ケノンは髭(ひげ)に効果ない?男のヒゲに効果は?

目次

ケノンが髭に効果ない理由とは?効果を実感できない人の特徴や対処法

ケノンでのヒゲ脱毛はメリットがとても多く、ヒゲの処理に悩んでいる方々にぜひおすすめしたい方法です。

しかし、口コミやレビューを見ていると「全然効果が感じられない」「1ヶ月も使っているのにヒゲが抜けない」「レベル10で照射をしたらヤケドをした」などといったマイナスな意見も一部見受けられました。

そこでこの項では、ケノンでのヒゲ脱毛において、効果を実感できない人の理由・特徴や、その対処法について紹介していきます。

髭脱毛の効果アップの方法1:脱毛の前後に肌をしっかり保湿する

ヒゲ脱毛の効果をアップさせる方法1つ目は、脱毛前後の肌をしっかりと保湿することです。照射前後に保冷剤などを用いてしっかりと保冷をすることの大切さはよく聞きますが、実は、保湿も保冷と同じくらい重要な工程なのです。

それではなぜ、保湿をすることがヒゲ脱毛の効果アップに繋がるのでしょうか。その理由は、肌の状態が整っていると高い照射レベルでの施術にも肌が耐えられるようになるからです。脱毛直後の肌は、ダメージや乾燥にさらされている状態です。この時に速やかに保湿をしてあげることで、その後の肌トラブル、例えばヤケドや肌荒れを防ぐことができるのです。

具体的な方法としては、冷却直後に化粧水や保湿クリームを塗布するというような非常に簡単なものです。

髭脱毛の効果アップの方法2:照射レベルを上げる

ヒゲ脱毛の効果をアップさせる方法2つ目は、照射レベルを上げることです。ヒゲ脱毛に最適なケノンの照射レベルは、レベル8~10といわれています。ヒゲは身体の他の部位のムダ毛に比べて非常に頑固な傾向にあるので、最大レベルの照射を続けた方が効果を実感しやすいのです。

照射レベルを上げることも大切ですが、当然のことながら注意点があることも忘れてはいけません。ケノンの使い初めは、必ず低レベルであるレベル1~3での照射を行なうようにしましょう。慣れてきたり効果を実感し始めてきたりしたら次第にレベルを上げていきましょう。

最終的にはレベル8~10でお手入れできるようになるのが理想ですが、敏感肌の方や痛みに弱い方は無理をせずレベル7以下に留めておきましょう。

髭脱毛の効果アップの方法3:最低3ヶ月以上は継続する

ヒゲ脱毛の効果をアップさせる方法3つ目は、最低でも3ヶ月以上はケノンの使用を継続することです。前述したように、ヒゲは身体の他の部位のムダ毛に比べて非常に頑固な傾向にあります。硬い・太い・密集・毛根が深い・生える向きがバラバラなどといった脱毛に不向きな条件が揃っているので、一朝一夕で効果を得ることはできません。体質や毛質にもよりますが、最低でも3ヶ月はかかることを覚悟して、根気良く継続していきましょう。

目安として、初めの1~2ヶ月程度のうちはほとんど脱毛効果を実感できないようです。しかし、3ヶ月目を過ぎたあたりから徐々に、ヒゲ剃りが楽になってきたり、量が減ってきたりという変化を実感し始めるとのことです。

髭脱毛の効果アップの方法・まとめ

冒頭に紹介した口コミやレビューの投稿者は、誤った判断や使用法を実践してしまっていたということがお分かりいただけたかと思います。

ケノンでのヒゲ脱毛の効果をアップさせるためには、「脱毛前後の保湿を怠らないこと」「段階を追って照射レベルを最大に持っていくこと」「最低でも3ヶ月以上は根気良く使用を継続すること」。この3つのポイントが重要になってきます。

