【片思い男子あるある】恋してる男子のあるある?話せるだけで嬉しい

目次

片思い男子あるある!恋してる男子あるある

はしゃいでいる片思い中の男子達

片思い男子あるある1・話せるだけで嬉しい!

片思い中の男子は、好きな相手に対しては基本、何もすることができません。

もちろん緊張して話をすることすら難しいです。

ですが、何かをきっかけに話をするタイミングがあったら男子の心の中は飛んで喜んでいます。

というのも、ようやく好きでたまらない女子と会話をするチャンスを掴むことができたからです。

二人で話をしている時というのは二人だけの時間なので幸せに感じます。

自分からは話しかけることができないけれど女子から話しかけられると舞い上がってしまいます。

そして話をしていることで相手に対して好きという気持ちを改めて実感することにもなるので相手を思う気持ちが増していきます。

片思い男子あるある2・相手の目を見て話せない

片思いの男性は好きな女性と話をする時目を見て話することができません。目を見て話をすると緊張してしまい、話す所ではなくなってしまいます。

しかも相手が目を見て話してくると、私の目を見てくるけどどう思っているのかな。と考えてしまうのも特徴です。

逆に好きでもない女性に対しては普通に目を見て話をすることができます。目を見て話をした所で緊張もしなければ何か思うこともありません。

どうしても好きな人と目を見て話をする時だけ感情が出てきてしまいます。

ですがあまりにも目を見て話をしないと相手はどうしたのかな。と疑問に思ってしまい話をする機会もなくなってしまうことも考えられるので目を見て話ができないから話をしないのではなく、少し目を合わす程度を心がけましょう。

片思い男子あるある3・ついついカッコつけがち

片思いをする男性は好きな女性の前ではしきりにカッコつけたがります。

カッコつけることによって自分をアピールすることとなり相手に振り向いてもらえるのではないかと思っています。

カッコつけることも一回二回程度ならまだしも三回四回もカッコつけをアピールすることで相手は変わった人だと思ってしまうこともあり得るので注意が必要となります。

カッコつける行動は自然と出てしまいますが、一番は心を落ち着かせて相手と普通に接することが大事です。

相手に対していかにマイナスな印象を与えないかがポイントとなります。

好きな人の前ではテンションが上がってしまうと思いますが、まずは深呼吸をして自分を保つようにすることを心がけてみてはどうでしょう。

片思い男子あるある4・自分を大きく見せようとする(〇〇できるよ!など)

