【結婚調査はバレる?】探偵や興信所の身辺調査(身元調査)はバレる?

目次

【結婚調査はバレる?】探偵の結婚調査がバレたらどうなる?

調査方法にもよりますが、結婚相手を調査すること自体が法に触れることは、あまり考えられません。自分が結婚する相手のことをより詳しく知るために行動したというだけです。

ただし、法に触れないからと言って、相手に調査がバレないということも、相手が悪い心象を抱かないということもありません。

自分の知らないうちに、自分の過去のことや家族のことについて、専門家に依頼してまで調べようとしていたことに、良い印象を持たない人は多くいるでしょう。

そのことで、信頼関係が崩れてしまうことは容易に想像できます。また相手の家族にとっても、あまり良い印象を与えることはできず、結婚を前に調査がバレた時には、調査を依頼した人の印象が悪くなることがあります。

【結婚調査はバレる?】興信所の結婚調査は違法なのか?(プライバシー侵害?)

結婚調査そのものは違法ではない場合がほとんどです。問題となるのは、調査して得た情報はどのようにして手に入れられたものであるかということでしょう。

例えば、相手や家族の仕事や日常生活に差し障りが出るほど、周囲の人に聞き込みを行った場合には、違法にはなりませんが問題となる可能性はあり、それを依頼した人の印象も悪くなります。

どのような方法で調査を行うかは、調査員によって異なり、責任は調査員が負うべきことですが、依頼者として、どのような方法で調査が行われるかを知っておく必要はあるでしょう。

また調査員に対して、違法性がある調査方法を強要した場合には、調査ではなく、強要したことに違法性が含まれる場合があります。

【結婚調査はバレる?】身辺調査がバレる依頼者の言動や行動について

専門家に依頼したにも関わらず、自分も少しでも情報を得たいと思ってしまう人が多いです。しかし、この言動や行動は、調査を行なっていることを自ら相手に教えているということになりかねません。

同じことを何度も聞いたり、聞いたばかりのことについて、より詳しく聞こうとすれば、相手は答えに困ってしまい、不審を抱くことでしょう。その上、同じような質問を尋ねてきた調査員が行えば、自分は何かを調べられているのかもしれないと察する人もいます。

また調査員を依頼していることに動揺してしまって、身辺調査についての話題をあえて持ち出してしまうという場合にも、相手は不審を抱きやすくなります。

相手に知られないためには、いつもと変わらない日常を心掛けましょう。

【結婚調査はバレる?】身元調査がバレないために注意すること

身辺調査をしていることが相手にバレないためには、当然ですが調査していること自体を相手に知られないことが最優先です。あえて、話題を選んだり、避けたりすることなく、普段通りのコミュニケーションを心掛けましょう。

相手との信頼関係が崩れてしまうことをしているかもしれない自分に動揺して、普段とは違う言動や行動を取ってしまえば、調査を依頼していることがバレることにも繋がります。

相手や相手の家族のことを妙に気遣ったり、結婚までの予定を何度も確認するなどをすれば、相手は心境に変化があったのかもしれないと疑うことになります。

これまで築いた信頼関係があるならば、それを最優先として、今まで通りの接し方をするように心掛けましょう。

【結婚調査はバレる?】よくある質問

興信所の調査で相手の過去はどこまでわかりますか?

興信所の調査で知ることができる相手の過去は、婚姻歴や借金などの金銭状況だけではありません。

学生時代にどのような人物だったのかも知ることができます。例えば、スポーツで成績を残していたり、学業などで受賞歴があれば、それらも知ることができるでしょう。学生時代の友人をたどれば、真面目だったのか、ボランティアなどへの文化活動は積極的だったのかなど、その人の人となりを知ることもできます。

また特定の宗教を信仰しているか、家族や親族に特定の団体に関与する人はいるのか、犯罪に関わった人はいるか、犯罪に関わった人と親密であるか、政治的思想はどのようなものであるかなど、一概に評価で表すことができないことを知ることができます。

結婚前の身辺調査で何がわかりますか?

結婚前の身辺調査では、その人がこれまでどのように生きてきたかを知ることができます。またその人がこれまでどのような人と関わって生きてきたかを併せて知ることができます。

しかし、注意しておかなければならないことは、ここで知ることができるものは、あくまでも他人から見た相手であるということです。

その人が周りにどのように思われていたか、またどのような周りの人がその人を見ているかということしか知ることができません。客観的事実や成績などの評価としての事実であるということです。

実際にその人がその時に何を考え、何故そのような過去を持つことになったのかは調べることができません。

身辺調査でわかることは、あくまでも他人から見たその人であるということです。

結婚相手に身辺調査されたくない人への対処法はありますか?

全ての物事や行動には、必ず理由があります。

あなたに身辺調査をされたくない理由があるように、相手にはあなたの身辺調査をしてまでも、疑いたくなった理由があるということです。

互いの理由は何だったのでしょうか。

相手に無断で相手の過去や身の回りのことを調べるということは、あなたに信じられない部分や、過去について知りたいことがあるということかもしれません。また何か隠し事をしているのではないかと疑っているということです。

相手から十分に信用を得ることができていない理由は何なのでしょうか。信用を得るのは、一方的な感情では不可能です。この根本の問題が解決すれば、相手はそもそも身辺調査をしようと思わなくなるかもしれません。

離婚歴やバツイチかどうかはバレますか?

たとえ相手が興信所に身辺調査を依頼しないまま、結婚生活を続けたとしても、あなたが相手より先に死んだ時に、相手が除籍謄本を手にすることになれば、離婚歴があったことはバレます。離婚歴や戸籍の異動には、現行の法律では時効はありません。

その人が生まれてから死ぬまで、一生にわたって、どこに誰と住み、誰と家族であったか、また新しく家族になったのは誰かということがきちんと管理されていることが、日本の法律です。

このことで、守られている権利もあれば、生きにくくなっていることもあるでしょう。

しかし同時に、自分が一生変わらないことの証明でもあります。

何とでも着飾ることができる姿ではなく、本当の自分を共にすることが、結婚であり家族になることかもしれません。

目次