ケノンでのヒゲ脱毛に悩みを抱えている方は、ご自身の使用方法や認識を再確認してみましょう。

ケノンの髭脱毛の効果は?/ケノンで髭脱毛した方の口コミ

ここからは、実際にケノンでヒゲ脱毛をした方の口コミを参考にしながら、その効果の有無や体験談を見ていきましょう。

ケノンは言わずと知れた有名家庭用脱毛器なので口コミやレビューは豊富にありますが、そのほとんどが女性のユーザーによるものです。男性の方にも参考になる部分も当然あるかと思いますが、女性と男性の毛質や毛量には違いがあります。男性の毛の方が濃くて太い傾向にあるため、脱毛完了までにかかる期間は長くなってしまいます。

以下には、男性ユーザーによる、ヒゲ脱毛に関する口コミのみをまとめて掲載しています。これからケノンの導入を考えている方も、効果の実感に悩んでいるケノンユーザーの方も、ぜひ参考にしてください。

継続して使用すれば、かなり効果が得られます!

ケノンでのヒゲ脱毛は、自分にとってはかなり効果がありました。今は9割近くのヒゲが生えなくなってきているので、あと少しで脱毛を完了させることができそうです。

使用間隔は、推奨されている2週間で1回では無く、お風呂上がりに1回照射して次の日の朝にヒゲを剃り、そのヒゲがまた2mmくらい生えてきたらまた同じく繰り返す、といったようなスタイルで進めていきました。ペースとしては、1週間に2回ほどです。レベル最大のワンショットで照射をしているので、もちろん保冷と保湿はしっかりとしています。

自分はこのやり方でかなり効果を実感することができましたが、かなり根気はいりますので、継続してやっていく事が大事だと思いますよ。

出典:Yahoo!知恵袋

脱毛サロンよりもコスパ良くヒゲ脱毛ができる!

昨年ケノンを購入した男です。私は元々脱毛サロンに通っていたのですが、どうにもお金がかかり過ぎてしまい、途中で断念することとなりました。ヒゲ脱毛はしたいけれど脱毛サロンは高すぎるし…と悩んでいるときに見つけたのが、このケノンでした。業務用に近いレベルの施術ができるらしいですし、 長く使えるので安上がりだと思い購入しました。

結論を言うと、私は脱毛サロンよりケノンの方が、コストを気にせずにヒゲを薄くすることができました。よく口コミで「効果が無い」という意見もありますが、お手入れの仕方に問題があるのか、脱毛器を使いこなせていないだけだと思います。

コツコツと続けていく必要はありますが、脱毛サロンに通っていた頃と比べたら自宅で簡単にできるので非常に満足しています。

出典:Yahoo!知恵袋

毛深い男性でもケノンの効果はバッチリです

ケノンで全身脱毛している男です。自分は結構毛深い方なのですが、使い始めて半年の時点でVIOや足だけでなく、ヒゲもだいぶ少なくなってきました。週に1回のペースで、レベル10で打っています。お風呂上がりの毛穴が綺麗になって、広がっているタイミングでやるのが良いそうです。

他の方の口コミにも良く記載されていますが、おっしゃる通りで、男性のほうが女性より毛が太いということもあり、女性の口コミよりは効果が出るのに時間がかかるなといった印象です。

しかし、男性のヒゲでもコツコツと続けていけばかなり綺麗になりそうです。サロンに行くのが面倒な方やなかなか時間が確保できない方は、自分のペースで脱毛できるケノンが合っていると思いますよ。

出典:Yahoo!知恵袋

ヒゲが太い私でもケノンでヒゲ脱毛ができた!