片思いをする男性はどうしても自分を大きく見せたがります。

例えばバク転ができないにも関わらず、「オレ、できるよ」と発言します。もちろんバク転なんてやったこともないのでできるわけがありません。

しかも発言する場所はバク転する場所に相応しくない場所なので実際にやることもなく口だけで終わるので自分を大きく見せるためにはベストな状態と言えます。

自分を大きく見せる行動はその場限りの発言なのでこれから先もやることはないです。むしろ発言したことを忘れてくれてたらラッキーな感じだと思います。

自分を大きく見せることで相手に対して自分をアピールしていると言えますが、あとでバレてしまうとかえって危ないので気をつけないといけません。

片思い男子あるある5・相手が男と話していると嫌な気持ちになる

片思い中の男子は好きな女子が他の男子と話をしているところを目撃してしまうと嫌な気持ちになります。

あの人はあの男子のことが好きなのだろうか。楽しそうに話をしているけどなんなんだ。とネガティブな考えが出てきてしまいます。

その話をしている姿をみることが辛いので見ないようにはするけどどうしても気になってチラチラ見てしまいがちです。

好きな女性が他の男性と笑顔で楽しそうに話をしているのを見てしまうと尚更嫌な気持ちになります。

毎回のように他の男性と話をしている所を見ていても気持ち的に辛くなるだけなのでなるべく自分からも率先して話をしてみるように頑張ることです。

好きな人と話をすることによって、他の男性と話をしている姿を見ても嫌な気持ちにはならないです。

片思い男子あるある6・2人になるチャンスを作ろうとする

片思いをする男子は好きな女子に対して自分をアピールしてチャンスを作ろうとします。中でも一番難しい二人っきりになるチャンスを作ろうともします。

二人っきりになれば二人だけの時間を作れるので幸せな気持ちになることができます。

ですが、周りに人が沢山いるとなると二人だけの空間を作ることは難しいし呼び出して二人きりとなると余計に怪しまれてしまうので注意しないといけない所です。

なので様子を見ながらチャンスを伺います。

チャンスが来たら積極的に話をすることで二人きりになって話をすることができます。

ですが今はラインもあるのでメッセージのやり取りをするだけでも二人きりの時間を共有しているとも言えます。

直接ではなくメッセージでのやり取りをもいい手段です。

片思い男子あるある7・相手のことを何でも知りたくて質問する

好きな女性に対してその人のことを何でも知りたいので、とにかく質問するのが片思い男子です。良いことも悪いことも質問してその人はどういう人なのか調査し始めます。

質問すれば必ず答えが返ってくるのでその女性のことを知ることができると言えます。

しかも趣味などを聞いて自分と合えばラッキーと思えますし、その趣味をやったことがないならやってみることで相手と接点ができて次へと繋げることにもなります。

相手のことを知るということは自分と合う点を見つけるということにもなるので好きな女性に対しては積極的に聞いていくと言えます。

しかも質問をしている中で二人の関係にも進展がある可能性も十分にあると言えるのでコミュニケーションを取り合うことは大事です。

片思い男子あるある8・ハートマークだけで自分に気があると勘違いする

片思いをする男性というのは好きな相手からのメッセージの中でもハートがあった場合は自分に気があるから使うのではないかと勘違いします。

ハートというのは恋に関わる絵文字と言えるので、相手が使ってきた場合は勘違いしてしまいます。

相手としては好意がない中、メッセージを盛りあげるために使ったにすぎません。

男性としてはメッセージを盛り上げているとも知らずに好意があるのではと勘違いしてしまいます。男性からもハートを送ることによってお互いが両思いではないかと勘違いしてしまうことがあるので注意が必要になります。

実際に勘違いして間違った方向へ進んでしまうと大変なことにもなるのでメッセージでのハートで勘違いをしないように気をつけないといけません。

片思い男子あるある9・LINEや電話の回数が増える

片思いをする男性は極力相手と繋がってたい気持ちがあるのでLINEや電話の回数が増えます。

LINEや電話をすることでお互いのコミュニケーションは取れるし話も盛り上がれることにもなるので楽しいです。

しかも連絡を取り合うことによりお互いの距離を近づけることもできるので好きな相手に対して頻繁に連絡を取り合います。

しかもLINEや電話というのは直接会って話をすることがないので緊張したり気を使うことはなくなります。

やり取りを頻繁にすることによりアピールにもなるし、直接話をする機会ができたとしても目を合わせて話もできるようになります。

片思いをする男性は距離を縮めていくために連絡を頻繁に取り合うことから始めると言えます。

片思い男子あるある10・LINEを送る前に文面を何度も見返す

片思いをする男性はLINEのメッセージを作成したあとに何回か文書を見返してしまいます。完全に恋に落ちている証拠です。

文書の内容は問題がないか、しっかりと返信が来るような内容だろうかと確認します。

もし確認をしないで送り返信がない場合はガッカリします。しかもまた改めて送り返すこともためらってしまいます。

片思いをしている初期段階ではどうしても文面を確認してから送信をしてしまいがちとなりますが、慣れてきたら文章を見直すことはなくなりそのまま送ります。

時間がたつにつれて文書を見直さなくなります。そうなると相手に対する緊張感と一方的な片思いの気持ちも落ち着いたと言えます。

気持ちが落ち着いたということは自分を保つこととなるので自然な感じで相手と接することができると言えます。

片思い男子あるある11・相手の好きなタイプの男を聞いてしまう

片思いをしていると相手の女性に対して色々と質問をします。特に相手のことを知りたいと思うので好きな男性のタイプを聞いてしまいます。

相手のタイプを知ることで自分は可能性があるかどうか確認することにもなります。

もしタイプの男性と程遠いようであった場合は諦めることはなくタイプの男性に少しでも近づけようと努力します。

努力することによって今までの自分とは違う自分になれるし自分に対して自信もつくことにもなるので良いこととなります。

もし相手のタイプの男性に近づぐことができなかったとしても自分を変えようとした努力は大きいです。

片思いをする男性は好きな相手に好きな男性のタイプを聞くことで自分を変えるきっかけにもなるとも言えます。

片思い男子あるある12・振られたらどうしよう・・・と友人関係を続けてしまう

片思い中の男子は、好きな相手に告白をして振られてしまったらおしまいだ、もう可能性はないだろう、仲良くすることもできなくなると悩んでしまいます。最悪の場合は相手にされなくなるのが怖くて話すらできなくなります。

