【彼氏いらない診断】めんどくさい彼氏…恋愛に向いてない…彼氏できるか恋診断

目次

【彼氏いらない診断】「めんどくさい男」診断で彼をチェック!

めんどくさい彼氏診断

彼氏が贈ってくれるプレゼントはあなたが喜ぶ物ですか?それとも、彼氏基準のプレゼントが多いですか?

相手が何を求めているのかを想像して、プレゼントをくれる彼氏は、人がどんな気持ちかを想像できる人です。しかし、自分の基準でプレゼントを決めてしまうのであれば、相手や周りのことをあまり考えることができず、時として面倒な人になってしまいます。

全てのことに真剣勝負ですか?

遊び心がなく、ちょっとしたゲームでも真剣に挑む人は、会話や行動に幅がなく、柔軟な考えを持つことができないところがあり、面倒な人になる時があります。何事も真剣であることは悪いことではありませんが、余裕がある人だと、気楽でいられることも多いのでは?

それでは、「めんどくさい男」診断で彼を詳しくチェックしていきましょう。

冗談が理解できない

めんどくさい男は、自分で勝手に物事を決めようとする特徴があります。

自分は正しいし、自分が与えるプレゼントは喜んでもらえないわけがないという間違ったプライドを持っていることが多いです。このため、相手がどう思うかではなく、自分が選んだプレゼントだから喜ぶに違いないと考えを押しつけやすいです。

そして、めんどくさい男は、冗談が理解できません。プレゼントのセンスを否定すると、たちまち真剣に怒り始めます。

「もっとこっちがよかったなぁ」「これ使い道ないじゃん」という言葉を冗談と捉えたり、「あぁそうか」と考えることができません。

否定されたということばかりが先行して、プレゼントの話題は飛んでいってしまう時もあるでしょう。

何事も一番でなければ気が済まない

自分の考えややり方を優先して、一番でなければ機嫌が悪い男も、めんどくさい男の象徴です。

競争社会の世の中ですから、一番になりたいという向上心はとても大切です。しかしめんどくさい男は、自分だけが一番でなければ許せません。一番になれないと、子どものように機嫌が悪くなるのは、めんどくさい男です。自分が勝つまでゲームに付き合わせる人もいます。

さらに、一番になれない理由を相手や評価の仕方などに押し付けます。自分が悪いわけではないと正当化するために、周りにいる人のせいにすることは、めんどくさい男の特徴です。

何事にも真剣勝負であることは良いことでしょう。しかし、自分の納得いく結果が出るまで、誰かを巻き込むことは面倒です。

優柔不断

めんどくさい男は、心惹かれるものがたくさんあると、一つに選ぶことができません。延々と悩み続け、同じ場所をぐるぐるします。自分では決められないから、誰かに決めて欲しいと言いながら、誰かが差し出した答えには従わないという、さらにめんどくさい男もいます。

選べなくても、大きな問題にならない時もあります。カレーとハンバーグを選べなかったところで、人生のピンチに陥る人はあまりいません。

しかしめんどくさい男は、結婚や仕事など人生に関わることや、多くの人が関わるプロジェクトなども決めることができません。「どっち?」と言いたくなる優柔不断なパターンです。

結婚などで優柔不断な態度を示された女性は、将来に不安を抱く人も多いでしょう。

【彼氏いらない診断】恋人を作るのが苦手かも…恋愛不適合者診断

恋愛 向いてない 診断

誰かといるより一人でいたいと思いますか?

相手が好意を寄せる人であったとしても、誰かと行動や感情を合わせることができず、結果的に誰かといるより一人でいたいと感じることが多い人は、恋愛に向いていないかもしれません。

相手が何を望んでいるのかを考えにくく、そのために自分が何をすれば良いのかを考えることが苦痛になってしまっている可能性があります。

感情が乱れやすいですか?