ケノンでヒゲ脱毛はできますよ。私も、青ヒゲ状態は不潔で嫌だなと思っていて、どうにかできないものかと悩んでいました。そんな時にケノンを見つけて、半信半疑で脱毛を開始してみました。

私のヒゲは太いので効果があるのか心配でしたが、レベル10で照射をし続けて4回目ぐらいになったところで、「減ってきているかも!」というのが実感できました。6〜7回目では、かなり毛量が減ったなという感覚がありました。ヒゲの生える本数が減ったことで、青ヒゲっぽく見えなくなったのがありがたかったです。

また、ヒゲ剃りで肌を痛める頻度が明らかに減ったことは、かなり嬉しいです。肌の調子も良くなってきました。これからもケノンでのお手入れを続けていきたいです。

出典:Yahoo!知恵袋

長い期間がかかるのでおすすめはできません

ケノンでのヒゲ脱毛はできますが、おすすめはできません。私は脱毛サロン(フラッシュ脱毛方式)とケノンを併用してヒゲ脱毛を行っていました。ケノンでは、鼻の下・口の下を、脱毛サロンではそれ以外の場所の脱毛を進めていました。 脱毛サロンでの施術は大体3週間に1回の頻度で行い、20回で完了しました。しかし、ケノンの方は1週間に1回の頻度で照射し、1年半ほど続けています。ヒゲの密度は半分以下になったものの、まだ終わりそうにありません。こんなにも差があるものかと驚いています。

このように、ケノンでのヒゲ脱毛には長い期間がかかることや、重ね打ちをしてしまった場合に肌トラブルが出やすいことから、あまりおすすめはしません。

出典:Yahoo!知恵袋

ケノンで髭脱毛した方の口コミまとめ

ケノンで髭脱毛した方の口コミ・まとめ

ケノンでヒゲ脱毛をした方の口コミを見てみると、全体的にポジティブな意見ばかりでした。ケノンは男性の間でも良い評判が広がっているようです。

特に多かったのは、脱毛効果の高さに関する口コミです。自身のヒゲが濃いことを認識している方でも、想像以上の脱毛効果に対する喜びの声がありました

しかし、中には施術期間の長さを指摘するようなネガティブな意見もありました。焦らずに正しい使い方を心がけながらお手入れを続けていけば、少しずつ変化は現れてきます。

ケノンの髭脱毛の効果は?/青髭の脱毛をした方の口コミ

ここからは、実際にケノンで青ヒゲ脱毛をした方の口コミを参考にしながら、その効果の有無や体験談を見ていきましょう。

ヒゲ脱毛を希望している方の多くは、ヒゲそのものを無くすことはもちろんのこと、青ヒゲを目立たなくさせたいという思いを抱えている方がたくさんいることがわかりました。

青ヒゲは、見た目の印象を下げてしまったり、清潔感が無いように見られてしまったりする原因になるからです。

そもそも青ヒゲとは、毛穴の中のヒゲが、皮膚を透かして見えることで起こります。男性のヒゲは濃く・硬く・太いので、青ヒゲの発生にはうってつけの条件が揃っているのです。

以下には、男性ユーザーによる、青ヒゲ脱毛に関する口コミのみをまとめて掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。

青ヒゲにも効果が出てきたのが驚きです

私はケノンを使い始めてから3カ月くらいになります。2週間に1回のペースで照射をしています。効果としては、まだそこまで劇的な変化があったわけではありませんが、徐々にヒゲの隙間が増えてきているような感じはします。元々ヒゲが濃い体質なので、これだけでもヒゲ剃りはかなり楽になりましたよ。青ヒゲに対しての効果も感じられたことが、個人的には一番驚いています。結構青ヒゲは気にしていたので…今は少しだけ減ったかな?という状態なので、今後は青ヒゲも無くしていけるように頑張ります。

確かに、短期間でバシッとヒゲを無くしたいのであれば永久脱毛の方が早いと思います。しかし、家族で使ったり少しでも日々のヒゲ剃りを楽にしたいと感じたりしているなら、ケノンもありだと思いますよ。

出典:Yahoo!知恵袋

部分的に青ヒゲが無くなってきました

6年前にサロンのフラッシュ脱毛で脱毛したヒゲが再び生えてきてしまい、今度は家庭用脱毛器のケノンを購入してまた脱毛に励んでいます。サロンに通っていた頃よりもずっと楽で、今は家庭用脱毛器でもこんなに効果を実感できるのかと驚いています。もっと早くに出会いたかったです。

現在は、うっすら青かったヒゲ部分に肌色箇所が見え始めてきました。青々するほど濃くもないけれど、部分部分でハゲが出来てきたような感じです。まだまだ完了とは言えませんが、以前のようなビッシリとした青ヒゲ感が無くなっただけでも、かなりストレスは減りました!少しずつですが確実に効果を実感できているので、俄然やる気が沸いてきて、今夜もケノンでのお手入れをしました!

