、ここからは、顔のセルフ脱毛にケノンがおすすめの理由について紹介をしていきます。

数多くの家庭用脱毛器の中で、顔脱毛に対応している製品は、実はケノン以外にも複数存在します。しかし、本記事が顔のセルフ脱毛に最もおすすめしたい脱毛器は、ずばりケノンです!本項ではその理由を3つに分けて以下に述べていくので、是非ケノンと他の脱毛器とを比較する際の参考にしてください。

顔のセルフ脱毛にケノンがおすすめの理由1・顔の産毛に効果があるから

顔のセルフ脱毛にケノンがおすすめの理由1つ目は、顔の産毛に効果があるからです。光脱毛は、照射光がメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えることで脱毛を行う仕組みです。そのため、色が濃くて太い毛には反応しやすいものの、産毛のような比較的色素の薄い毛に対してはあまり効果が現れにくいとされています。

一方で、ケノンの照射光は毛にメラニン色素が少しでも含まれていれば、しっかりとその効果を発揮してくれます。その理由は、ケノンならではのパワーの強さと、ケノンが採用しているIPLという脱毛方式にあります。IPL方式では幅広い波長の光を同時に照射することができるので、よほど透明な産毛以外であれば効果を実感できるそうです。

顔のセルフ脱毛にケノンがおすすめの理由2・照射回数を気にせず効果が出るまで何回でも使えるから

顔のセルフ脱毛にケノンがおすすめの理由2つ目は、残りの照射回数を気にする必要が無いからです。効果を実感できるまで、何回でも使うことができます。

そのヒミツは、カートリッジの寿命の長さ(照射可能回数の多さ)にあります。先ほど紹介した標準付属品のスーパープレミアムカートリッジの最大照射回数は、照射レベル1の場合では300万発、最大レベルである照射レベル10の場合では50万発です。

つまり、一度ケノン本体を購入してしまえば半永久的にランニングコストがかからないということなので、効果に満足できるまで顔脱毛を続けることができるのです。また、顔脱毛が完了した後の定期メンテナンスにも困りません!

ちなみに美顔スキンケアカートリッジの最大照射回数は、照射レベル1の場合で20万発、照射レベル10の場合で4.2万発です。

顔のセルフ脱毛にケノンがおすすめの理由3・美顔器用スキンケアカートリッジを併用すれば産毛と毛穴の悩みを完全に解消できるから

顔のセルフ脱毛にケノンがおすすめの理由3つ目は、産毛と毛穴の悩みを完全に解消できるからです。実は、肌トラブルの多くは、産毛と毛穴の関連性(例:産毛により広がった毛穴)によって引き起こされているのです。

美顔器用スキンケアカートリッジの照射光には、肌の細胞を活性化させて古い細胞を押し出す効果があります。そのため、美顔器用スキンケアカートリッジを隔週で併用することで様々な肌トラブルの改善やターンオーバー、コラーゲンの生成を促す効果が期待できます。

具体的には、ニキビ・肌荒れ・毛穴の黒ずみ・くすみなどが改善されたり、毛穴がキュッと引き締まったりします。またこれらの結果、化粧ノリがアップするという嬉しい効果もあるのです!

ケノンは顔脱毛にちゃんと効果はあるの?

前述したように、ケノンの顔脱毛には多方面に対応できる魅力があり、非常におすすめの方法です。しかしながらいくらおすすめポイントを並べられたとしても、読者の皆さんが気になっているであろうことは、最終目的である「脱毛効果」の有無ですよね。

そこで続いては、ケノンの顔脱毛の効果について、3つのテーブルと共に説明をしていきます。顔脱毛の効果が得られるまでの過程や使用状況について述べているので、ご自身が使用している様子をイメージしながらご覧ください。

ケノンの顔脱毛は何回で効果がある?

まずは、ケノンの顔脱毛の効果が現れるまでの回数について解説をします。こちらのテーブルをご覧ください。顔の各部位と施術の最低必要回数、また、少ない施術回数で顔脱毛を終わらせるコツについてまとめてあります。

部位最低必要回数少ない回数で終わらせるコツ(使うカートリッジや当て方、頻度など)
おでこ約24回想定より狭い範囲で十分
約24回メイクや日焼け止めを落とす
約24回左右に分けて照射をする
鼻下約24回皮膚を引っ張って凹凸を無くす
あご約24回ニキビがある時は使用しない
フェイスライン約24回スーパープレミアムカートリッジ & スキンケアカートリッジ

このように、ケノンの顔脱毛の効果が現れるまでには約24回の施術が必要です。口コミを参考にした結果なので当然個人差は出てしまうものの、1週間に1回のペースで使用を続けるとすると、おおむね6ヶ月ほどで効果が得られるということになります。

また、早く結果を得るためにストロングカートリッジの導入を考えている方もいるかもしれませんが、女性の顔脱毛の場合はそこまでのパワーは必要ありません。むしろ肌へのダメージが大きくなってしまう恐れがあるので、基本的にはスーパープレミアムカートリッジを使いましょう。

ケノンの顔脱毛の痛みはどれぐらい?