何かの問題が起きたり、相手が予期せぬ発言や行動を取るなど、少しのことで感情が乱れてしまう人は、恋愛に向いておらず、ストレスである可能性があります。また感情が乱れやすいことで、周囲にも戸惑いが広がってしまうことから、恋愛には適していないかもしれません。

ここでは、あなたの「恋愛不適合者度」を詳しく診断していきます。

一人でいることに苦痛を感じますか?感じませんか?

一人でいることに苦痛を感じない人は、恋人を必要だと思う機会が少なく、恋愛が苦手です。一人でいることが苦痛ではないだけでなく、休日は一人で過ごすほうが誰かと予定を合わせる必要がなく、気軽で良いと感じていれば、恋愛から遠ざかってしまうでしょう。

没頭できる趣味があるなど、一人の時間を充実させる方法を知っていれば尚更、わざわざ恋愛をする必要がないと感じてしまいます。

また誰かと予定を合わせることに慣れていないために、スケジュールの都合を合わせるやり取りなどを面倒に感じやすくなっています。

こんなに面倒なことをしなければならないなら、やっぱり一人でいたほうが良いと思うようになり、恋愛や人との関わりから離れるでしょう。

相手が何を考えているのか察することが苦手ですか?

相手を察することができない人は、恋愛に向いていません。

恋は時として駆け引きです。直接的な言葉のやり取りだけでない場合や、言葉の裏に隠れた想いを汲むことで、関係が発展する時があります。

しかし、質問や行動など、相手が自分に何を求めているのか、考えることができない人がいます。相手の気持ちを考えることができなければ、恋を発展させていくことは難しいでしょう。

恋愛では直接的な言葉がなくても、相手は「こういいたいのかな」「これをしたら嬉しいかな」あるいは、「これはされたくないよね」と考えられなければなりません。

ただ相手の思うままにするという意味ではなく、相手の言葉や態度にならない想いを考えることで、相手を気遣う必要があります。

メンタルも体も健康ですか?

心と体が健康でなければ、恋愛に適した状態ではありません。

精神的な不安があって、不安定な状態であれば、相手を想う気持ちに余裕がなく、恋愛がうまくいきません。相手の気持ちも受け取ることができないでしょう。性格や相性などの問題というよりは、お互いの関係に目を向ける余裕がなくなってしまいます。

また体調に不安があれば、恋愛を想うエネルギーがなく、恋愛がうまくいく状況ではありません。やりたいことができない苛立ちを相手にぶつけてしまう結果を招くこともあります。

ほかにも、経済的な不安が大きい状態や、家族などの心配事が多い状況であれば、恋愛どころではないでしょう。

生活が不安定であれば、安定的に相手を想うことができません。

【彼氏いらない診断】あなたの理想の彼氏を恋診断

恋診断

男性に頼りたくないと思っていますか?

男性を頼りにしなくても生きていける能力や行動力があれば、恋愛に必要性を感じていない場合があり、彼氏をいらないと考えている人が多いです。

恋愛より仕事が楽しいと感じていますか?

恋人といるより、やりがいのある仕事をしている時間が楽しいと感じていれば、恋愛より仕事の優先順位が高い状態にあります。また恋人に仕事の時間を奪われたくないと考えている場合は、彼氏を必要としていないと言えるでしょう。

何でも相談できる友人がいますか?

恋人でなくても、相談したり頼れる人がいるならば、彼氏はいらないと考えるでしょう。彼氏の支えがなくても、代わりに支えてくれる存在があるため、彼氏はいらないと感じるのです。

でも、もしあなたのことを認めてくれたり、わがままを許してくれたり、心から頼れるような存在だったらどうでしょうか?彼氏にしたいと思いませんか?

ここでは、あなたに相性のいい彼氏のタイプを詳しく診断していきます。

恋より大切なものはありますか?

恋よりも大切なものがある時は、恋愛から遠ざかってしまう時があります。

仕事でもっと責任ある立場になりたいと思えば、スキルアップのために費やす時間が多くなります。恋愛に振り向いている時間がないと思う状態です。また趣味で推し活など夢中になることがあれば、恋人より週末ごとのイベントやライブを優先したくなるものです。

しかし、同じ目標や目的がある人を彼氏にすれば、これらの優先順位が変わります。

今のあなたが恋よりも大切にしているものに、理解や共感をしてくれる恋人を見つければ、大切なものの順位は変わるのです。

また、同じ目標や目的に一緒に進むことで、二人の距離が縮まる時間が短かったり、絆が深まることが多いでしょう。

心から頼りにできる人はいますか?