出典:Twitter

使い始めてから8ヶ月〜9ヶ月で青ヒゲが完全に消えました!

自分は青ヒゲを防止したくて、ケノンの使用を始めました。ヒゲ用と書いてあったのでストロングカートリッジも一緒に購入し、そちらを装着しています。3日〜4日に1度のペースで、1箇所当たり2〜3発での照射を続けています。照射レベルは最大のレベル10で行っていますが、めちゃくちゃ冷やしながら進めているので、ヤケドなどの肌トラブルは防止することができています。

使い始めてから8ヶ月〜9ヶ月で青ヒゲが完全に消え、11ヶ月目の現在ではほとんど生えてこなくなりました。たまに生えてきたとしても、細い毛のみです。そのため、今は使用頻度を1週間〜2週間に1回のペースにまで落としました。

当初の想像を大きく超えてきたケノンは、本当に最強だと思います!

出典:Yahoo!知恵袋

夕方になってもヒゲが気にならなくなった!

私は、3ヶ月ほど前からケノンで脱毛を始めました。全体的にムダ毛が柔らかくなってきている印象で、体毛にいたっては量もかなり減ってきました。

1番の目的であるヒゲについても、毎晩ヒゲ剃りに5分以上かけないとキレイにならなかったのが、今では3分ぐらいでツルツルになるように変化してきました。夕方、ティッシュで顔を拭いても破れなくなったのは感動モノです!

青ヒゲに関しても、ポツポツとヒゲが生えてこない箇所がチラホラ増えてきた感じがします。スルッと抜ける感覚はありませんが、知らず知らずのうちに2,3ミリの円形脱毛ができ、それが広がってゆくイメージです。これからも根気よく継続していって、このまま青ヒゲが無くなればいいなと思っています。

出典:Twitter

脱毛効果がないわけではないが、進行は非常に遅い

ケノンでヒゲ脱毛を開始して、もうすぐ4か月になります。「ケノンのヒゲ脱毛は効果がないわけではないが、脱毛の進行は非常に遅い」、というのが4か月利用して感じた印象です。

元々青ヒゲに悩まされていたので、家庭用脱毛器の中でも効果があると噂のケノンを購入してみました。毎週1回のペースで照射を続けてきましたが、青ヒゲの状態は依然変わらずといった感じです。強いて言うならば、青ヒゲ部分に少し薄いところが出てきたかな、という程度です。最近では、青ヒゲの状態で過ごすのは嫌だけれど、ケノンでの脱毛を継続している都合上他に余計な脱毛方法も試せず…といった感じで困っています。1年間続ければさすがに効果も現れるのではないかという淡い希望を抱きつつ、もう少し続けてみようかと思っています。

出典:Yahoo!知恵袋
ケノンで青髭の脱毛をした方の口コミ・まとめ

ケノンで青ヒゲ脱毛をした方の口コミを見てみると、こちらも全体的にポジティブな意見ばかりでした。

やはり、ヒゲ脱毛の中でも青ヒゲに関する悩みの解決はなかなか難しいようです。しかし、ケノンを使用したことにより青ヒゲが部分的に無くなってきているという口コミが多数見られました。青ヒゲの脱毛は通常のヒゲよりも施術期間を要しますが、脱毛完了後にはQOLが非常に上がることは間違いありません。

年単位になってしまうかもしれませんが、コツコツとお手入れを続けていきましょう!