次は、ケノンの顔脱毛における痛みについて解説をします。こちらのテーブルをご覧ください。顔の各部位と痛みの感じ方、痛みを和らげるコツについてまとめてあります。

部位痛みの感じ方痛みを和らげるコツ
おでこ肌が弱い人でもレベル8までならほとんど痛みは無い前日に産毛を剃る・保湿と保冷を徹底する
肌が弱い人でもレベル8までならほとんど痛みは無い前日に産毛を剃る・保湿と保冷を徹底する
肌が弱い人でもレベル8までならほとんど痛みは無い前日に産毛を剃る・保湿と保冷を徹底する
鼻下他の部位よりも多少高レベルでも大丈夫前日に産毛を剃る・保湿と保冷を徹底する
あご肌が弱い人でもレベル8までならほとんど痛みは無い前日に産毛を剃る・保湿と保冷を徹底する
フェイスライン肌が弱い人でもレベル8までならほとんど痛みは無い前日に産毛を剃る・保湿と保冷を徹底する

このように、前日のシェービング・保冷・保湿などの基本的なケアをしっかりと行えば、顔脱毛だからといって痛みに敏感になる必要はそれほどありません。ケノンの照射レベルの全10段階のうち、レベル8までであればほとんど痛みは感じないようです。また、肌が弱くない方やある程度脱毛が進んでいる方であれば、レベル10でも問題はないようです。

しかしながら、最初から高レベルで照射をすることには、痛みやヤケドなどのリスクが伴います。レベル1~3くらいからスタートして、様子を見ながら徐々にレベルを上げていくようにしてください。

ケノンの顔脱毛する頻度や照射間隔は?

最後に、ケノンの顔脱毛をする際の頻度や照射間隔について解説をします。こちらのテーブルをご覧ください。顔の各部位とスーパープレミアムカートリッジのみを使用する場合の頻度や照射間隔、また、スキンケアカートリッジを併用する場合の頻度や照射間隔についてまとめてあります。

部位頻度や照射間隔頻度や照射間隔(スキンケアカートリッジ併用の場合)
おでこ1週間に1回2週間に1回
1週間に1回2週間に1回
1週間に1回2週間に1回
鼻下1週間に1回2週間に1回
あご1週間に1回2週間に1回
フェイスライン1週間に1回2週間に1回

このように、スーパープレミアムカートリッジのみを使用する場合は1週間に1回のペースで照射をするのが最適とされています。脱毛効果を実感できるようになってきたら、2週間に1回のペースに変更することも可能です。

スキンケアカートリッジを併用する場合は、2週間に1回のペースで照射をするのが最適とされています。つまり、2種類のカートリッジを毎週交互に照射するというスケジュールになります。

ケノンの顔脱毛がいちご鼻に効果がある理由

みなさんには毎日、メイクやスキンケアの際に鏡を通してご自身の顔をよく見る時間があるかと思います。そんな時につい目がいってしまいがちなのが、「いちご鼻」なのではないでしょうか。いちご鼻とは、鼻の頭付近で黒ずんだ毛穴がポツポツと目立ってしまう状態のことです。改善させるのが難しいこともあり、悩まされている方もたくさんいるかと思います。

そんな方にこそ、是非ケノンを試して欲しいのです!なぜなら、ケノンには脱毛効果だけではなく、いちご鼻の改善にも効果があるからです。

ケノンの顔脱毛がいちご鼻に効果がある理由1・角栓が貯まりにくくなるから

​​それでは、どうしてケノンの顔脱毛は、いちご鼻に効果があるのでしょうか。

その理由の1つ目は、角栓が貯まりにくくなるからです。いちご鼻を指でなぞってみると、ザラザラとした感覚があるかと思います。これこそが、毛穴に貯まった角栓の正体です。角栓は、皮脂や古い角質が毛穴の中で固まって酸化したものです。ここに汚れが付着していくことで、さらなる黒ずみを引き起こします。