恋人でなくても、心から頼りにできる存在がいれば、恋人を探そうとしなくなります。

恋人には色々な感情が湧くものです。喜びや楽しさを共有したり、悲しみや苦しさを慰めて欲しいとも思います。また、甘えを許してくれたり、違う意見やアドバイスを求める時もあるでしょう。ほかにも、様々なものを共有したいと思うのが恋人です。

しかし、恋人以外にこれらを満たしてくれる人がいれば、わざわざ恋人を作る必要がなくなります。

心から支え、頼りにできる存在を、恋人に求めることができれば、恋人を必要とするようになります。その人がいなければ何もできないという依存を求めるのではなく、様々な時間や感情の共有相手を恋人に求めてみましょう。

自分の弱さを受け入れてほしいと思いますか?

自分の弱さを認めたり、慰めてくれる存在を恋人に求めていなければ、恋から遠ざかることになります。

人は誰でも弱いものです。

弱い自分なんて、好きになる人がいないと勝手に信じている人が多いです。また、誰かに自分の弱さを見せるくらいなら、彼氏はいらないと考える人もいます。

まずは自分の弱さを認められるようになりましょう。自分の弱さを見せられるようになれば、頼れる誰かを恋人に求めるようになります。また、弱い自分を知っていれば、相手に弱さを慰めてもらいたくなるでしょう。

彼氏を必要とせず、強くあることも魅力的かもしれません。しかし、自分の弱さを全て吐き出して、心から頼れる恋人を探してみてはどうでしょうか。

【彼氏いらない診断】やっぱり彼氏がほしい…彼氏できるか診断

彼氏できるか診断

服装やメイクを変えようと思いますか?

女性が服装やメイクを変えようと考える時は、自分の中に何かの変化が起きた時が多いです。これまでの自分の何かを変えたいと思う時に、まずは見た目から変えようと考える人が多いのです。彼氏はいらないと考えていても、自分の何かが変われば、恋が生まれる可能性があります。

休日は外へ出かけたいと思いますか?

休みの日に一日中、外へ出ることがなければ、出会う機会も人と触れ合う機会もありません。刺激や出会いがないまま、同じ毎日が続くでしょう。しかし休みの日に外へ出かけたい気持ちがあるならば、誰かとの出会いや新しいものに触れようとする気持ちがあると捉えることもでき、彼氏ができる可能性があります。

それでは、今のあなたに「彼氏ができるか」、詳しく診断していきます。

おしゃれに興味はありますか?

彼氏が欲しいと思ったら、外見を磨く必要があります。

見た目より内面重視と言う人は多いです。しかし、内面を知ってもらうには、第一印象となる外見が大切です。

服装やメイク、髪型に興味を持って、流行っているものや、良いとされているものを取り入れようとすることができなければ、なかなか印象を変えることができません。

また、自分に合ったおしゃれを見つけることが大切です。無理して作るおしゃれは、魅力的ではないことがほとんどです。

何から始めれば良いのかわからない場合は、まず興味を持って情報を集めることから始めてみましょう。それさえも、面倒だと感じたり、自分にはできないと思う時は、おしゃれに興味を持てるようになりましょう。

人付き合いは好きですか?

彼氏を作るために、人と関わることに積極的になろうと思える人は、恋愛に巡り会える可能性があります。

男女に関係なく、人との関わりがなければ、出会いは生まれず、恋人もできません。これまで、人との関わりを面倒に思ったり、苦手だと思っていたならば、その意識を変えて、休日には外へ出てみるなど、これまで関わらなかった人と関わることが必要です。

最初から、好意を抱く人や、好意を抱いてくれる人には出会えないかもしれません。それでも、人との関わりをやめずにいられるかが、彼氏ができるかどうかで大切なことです。

人はどこかで誰かと必ず繋がっているものです。男女に関わりなく、人の繋がりを続けることで、彼氏ができることがあります。

自分に自信はありますか?