そうなってしまうと好きという感情がある限り辛いことです。

そうならないためにも告白をすることを断念して友達関係でい続けることも望んでしまいます。友達関係の場合だと現状維持はできるので相手との関係を心配することはなくなります。

ですがいつかは相手にも恋人ができてしまうので注意も必要となります。

告白をすることを恐れるのではなく、相手との距離を近づけて告白をしても大丈夫だと判断できるような関係になったら告白をしましょう。

片思いをしているだけではもったいない気もします。

片思い男子あるある13・付き合ったあとを想像してドキドキする

好きな相手と付き合ったことを想像することは楽しいですしドキドキしてしまいます。

想像することはデートも自由に想像することができるので幸せな気持ちになります。想像するだけなら自分の世界に入ることになるので誰にも邪魔されることなく過ごすことができるのも特徴です。

片思いをしている人なら誰でも想像するかと思います。想像することでその人に対する思いというのもより強くなっていくと言えます。

ですが、毎日のように想像していても相手との関係は何も進展することはないです。

想像していたことを実現するためにも相手との関係をよくしていかなければなりません。

想像よりしてドキドキするより実際に相手と一緒に過ごしている時間の方がよりドキドキを感じることになり幸せな気持ちに浸れると思います。

片思い男子あるある14・女心が分からず女友達に相談してしまう

片思いをしている男子は、恋する相手の気持ちがわからなくて悩んでしまいます。

自分が男だから、女の子の気持ちがわからないのだと考えて、身近な女友達に相談してしまうことは片思い男子の「あるある」です。

相談する女友達は、クラスメート、部活やサークルの仲間、幼なじみ、バイトの同僚などさまざまです。

時には、相談された女友達が実は片思い男子のことが好きということもあります。それでも、女心に疎い片思い男子はまったく気がつくことなく、自分の恋の相談をしてしまうのです。

片思い男子の相談は、相談される側にとっては、聞くのが大変なこともありますが、困ったらすぐに表に出す素直さは好感度が高いと言えるかもしれません。

片思い男子あるある15・勉強や仕事へのモチベーションがアップする

片思い男子は、なぜか急に勉強や仕事に対するモチベーションが上がります。まるで、好きな女の子を見ていると、つらいマラソンなどもがんばってしまう小学生の男の子のようです。

その理由はともかく、一生懸命にがんばってくれることは周囲からも歓迎されます。中には、成績が上がって、志望校のレベルが上がったり、仕事で昇進する片思い男子もいます。

片思いはつらいものという定説がありますが、モチベーションが上がるタイプの片思い男子は、片思いを単なるつらいものとはとらえていません。好きな女の子に振り向いてもらうために、自分の魅力を上げようと考えているのです。

どんなにスキルアップしても恋がうまくいくとは限りませんが、相手に好きになってもらうためにひたすら頑張るのが片思い男子です。

片思いってつらい・・・。片思い男子の辛かったエピソードあるある

片思いがつらくて頭を抱える男性

辛いエピソード1・好きな男の相談をされる・・・

片思い男子にとってつらいことは、好きな女の子から好きな男の相談をされることです。

片思いをしている段階なので、片思い男子の気持ちなど知らない女の子は、悪気もなく好きな男性について話してきます。

好きな男性がどんなタイプであっても、片思い男子にとっては辛いものがあります。自分よりもさえない感じの男だったら「どうしてそんな奴を好きになるんだ」と思ってしまいます。