このようないちご鼻において、ケノンは、皮脂や古い角質を貯めずに排出させるための役割を果たします。照射光の刺激によって「ターンオーバー」と呼ばれる肌の新陳代謝を活性化させることで、新しい細胞を押し上げるのです。これによって健康な肌の状態が保たれるので、必然的に角栓は出来にくくなります。

ケノンの顔脱毛がいちご鼻に効果がある理由2・鼻の毛穴が引き締まるから

ケノンの顔脱毛がいちご鼻に効果がある理由2つ目は、鼻の毛穴が引き締まるからです。前述したように、いちご鼻は毛穴に汚れが貯まることで引き起こされます。理由1では「皮脂や古い角質などの汚れを排出する」という視点で解説をしましたが、今回は「毛穴に汚れを貯めさせない」という視点で解説をしていきます。

そもそも、汚れが貯まるほどの大きさの毛穴ができてしまう原因の1つに、産毛の存在があります。産毛やその毛根があることで、それらを支える毛穴部分が広がっていってしまうのです。

そのため、ケノンの顔脱毛の効果によって毛根もろとも産毛が無くなれば毛穴は小さく引き締まっていき、汚れが入る隙間も無くなることが期待できるのです。

ケノンの顔脱毛がいちご鼻に効果がある理由3・鼻の黒ずみがなくなり目が行かなくなるから

ケノンの顔脱毛がいちご鼻に効果がある理由3つ目は、鼻の黒ずみを無くすことができるからです。黒ずみが無くなることで必然的に鼻のポツポツとした毛穴も目立ちにくくなり、いちご鼻を気にせずに過ごすことができるようになります。

いちご鼻の原因は、毛穴に貯まった汚れだけではありません。もう一つの原因として考えられているのが、メラニン色素の過剰な発生とその集中です。

鼻は顔の中でも特に日焼けをしやすい部位であることや、皮脂の分泌が多いことから、メラニン色素が発生しやすいという特徴があります。そこにケノンの照射光を当てることによって、シミ取りと同じような要領でメラニン色素を薄くしていき、黒ずみの改善に繋げることができるのです。

毛穴が消える!?ケノンの顔脱毛と美肌の関係について

先ほど解説をした「いちご鼻」のように、ケノンの顔脱毛には美肌効果も期待できます

顔脱毛と美肌との良い関係性を最大限に築かせるには、脱毛用のスーパープレミアムカートリッジと、美肌用のスキンケアカートリッジを交互に使用することが有効です。この2種類のカートリッジを、1週間おきに交互に照射をするのがおすすめとされています。

1週間よりも間隔を狭めてしまうと肌への負担が大きくなり逆効果になってしまうので、注意してください。

ケノンの顔脱毛と美肌の関係1・顔の印象が明るくなる

それでは、ケノンの顔脱毛と美肌の関係についてより詳しく見ていきましょう。1つ目は、顔の印象が明るくなるということについてです。肌がきれいになるだけで、顔の印象はガラリと変わります。

ケノンで顔脱毛や美顔ケアを続けることによって得られる嬉しい効果は、脱毛以外にもたくさんあるんですよ。例を挙げると、肌荒れの改善があります。日々のお手入れが不要になったおかげでカミソリ負けが無くなったり、毛穴の黒ずみやシミなどのメラニン色素の排除が行われたりするのです。これらの積み重ねが、次第に顔の肌全体にトーンアップをもたらします。

また、きれいな肌を手に入れられたことで自分に自信が持てるようになるのも、顔の印象が明るくなる理由の1つかもしれませんね!

ケノンの顔脱毛と美肌の関係2・化粧ノリが良くなる

ケノンの顔脱毛と美肌における2つ目の関係性は、化粧ノリが良くなるということです。「化粧ノリが良い」というのは、ファンデーションが肌に密着し、滑らかできめ細やかな肌を演出している状態です。

それでは反対に、化粧ノリが悪くなってしまう原因とは何なのでしょうか。1つは、産毛の存在です。ファンデーションを絡め取ってしまうので、肌への密着を邪魔したり色ムラを引き起こしたりします。もう1つの原因は、肌表面に残っている古い角質です。素肌に凹凸ができてしまうので、ファンデーションが上手く馴染まなかったり、厚塗りに繋がったりしてしまいます。