自分を好きになってもらいたいという気持ちがあれば、彼氏を探すことができます。

彼氏が欲しいと思っても、自分に自信がなければ、恋人を探すことは難しいでしょう。自分のことを「魅力なんて一つもない」と思っていれば、それは相手にも伝わります。そして良いところがない人として認識されてしまいます。

自意識過剰になることは良くありませんが、自分に自信を持つことは大切です。自分は誰かに大切にされるべき存在だと認識しましょう。そして、大切にしてくれる存在を探しましょう。

もっとこうだったら大切にされるかもしれないと思う心当たりがあるならば、より魅力的になるための自分磨きを続けることで、大切にしてくれる人が現れます。

【彼氏いらない診断】よくある質問

恋愛感情がない度って診断できますか?

異性だけではなく、人との関わりが苦手な人は、恋愛感情を持ちにくい傾向があります。

これまでの恋愛で、良い思い出がなかったり、異性に苦手意識があれば、恋愛に積極的になれず、恋から遠ざかります。恋から遠ざかることで、経験がないままなので、さらに恋愛感情が失われたままになってしまいます。異性だけに関わらず、人間関係をどう作って良いのかわからない場合もあるでしょう。

また自分に自信がない人も、恋愛感情を持ちにくいです。

誰かに好意を抱いても、自分が誰かを好きになるわけがないし、相手に自分が好きだと知られるなんて恥ずかしいと思っている場合です。

自分に自信がなく、恋愛感情を持った自分そのものが、恥ずかしいと感じてしまうのです。

私って人から好かれるタイプでしょうか?それとも…?

一時の感情に流されやすいのではなく、常に冷静にその場に必要なものを判断できる人は、人から好かれる人です。

常に冷静に判断できるということは、広い視野でいられるということです。物事を自分中心に考えておらず、また誰かの利益や意見に偏って考えていません。

このため、自然と誰もが得や損をしないように振る舞うことができます。自分の都合の良いように振る舞うことがなく、周りから不満に思われることが少ないです。

For me(私のために)ではなく、For you(あなたのために)、または誰かのためにと考えられる人であると言えるでしょう。しかし、人に好かれたり、信頼できる人だと思われるので、回り回って自分に返ってくるのです。

発達障害者におすすめのマッチングアプリを教えてください

恋人探しの方法として多くの人が利用するマッチングアプリには、様々なものがあります。その中に、発達障害者のために作られたマッチングアプリがあります。

自分のプロフィールから、相手にアプローチをしてもらったり、自分の好みを条件に設定するなど、基本的な要領は多くのマッチングアプリと変わりません。

しかし、アプリを利用している人が発達障害者であるため、お互いの特性が似ており、障害を持った生活や恋愛の悩みなどを理解し、共感をしやすい特徴があります。

また発達障害者のためのマッチングアプリであるため、タイミングを測って自分が障害者であることを打ち明けなくても、前提として障害があることも利用しやすい理由の一つです。

発達障害(ADHD・ASD)の恋愛のコツは?

ADHDやASDの特性を持つ人は、雰囲気や人を察することが苦手な人が多いです。

文脈や行間から相手の想いを汲み取ることが苦手で、言葉を文字のまま受け取ります。良いところでもありますが、時として、相手を不快にさせてしまう場合もあるでしょう。

しかし、ADHDやASDの人は、とても敏感に相手の表情を見ていることも特徴です。

この二つの特徴にうまく対応して、わかりやすい要求を伝えたいなら、何が問題となっているかを具体的に伝えると、理解しやすいでしょう。

真面目で、適当にその場凌ぎができない真っ直ぐな性格も、ADHDやASDの人にはよく見られます。

このため、裏表なく想いを伝えると、ストレートに愛情表現をしてくれることもあります。

目次