なぜケノンで髭脱毛?ヒゲにケノンをおすすめする3つの理由

ここからは、本記事がヒゲ脱毛においてケノンをおすすめする理由を、3つに分けて紹介・解説をしていきます。

先に具体的な内容を述べてしまうと、「照射回数を気にする必要がない」「痛みを調整できる」「予約をする必要がない」という、脱毛をする上で多くの方が気になるであろうこれら3つのポイントについてです。

ご自身の要望と重なる部分もあるかと思いますので、ぜひ以下の項目を読んでケノンの使用を検討してみてくださいね。

ヒゲ脱毛にケノンがおすすめな理由1:照射回数を気にする必要がない

ヒゲ脱毛にケノンがおすすめな理由1つ目は、照射回数を気にする必要がないというところです。ケノンは寿命が非常に長いので、半永久的に継続して使用をすることができます。

例えば、標準付属品であるスーパープレミアムカートリッジの最大照射回数は、照射レベル1の場合で300万発、最大レベルである照射レベル10でも50万発という多さです。これを全身脱毛に換算すると、約1200回の脱毛ができて、なんと約33年間も使える計算になります。

ヒゲ脱毛だけの使用であれば1回のお手入れあたりの照射回数はさらに少なくて済むので、無限に脱毛し放題ということになります。残りの照射回数を気にすることなく使用できるので、後述する「永久脱毛はできない」というデメリットはさほど気にしなくて良いかと思われます。

ヒゲ脱毛にケノンがおすすめな理由2:痛みを調整できる

ヒゲ脱毛にケノンがおすすめな理由2つ目は、痛みを調整できるというところです。ケノンは、出力、つまり照射光の強さを10段階の内から細かく調整することができます。これは一般的な脱毛器と比較しても最大級のレベル数を誇ります。

ヒゲ脱毛は、身体の他の部位の脱毛よりも痛みを感じやすいとされています。なぜなら、男性のヒゲは毛が濃くて太い傾向にあるため、照射光の熱エネルギーが強く反応しやすいからです。また、口周りや頬、アゴにかけての皮膚は薄くて弱いので、肌がダメージを受けやすいという理由もあります。

脱毛の進み具合やご自身の体質に合わせて出力を細かく調整できるケノンなら、ヒゲ脱毛が完了するまで無理なく続けることができますよ。

ヒゲ脱毛にケノンがおすすめな理由3:予約をする必要がない

ヒゲ脱毛にケノンがおすすめな理由3つ目は、予約をする必要がないというところです。ケノンをはじめとした家庭用脱毛器の大きな魅力は、自宅でいつでも好きなときに脱毛できるということでしょう。

様々な口コミを見ていると、サロンやクリニックに通っている方々が最もストレスに感じていることは、予約についてです。どんなに評判の良い店舗でも、予約が取れないことに対する不満の声は拭いきれません。毛周期に合わせた施術を受けられなかったことにより、せっかく契約したコースなのにあまり効果が得られずに終わってしまうというケースもあるようです。

その点、ケノンは1度購入をしてしまえば予約をする必要がないですし、場所や時間に縛られないストレスフリーなムダ毛のお手入れができます。

ヒゲにケノンをおすすめする3つの理由・まとめ

ヒゲにケノンをおすすめする理由をまとめると、下記のようになります。

  • ケノンは非常に長寿命であるため、残りの照射回数を気にする必要がない
  • 出力を10段階の内から細かく調整できるため、痛みを調整できる
  • サロンやクリニックのように予約をする必要がないので、場所や時間に縛られない

根気のいるヒゲ脱毛にも、ケノンはとても効果を発揮するので本当におすすめです。

男の髭脱毛で後悔しない方法とは?/ケノンの使い方

ここからは、ケノンを使用した、正しい男性のヒゲ脱毛方法について解説をしていきます。ご存知の通り、ケノンは家庭用脱毛器の中でもトップクラスの人気と実績を誇る脱毛器です。そんなケノンをより上手に使いこなすためにも、あらかじめ正しい知識を身につけておきましょう。また、このことは、効果の減退やヤケドを引き起こして後悔してしまう事態を防ぐことにも繋がります。顔は身体の中でもデリケートな部位なので、特に注意が必要になってくるのです。