このような点において、ケノンは非常に優秀な役割を果たします。産毛を脱毛することでファンデーションがしっかりと肌に馴染み、ターンオーバーを活性化させることで肌本来の調子を取り戻させる効果があるからです

ケノンの顔脱毛と美肌の関係3・ニキビ予防になる

ケノンの顔脱毛と美肌における3つ目の関係性は、ニキビ予防になるということです。みなさんは、ニキビができる原因を知っていますか?それは、盛んな皮脂の分泌と、毛穴の詰まりです。

ここまで読んでくださった皆さんなら、もうお分かりですね。そう、これらを改善させることは、まさにケノンの得意分野なのです!ケノンの使用によって、産毛を毛根ごと無くすことで毛穴をキュッと引き締めたり、肌のターンオーバーを活性化させることによって皮脂汚れを排出したりといった効果を得ることができます。まさに、ニキビを根本から予防してくれるのです。

ただし、注意点もあります。それは、すでにニキビができてしまっている箇所には脱毛の照射をしないということです。ニキビをさらに悪化させる恐れがあるので気をつけましょう。

ケノンで顔脱毛するやり方

それでは実際に、ケノンを使った顔脱毛のやり方を見ていきましょう。ケノンは安全性に優れた脱毛器ですが、一歩間違えてしまうと肌トラブルに繋がりかねません。万が一ヤケドをしてしまったら目立つ部分に後が残りやすくなってしまいますし、完治するまでお手入れができない状況になってしまいます。

そこでここからは、安全面と効果面の両方を兼ね備えた正しい顔脱毛方法について説明していこうと思います。難しいことは無く、ほとんどが基本的な事柄です。しっかりと頭に入れておくようにしましょう。

ケノンで顔脱毛する方法

STEP
シェービング

顔脱毛をする前日までに、シェーバーで自己処理をしておきます。

STEP
洗顔

メイクや日焼け止めが残った状態で照射をすると、肌トラブルのリスクがあります。

STEP
カートリッジの装着

使用するカートリッジをハンディに取り付けます。

STEP
照射レベルの設定

ケノン本体の電源を入れます。モニターを見ながら左側のボタンを操作し、照射レベルを設定します。

STEP
冷却

照射部位を保冷剤で10秒間冷却します。

STEP
照射

”ピッ!”という音が鳴るまで、照射口を肌に密着させます。照射ボタンを押して照射をします。

STEP
冷却

照射を終えた部位を保冷剤で10秒間冷却します。

STEP
保湿

照射を終えたら、保湿ケアをします。化粧水やジェル、クリームなどを塗布して、肌の乾燥を防ぎましょう。

ケノンで顔脱毛する際の当て方のコツ

顔脱毛において、照射口の当て方は脱毛効果に大きく影響します。顔は身体の他の部位と比較しても凹凸が多く繊細な形状をしています。

また、頭髪や眉毛とのバランスも意識しなければなりません。照射漏れや照射ムラを起こしたり、不自然な生え際になったりしないように、以下を参考にして照射口の当て方のコツを確認しておきましょう。

部位ケノンの当て方のコツ
おでこ生え際や眉毛の境目付近は避ける
頬の最も高い部分を重点的に照射する
照射口を斜め横に構える・小鼻の横に密着させて片方ずつ照射する
鼻下皮膚を横に引っ張って溝を広げる
あご見えづらい部位なので照射口を少しずつずらしながら丁寧に照射する
フェイスラインもみあげを残すバランスに注意する

最も注意すべき箇所は、おでこです。生え際や眉毛に照射光が当たってしまうと、取り返しのつかない事態になりかねません。実際に、髪の毛を焦がしてしまったり、生え際を無駄に後退させたりしてしまったという後悔の口コミもありました。

また、鼻は特に照射が難しい箇所とされています。照射口と肌との間に隙間を作らないようにしっかりと密着させてください

ケノンの美顔器用スキンケアカートリッジを併用すればシミが薄くなる

ケノンには、目的別に付け替えが可能なカートリッジが全6種類存在します。その中でも、標準付属品であるスーパープレミアムカートリッジは全身に使用することができ、もちろん顔脱毛にも対応しています。

このスーパープレミアムカートリッジとの併用をおすすめしたいのが、美顔器用スキンケアカートリッジです。美顔器用スキンケアカートリッジには美顔器としての性能が備わっているので、シミを薄くしたりコラーゲンを増やしたりといった美肌効果があります。

産毛以外の肌悩み(シミ・ニキビ跡など)を抱えていたり、脱毛をしながら美顔ケアも並行したいと考えていたりする方は、是非、ケノン公式サイトから美顔器用スキンケアカートリッジの購入も検討してみてください