自分より優れた男が好きと言われたら「自分にはかなわない」と辛くなります。どちらにしても、好きな女の子には相手の悪口は言えません。

最も辛いのは、片思いの女の子が好きだと告白されてしまったタイミングです。絶望です。もし「協力してほしいの」と頼まれた日には、さすがに笑顔も引きつります。

辛いエピソード2・必死のアピールに気付いてもらえない・・・

片思い男子は自分の良さを表現することが苦手なので、必死のアピールに気付いてもらえません。

基本的に恋愛にはあまり慣れていないので、好きな女の子に好きな気持ちをほのめかすことなど、全くできません。

恋愛に慣れた男性は、スキンシップなどで相手をドキドキさせることもできますが、片思い男子にはそんなことは思いつきません。

好きな女の子のために、重い荷物を持ってあげたり、面倒な仕事を手伝ってあげたり、外見を褒めたり、涙ぐましいアピールをします。

それでも、相手の女の子には「親切にしてくれてありがとう」「褒めてくれてありがとう」としか受けとってもらえないのです。

片思い男子は、好きな女の子を思う気持ちが強すぎて一定の距離も保っています。そのため、どんなにアピールを繰り返しても、相手の女の子にとっては印象があまり残らない結果になってしまうのです。

辛いエピソード3・好きな女性に距離を置かれてしまう・・・

片思い男子のつらいエピソードとして、好きな女性に距離を置かれてしまう、というものがあります。

これは、押しが強すぎる片思い男子に起こりがちな「あるある」です。

グループで話しているときに女の子の隣に行きたがったり、帰り道に一緒に帰りたくてついていったり、ということを何度もしていると、「しつこいな…」と怖がられてしまいます。片思い男子の中身を知る前に、どんどん近づいてくる行動が不審だと思われて警戒されてしまうのです。

好きだからそばに行きたいのに、結果的には距離を置かれてしまうのは、とても辛いことです。片思い男子が恋愛に慣れていないために、初めから距離をつめすぎてしまうことが原因の辛いエピソードです。

辛いエピソード4・実は彼氏持ちだったと知ってしまう・・・

相手の女性が実は彼氏持ちだったことを知った片思い男子は自暴自棄になります。

今は必要以上に個人情報を話さない時代なので、彼氏がいるかどうかもわざわざ人に話すことはありません。周囲の人が「彼氏いないの?」と聞くことも職場などではタブーになりつつあるので、いっそう恋人がいるかどうかを知ることはむずかしくなりました。

片思い男子は、とにかく相手の女性とつきあいたい、自分の方を見てほしい、ということばかりを考えてしまうので、そもそも相手に彼氏がいるのかをしっかりと確認していないことがあります。

男の人と一緒にいるところを見たことがないからといって彼氏がいないとは限らないのに、なぜか彼氏はいないと思い込んでしまうことから、実は彼氏持ちだと知ったときにとてもショックを受けてしまいます。

辛いエピソード5・LINEの既読スルーに落ち込む

片思い男子の辛いエピソードとして、LINEの既読スルーに落ち込んでしまう、ということもあります。

女性がつきあってもいない男性からのLINEに既読スルーをすること自体は、そこまでひどいことではありません。世の中には安易にLINEに応じると「俺たちはつきあっている」と勘違いするような危険な男性もいるので、自衛策として既読スルーをすることはやむを得ないないことでもあります。

しかし、片思い男子はそんなことまで考えられず「返信をもらえなくて辛い」とばかり考えてしまいます。片思い男子は、あまり女性とはLINEをしないので、女性の中には男性からのLINEにすべて返信をせずに既読スルーをするのが当たり前の人もいることを理解できません。

辛いエピソード6・LINEのリアクションが薄くて落ち込む

片思い男子は、好きな女性からのLINEのリアクションが薄いと落ち込んでしまいます。

でも、女性の方は片思い男子を傷つけるようなつもりはなく、どんな男性からのLINEも基本的には塩対応を心がけていることも多いのです。

女性が男性とマメにLINEをするとそれだけで危険がともないます。変な男性に「つきあってる」と勘違いされないために、女性は自衛をしていることも多いのです。

そんなことはまったく考えない片思い男子は「自分は嫌われているのかも」といちいち落ち込んでしまいます。片思い男子は、LINEのリアクションだけでなく、会った時の彼女の様子を信じたり、自分に自信を持つことが必要です。

相手の女性も、LINEでは冷たくしてしまっていることはわかっているので、それでもまったく気にしていない素振りを見せると「ハートが強い人」と一目置いてもらえるかもしれません。