男の髭脱毛には「ストロングカートリッジ」がおすすめ

ケノンを男性のヒゲ脱毛に使用する際には、「ストロングカートリッジ」がおすすめです。ケノンのカートリッジは付け替え可能で種類も豊富なのですが、その中でもストロングカートリッジはその名の通り、最大の出力を誇ります。

ストロングカートリッジの特徴は、主に2つあります。1つ目は、照射パワーの強さです。濃くて太い毛や男性の剛毛、ヒゲ脱毛に対して特に大きな効果を発揮するので、男性のケノン使用者にとっては必須のカートリッジともいえるでしょう。2つ目は、照射面積が小さいことで、小回りが効き、扱いやすい仕様になっているところです。ヒゲのような繊細な部位において、肌トラブルを避けて確実な照射をすることに繋がります。

照射レベルは「レベル1~3」から始めて慣れたら「レベル10」にする

ケノンでのヒゲ脱毛を初めて行う場合には、照射レベルは「レベル1~3」の設定からスタートするようにしましょう。

はやる気持ちから、高めの照射レベルで試してみたくなる方もいるかと思います。しかし、ヒゲ脱毛は他の部位の脱毛と比べて長期戦です。強い痛みや赤み、ヤケドなどの肌トラブルを引き起こさないためにも、まずは「レベル1~3」での照射を心がけましょう。少しずつ効果が出てきたり照射に慣れてきたりしたら、徐々に照射レベルを上げていって「レベル10」にしても大丈夫です。

また、ストロングカートリッジを装着して使用する際には、レベル2以上での照射にはロックの解除の手続きが必要になります。ユーザーサポートサイトにアクセスをして確認して手順を確認しましょう。

照射モードは「ワンショットモード」がおすすめ

ケノンのヒゲ脱毛には、「ワンショットモード」がおすすめです。

ケノンには、3連射・6連射などといった「連射モード」という機能が付いています。これは、照射口を肌に沿って滑らせるようにしてスムーズにお手入れをすることができる、非常に便利で人気の機能です。

しかし、ヒゲ脱毛の際にはこの連射モードは使わずに、あえて、1発ずつ照射される「ワンショットモード」で照射を行うことをおすすめします。なぜなら、ワンショットモードの方が、照射パワーが分散されることなく毛根に届くので、より強力なダメージを与えることができるからです。ヒゲのような、太くて、毛根が皮膚の奥深くにあるようなムダ毛に対して適しているモードなのです。

ケノンの使い方・まとめ

男性のヒゲ脱毛には、照射パワーが強くて小回りも効く「ストロングカートリッジ」がおすすめであることがお分かりいただけたでしょうか。

標準付属品ではないので追加購入が必要となりますが、男性のユーザーの方は持っていて損はないカートリッジであるといえます。

また、照射レベルは「レベル1~3」の設定からスタートし、徐々にレベルを上げて慣らしていくこと、冷却と保湿を怠らないこと、ワンショットモードの方がより高い効果が期待できます。

ケノンの最適な髭脱毛の頻度は?毎日使っても効果ない理由

ケノンを使用したヒゲ脱毛の最適な頻度は、基本的には1〜2週間に1回のペースが良いとされています。一見、日を空けずに照射を継続させた方が効果を早く得られるように感じますが、毎日使ったからといって脱毛効率が上がることはありません。むしろ、安全面・効果面・経済面の様々な観点から見ても、そのような使い方はおすすめできません。以下に記す3つの「毎日使っても効果ない理由」を良く理解して、正しい使用を心がけましょう。

