【片想い ある ある】男子&女子の好きな人「恋のあるある」

目次

【片想いあるある】恋のあるある

人は誰でもいつ、どこで恋に落ちるのかわからないものです。

若さや老いに関係なく、また男女に関係なく、直感で好きになることがあります。

片想いをすれば、それまでの日常が一変し、心の中は相手のことを想う気持ちでいっぱいになるでしょう。

相手は今どこで誰と何をしているのか、少しでも触れ合うことがあれば、自分の言葉や態度は相手にどう映ったのか、あの時の相手の言葉や態度はどういう意味だったのかと、全てのことが片想いの相手を中心に動き、一喜一憂するものです。

これまで生きてきたほとんどの人がそれを経験してきました。失敗した人も成功した人もいます。片想いの気持ちを抱くことはとても辛いものですが、実はとても素敵なことなのかもしれません。

【片想いあるある】女子の片思い

女子は心で恋をする生き物だと言われてきました。

ひと目見ただけで直感的に相手のことを好きだと感じることも男子に比べると、女子は多いものです。そして、女子のこの直感は、強ち間違えたものでもない場合が多いです。

また女子は子どもを産んで育てるという本能が備わっているため、守ってもらいたいという意識が働きます。どれだけ精神的に強い人でも、これは女の本能として備わっている機能でもあるでしょう。

このため男子に比べると、女子は甘えたり、自分の意思通りに行動したいことを男子に要求することが多いと言われています。

一方で、母性も備えているため、男子を休ませてあげたいという心理も働きます。

このバランスが保てていることが女子の魅力の一つかもしれません。

【片想いあるある】男子の片思い

女子に比べると、男子は本能的に片想いに落ちる瞬間が多いと言われています。また男子の片想いは単純な場合が多いとも言われています。

美しい人を見たり、自分にはない魅力を持っている人に惹かれることが多いことはこのためであると考えられています。男子はどこかでオスとしての認識が働くため、この人に自分の子孫を多く残して欲しいと思うのです。これは個人の特性に関係なく、男性に備わったものであると言えるでしょ。

もちろん、男子だからと言って、見た目や性本能だけで恋をするのではありません。

男子は本能的に人を好きになることが多く、この人を守りたいと思ったり、女子に甘えられた時に、自分だけの存在にしたいと願うことが多いと言われています。

【片想いあるある】好きな人ができたとき

好きな人ができると多くの人は、その人のことばかりを考えるようになります。

考えなくて良いことや、実際には起きにくいとされることまであれこれと考えてしまい、辛くなるというのは、片想いにはよくあることではないでしょうか。

好きな人ができると、その人と同じ時間を過ごしている時の自分や、反対にその人を完全に失ってしまった時の自分を想像するものです。

多くの場合、好きな人だけを見てしまい、視野狭窄のような状況になっていると言えるでしょう。友人や家族の意見を聞き入れられないという状況もしばしば起きます。

相手を想う自分の気持ちを貫くことはとても大切で、素敵なことです。しかし、どう見ているか意見を聞くことを忘れないようにしましょう。

目次