ケノンの顔の産毛を脱毛する際の注意点について

続いては、ケノンで顔の産毛を脱毛する際の注意点についてです。

ケノンでの顔脱毛は安全かつメリットもたくさんありますが、セルフ脱毛である以上、ユーザー側もしっかりと注意点を把握しておく必要があります。特に、顔の皮膚はデリケートな上、万が一肌トラブルが起こると非常に目立ちやすくなってしまいます。

これから解説をする3つの注意点は、トラブルやシミの発生を抑えるための大切な事柄です。常に意識をしながら、顔脱毛を行なってください。

ケノンの顔脱毛の注意点1・皮膚が薄く痛みを感じやすいので照射レベルは少しずつ上げる

ケノンの顔脱毛の注意点1つ目は、照射レベルは少しずつ上げるということです。顔は身体の他の部位と比べて皮膚が薄いため、照射時や施術後に痛みを感じやすい傾向にあります。そのため、照射レベルの調整は慎重に行うようにしましょう。

前述したように、ケノンの顔脱毛は前日のシェービング・保冷・保湿などの基本的なケアをしっかりと行えば、安全に施術をすることができます。最大値のレベル10で照射をしている、また、その方が脱毛効果も高いという趣旨の口コミも多数あります。これらの内容は事実ですが、皆ある程度脱毛が進んだ時点での話です。

顔脱毛を始める際は、必ずレベル1~3の低レベルからスタートして、無理のない範囲で少しずつ照射レベルを上げていきましょう

ケノンの顔脱毛の注意点2・シミ対策として保湿と紫外線対策を徹底する

ケノンの顔脱毛の注意点2つ目は、脱毛期間中は保湿と紫外線対策を徹底的に行うということです。これらは、シミ対策として重要な役割を果たします。

ケノンは正しく使用すれば安全かつ肌に優しい脱毛器であると言えます。しかし、脱毛において肌へのダメージが全く無いということはありえません。

特に、脱毛期間中に受ける乾燥や紫外線は、シミの発生に大きな影響を与えます。保湿と紫外線対策を徹底的に行うことで、これらの外的要因から肌を守ってあげましょう。そしてその成果は、脱毛完了後の肌の仕上がりにも直結してきます。

また、おでこや頬はVIOと同じように毛のう炎が起こりやすい部位なので、肌トラブルを避けるためにも必ず保湿をするようにしましょう。

肌に塗布する保湿剤や日焼け止めは、ドラッグストアなどで購入できるプチプラコスメで十分です。ご自身の肌との相性を重視して選んでください。

ケノンの顔脱毛の注意点3・脱毛用のカートリッジでシミ取りをしてはいけない

ケノンの顔脱毛の注意点3つ目は、脱毛用のカートリッジを使ってシミ取りをしてはいけないということです。ほとんどの方は標準付属のスーパープレミアムカートリッジを顔脱毛用として使用しているかと思われますが、これを装着した状態のままシミ取りのケアをすることは避けてください。シミ部分にはメラニン色素が多く含まれているため、脱毛用の照射光を当てることにはリスクが伴います。シミ取りをする際には、必ず美顔器用スキンケアカートリッジを使用してください。

編集部

本当に気をつけて下さいね…

また、シミだけではなくほくろも同様に照射光の影響を強く受けてしまうため、強い痛みやヤケドなどを引き起こしてしまいます。避けて照射することが難しい場合には、シールや絆創膏で覆いましょう。

ケノンで顔脱毛する方法まとめ

いかがでしたか?本記事全体を通して、ケノンの顔脱毛についての理解を深めていただくことはできたでしょうか。

ケノンは、顔脱毛にも使用できる脱毛器であり、産毛に対する効果面・照射可能回数の多さ・美肌機能、などといった多方面で、ユーザーのお悩みを解決してくれます。他の部位の脱毛よりも期間を要したり照射口の当て方が特殊であったりといった難しい面もありますが、テーブルで解説をした方法を参考にして少しずつ慣れていきましょう。

ケノンでは、脱毛効果はもちろんのこと、いちご鼻の改善や毛穴の引き締め効果、美肌効果など、本体一台で満足のいく顔脱毛を完了させることができます

また、標準付属品であるスーパープレミアムカートリッジと美顔器用スキンケアカートリッジを併用することでお互いの効果を高め合えるのも、ケノンならではの魅力です。

目次