毎日使っても効果ない理由1:成長期の髭にしか反応しないので意味がない

ケノンを毎日使っても効果がない理由の1つ目は、成長期のヒゲにしか反応しないからです。

体毛には、成長初期→成長期→退行期→休止期から成る「毛周期」という毛の生え変わりのサイクルがあります。ケノンの照射光が反応して脱毛効果を発揮するのは、このうち「成長期」の毛だけです。

一般的に、成長期のヒゲが生え揃うタイミングは最短でも1週間おきとされています。ケノンの使用頻度が1~2週間に1回というように推奨されているのもこのためです。

そのためケノンを毎日使っても、照射光の行き先は「照射済みのヒゲ」または「成長期以外の期間のヒゲ」になってしまうのです。これでは脱毛効果は得られませんし、それ以上に、照射光の無駄打ちになってしまい非常にもったいないだけです。

毎日使っても効果ない理由2:髭脱毛が完了するまでに最低でも1年以上かかる

ケノンを毎日使っても効果がない理由の2つ目は、脱毛完了までに最低でも1年以上かかるからです。前述したように、ヒゲは太くて、毛根が皮膚の奥深くにあるような、身体の中でも特にしぶとい毛です。そのため、いくら効果が高いとされているケノンでも、脱毛完了までには最低でも1年以上かかることを覚悟しておきましょう。

「効果が感じられない」と不満を口にするユーザーのほとんどが、数週間や数ヶ月で使用を辞めてしまっていたり、効果を判断してしまったりしている傾向が見受けられます。そのため、まずは正しい使用方法や照射レベルを守りつつ、最低でも1年以上の継続を続けてみるようにしましょう。ゆっくりとは言え、必ずや変化が現れてくるかと思われます。

毎日使っても効果ない理由3:やけどなどの肌トラブルを起こす恐れがある

ケノンを毎日使っても効果がない理由の3つ目は、肌トラブルを起こす恐れがあるからです。

光脱毛は、毛抜きやシェーバーなど他の脱毛方法と比べると肌に優しいといえます。しかしながら、脱毛という行為はその方法を問わず、少なからず肌にダメージを与えてしまうものです。これは、安全性の高い脱毛器と言われているケノンも例外ではありません。

そのためケノンを毎日使うと、蓄積されたダメージによって肌荒れが起きてしまう恐れがあります。また、肌が弱ってしまうことによってヤケドの危険性も高まります。これらのような事態になってしまっては脱毛自体を中断せざるを得ませんし、「効果の実感」という本来の目標からも遠ざかってしまいます。

ケノンの最適な髭脱毛の頻度は?毎日使っても効果ない理由・まとめ

ヒゲは太くて毛根が皮膚の奥深くにあるという性質上、脱毛効果を実感しにくかったり、完了までに長い期間を要してしまったりするという特徴があります。

しかし、結果を急ぐあまりケノンを毎日使用したとしても脱毛効果が向上するわけではありません。

むしろ、肌トラブルの原因になったり、無駄打ちになってしまったりという悪循環に陥ってしまいます。1~2週間に1回という適切な頻度を守って、お手入れを続けていきましょう。

ケノンで髭は永久脱毛できない?

ここからはケノンについて、「永久脱毛」という視点から解説をしていきます。

ケノンでのヒゲ脱毛にはたくさんのメリットがあります。また、紹介をしたような正しい使い方を守ることでケノンの脱毛効果を最大限に発揮することができますし、ケガや肌トラブルを避けることもできます。

しかし、1つだけ残念な点を挙げるならば、ケノンでは永久脱毛はできないということです。そこで以下では、その理由と解決方法について記載していきます。

家庭用脱毛器で永久脱毛はできない

市販されている家庭用脱毛器では、永久脱毛をすることはできません。永久脱毛を完了させるためには皮膚科や脱毛クリニックなどの医療機関を受診して、医療脱毛を受ける必要があるのです。医療脱毛には、レーザー光線や強力なエネルギーを有する光線を照射する「レーザー脱毛」や、電気針を使用する「ニードル脱毛」があります。