辛いエピソード7・彼女の何気ない一言に落ち込む

片思い男子は、彼女からの何気ない一言にもいちいち傷つき、落ち込んでしまいます。

彼女の方では、片思い男子を傷つけるつもりはなく、その場のノリで言ってしまったことでも、ショックを受けてしまうのです。

例えば「筋肉がない人はムリ」「今まで一度も彼女がいたことない人はちょっと」など、自分にあてはまることが彼女のNGだと知ると立ち直れないぐらいに落ちこんでしまいます。

でも、女性の方は大げさに言っているだけで、心の中では「例外もある」「本当に好きになったら関係ない」と思っていることがほとんどです。片思い男子に必要なのは、ちょっとした一言などは気にしないで、自分の良さに気付くことではないでしょうか?

片思いが辛いときの対処法1・新しい出会いに目を向ける

趣味やサークルに積極的にでかける

新しい出会いは、ただ普通に生活しているだけではなかなかやってきません。

自分から。趣味やサークルの集まりに積極的に参加することが大切です。趣味やサークルの集まりのよいところは、同じメンバーで繰り返し会えることです。週に一度、月に一度など、開催頻度はさまざまなので、自分に合った集まりを見つけましょう。

せっかく入っても、女性がいなかったり、1人2人だと新しい出会いにはつながりにくいので、入会前には女性がいるかどうかもしっかり確認しましょう。

自分が好きなジャンルで。女性人気もある趣味を探していくのがコツです。最近では、鉄道やプロレスなど、かつては男性の趣味だった分野にも必ず女性ファンがいるので、きっと女性が参加する集まりも見つかるはずです。

マッチングアプリで気になる女性を見つける

新しい出会いといえば、マッチングアプリも欠かせません。今では、マッチングアプリがきっかけで恋人になるカップルはもちろん、結婚する人もめずらしくありません。

マッチングアプリでは、未成年とのやりとりを防ぐために、免許証などで本人確認をする仕様になっています。しっかりしたマッチングアプリを選べば、友達の紹介やナンパなどで出会うよりも、確実に女性との出会いを探せる場とも言えるのです。

それでも、女性ではなく業者のなりすまし被害に遭うことも考えられます。どんなに素敵な女性でも、盲信せず、不審な点があればすぐにマッチングアプリの会社に問い合わせをしましょう。

マッチングアプリには、無料のものから有料のものまでたくさんありますが、男性女性とも有料のアプリを選ぶと、ひやかしではなく真剣な出会いを求めている女性と出会えるかもしれません。

内面や外見を磨く

いつも片思い止まりなら、内面と外見の両方、もしくはどちらかを磨く必要があるのかもしれません。

「人間は内面」「人間は外見」、そのどちらも正しくはありません。中身も外見もしっかりと磨いてこそ、本来の良さに気付いてもらいやすくなるのです。

例えば、片思いばかりしていて自信がなくなっていると、本当は優しい性格なのに「気が小さい」面ばかりが出てしまいます。その場合は自信を取り戻して、堂々とした優しい性格にブラッシュアップしていく必要があります。

また、デートの機会がなく、無造作な服装や髪型をしていると「単なる不潔な人」と思われてしまうこともあります。髪を切ってヒゲも整え、サイズの合った新しい服に着替えるだけで、見違えるようなイケメンに生まれ変わることもあります。

だまされたと思って、内面も外見も少しずつでも変えるようにしてみてください。辛い片想いの対処法です。

片思い男子あるある・片思いの辛いエピソードまとめ

片思い男子は、好きな女性に一直線で、パワーに満ちあふれています。モチベーションが上がって勉強や仕事に成果を生むこともあるはずです。そのまま片思いが成就すれば言うことなしですが、相手の女性の気持ちによっては、どんなにがんばってもうまくいかないのが辛いところです。

片思いが続くと、どうしても辛い経験ばかりになり、何もよいことがない、何のために片思いをしているのか、という気持ちにもなるでしょう。

そんなときには、新しい出会いを求めたり、自分を変える工夫をしてみてください。長年の片思い男子を卒業して、告白される立場になることもあり得ます。もしかしたら、あなたの変化に気付いた片思いの相手が振り向いてくれるかもしれません。

目次