【彼氏依存症を診断】彼女が恋愛依存症?恋人の依存度診断

目次

【彼氏依存症を診断】依存度診断

彼氏がそばにいないと不安で仕方ないということはありませんか?

相手が今どこで何をしているのか、自分が全て把握していないと不安になってしまうという場合は恋愛や彼氏に依存しているかもしれません。

彼氏と過ごさない休日は何をしていいのかわからないということはありませんか?

彼氏のいない休日に自分の時間を自分で使えなくなっているならば、彼氏なしに生活が成り立たず依存しているかもしれません。趣味や自分磨きなど、彼氏とは関係ない自分の時間を大切にしてみましょう。

彼氏に否定されないようにしていませんか?

彼氏に全てを肯定してもらえないと恋愛関係を続けられないと思っているならば、相手に依存した偏った関係になっているかもしれません。

【彼氏依存症を診断】恋愛依存症診断

彼氏の言うことは、全て聞いてあげたいと思っていませんか?また、違う意見を言うことをためらっていませんか?

依存していない関係であれば、相手と違う意見を持った時にそれを伝えることができ、お互いに違う意見を認め合うことができます。

彼氏を含まない人間関係を大切にできていますか?

彼氏を含まない友人や同僚との時間を大切にできていれば、彼氏だけに依存することなく過ごすことができます。

お互いに恋人を含まない人間関係に理解がありますか?

お互いに自分が含まれない人間関係に過度の嫉妬や心配を抱かないかということが相手に依存しているかの一つの基準です。相手の交友関係を全て把握していなければ不安になるのであれば、彼氏に依存しているかもしれません。

【彼氏依存症を診断】彼氏に依存しやすい彼女の特徴

寂しがり屋

寂しがり屋な彼女は、彼氏がいなければ、落ち着かないと感じ彼氏に依存しやすいです。彼氏がいなければ寂しいと感じることは誰でも共通するのかもしれません。しかし、それも極度になれば、恋愛に依存していることになります。

自分に自信がない

自信がなく何をやってもあまり良い結果を出せないと思っている彼女は、彼氏に依存しやすいと言われています。自分に好意を寄せてくれている彼氏だけは失いたくないと感じて、彼氏の存在にこだわり、依存が生まれます。

熱中できるものがない

恋愛以外に熱中できるものがなければ、恋愛関係に気を取られている時間がなくなります。夢中になる趣味や、自分のための時間を確立できている彼女は、恋愛だけに集中しないので、彼氏に依存しにくいと言われています。

【彼氏依存症を診断】恋人に依存しない方法

夢中になれるものがある

恋愛以外に夢中になれるものがあれば、恋人だけを求めることがなく、またにエネルギーが偏ることがありません。趣味や自分のスキルアップ、友人との時間など、恋愛以外に大切だと思えるものを持っているようにしましょう。

甘えすぎない

恋人に頼ることや弱さを見せることと、恋人に甘えすぎることは違います。自分が寂しいからと言って、恋人に甘えすぎて仕舞えば、恋人がいなければ寂しさを紛らわすことができなくなり、依存してしまうことになります。

賛成ではなく認め合う

恋人に同意してもらえることは嬉しいことです。しかし、常に同意を求めて相手に合わせていると、相手の意見に依存することになります。全ての意見に賛成である二人というのは偏った関係であることを知って、違う意見であっても認め合えるようにしましょう。

目次