これらには毛根内にある毛母細胞(体毛の元となる部分)を破壊するほどのパワーがありますが、家庭用脱毛器には毛根にダメージを与える程度のパワーしか備わっていません。その理由としては、家庭で使用する際の安全面などを考慮して出力を抑えた設計がなされているからです。

よって、家庭用脱毛器の効果は「減毛」と「抑毛」が基本であり、永久脱毛をすることはできないのです。

ケノンなら永久脱毛はできないが髭が薄くなる

前述したように、残念ながらケノンを始めとする家庭用脱毛器での永久脱毛は不可能です。

しかし、長期的に正しい使用を継続することで、ヒゲを薄くしたり、ほとんど生えてこない状態にまでもっていったりすることはできます。また、太いヒゲだけではなく、薄めのヒゲや青ヒゲにまで効果があります。

脱毛完了後も、2~3ヶ月に1回の定期的なお手入れを心がけることで、状態を維持することが可能です。長期的なコストパフォーマンスの面から見ても、ケノンの方がおすすめできます。

完璧な永久脱毛を目指すのであれば、医療機関やクリニックに通って医療脱毛を受けるしか方法はありません。しかし、ケノンのみの使用でも、永久脱毛に限りなく近い効果は十分に得ることができるのです。

髭が薄くなるまでに必要な照射回数の目安

この表は、照射回数とそれに伴う脱毛効果の変化についてまとめたものです。口コミやレビューを参考にしてまとめたものなので個人差はありますが、ほとんどのユーザーは大方これに沿った脱毛過程を経ていました。

照射回数1~5回では、脱毛効果やヒゲの変化は未だ現れません。6回目以降になると、ヒゲが細く柔らかくなり、毛質の変化が現れ始めます。加えて、生えてくるスピードが遅くなってきます。13回目以降になると、全体的な変化を感じることができます。毛量が減ったり、それに伴って自己処理の手間が省けたりしてきます。25回目以降では、ほとんどヒゲ脱毛が完了するそうです。ツルツルになる人もいれば、数ヶ月おきのお手入れだけで現状維持ができるようになる人もいます。

照射回数脱毛効果
1~5回変化なし
6~12回細く柔らかくなる・生えるスピードが遅くなる
13~24回全体的な量が減る
25回以上ツルツルになる

※口コミを参考にしているため個人差あり

ケノンで髭は永久脱毛できない・まとめ

永久脱毛を完了させるためには医療脱毛を受ける必要があるため、ケノンを始めとする家庭用脱毛器では永久脱毛をすることはできません。しかし、多少期間は長くかかってしまうものの、ケノンでもヒゲ脱毛を完了させて、なおかつツルツル肌を手に入れることは可能です

ケノンの使用開始から5回目までは効果はほとんど現れませんが、6回目以降になると毛質や成長速度に変化が現れ始めます。13回目以降になると自己処理の手間もほとんど無くなり、25回目以降ではヒゲ脱毛をほとんど完了させることができるのです!

【ケノンは髭に効果ない?】まとめ

いかがでしたか?本記事では、ケノンを使用した男性のヒゲ脱毛に焦点を当てて、口コミを取り入れながら紹介・解説をしてきました。

ケノンはしばしば、「髭に効果ない」という口コミで低評価をなされてしまうこともありますが、実際には効果を引き出さないような使用方法をしていたり、数週間、数ヶ月しか使用していなかったりという方がほとんどです。

口コミを見てみても、長期間に渡ってコツコツと使用を続けている方にはそれなりの効果がしっかりと現れていることも見てとれます。

ケノンは永久脱毛こそできないものの、照射回数を気にする必要がなく、10段階もの出力調整ができる優れた家庭用脱毛器です。ぜひ、本記事で得た正しい使用方法や使用頻度を実践しながら、ヒゲ脱毛の完了を目指していってくださいね!

目次