【発達障害のマッチングアプリ】ハピネは出会いの場や婚活におすすめ?

目次

【発達障害のマッチングアプリ】恋人が探せる出会いの場は?

発達障害を持つ人は、身体的にも精神的にも過敏であることから、疲れやすいという特徴があります。また予期しない出来事や相手の言葉や感情に敏感であったり、適切な対応を取ることが難しく、過剰に反応してしまう場合が多いです。このため、人が大勢集まる場所は、過度なストレスとなる場合があります。

しかし、マッチングアプリを利用すれば、実際に人と会う時に起きやすいストレスとなる場面を自分のペースでコントロールすることができます。

マッチングアプリでも、多くの人と交流すれば、疲れたり、ストレスを感じることがあるかもしれません。しかし、いつでも休むことが可能であるため、ゆっくり自分に合う相手をゆっくり探すことが可能になります。

【発達障害のマッチングアプリ】婚活は難しい?

発達障害を理由に婚活ができないということはありません。この世に完璧な人がいないことと同じでしょう。完璧であれば、恋人やパートナーは必要ないかもしれません。

人は誰でも何らかの欠けや不得意を持っているものです。誰でも持つ自分の欠けを補い合い、支え合う相手を見つけることが、恋活や婚活なのかもしれません。

ただ、発達障害を持つ人は、相手が意図したいことや感情を読み取ることが苦手だという特徴から、恋愛において、大切な感情を見逃しがちな傾向があります。相手の気持ちを察することが難しく、苦手な人が多いため、相手がどんなことを望んでいるのか察して、自分がどのように行動すれば良いかを相手の少しの言葉や表情から読み取ることが難しいのです。

【発達障害のマッチングアプリ】ハピネの口コミ・評判

口コミ1・発達障害のためのマッチングアプリ

発達障害の人のために作られたマッチングアプリなので期待しています。普通のマッチングアプリでは、障害を持っていることで出会えなかったり、うまくいかないことが多いので、理解がある相手を探すことができたら嬉しいです。

口コミ2・個人的なサポートはない

運営が一人一人の悩みや質問に乗ってくれるという機能はありません。そもそも人との関わりや恋愛が苦手だという人には、ハードルが高いなと感じています。マッチングアプリの中ではなく、相談に乗ってくれる人はやはり必要かもしれません。

口コミ3・選択肢は少ない

そもそも障害を持っていること自体少ないでしょうから仕方がないかもしれませんが、相手を探す時に選択肢が少ないと感じました。それにサービスまだ始まって間もないせいもあるのか、他のSNSなどで情報が乏しく、アプリ自体を使いづらいと感じる部分もあります。

【発達障害のマッチングアプリ】おすすめのマッチングアプリ

マリッシュR18

障害を持った人に行ったアンケートでは6割以上の人がマッチングアプリで恋人を見つけたという結果があります。マリッシュでは障害に理解がある人や、障害を持つ人のコミュニティが作られており、障害を持っていても利用しやすくなっています。

⇒ マリッシュの障害者向けコミュニティを覗いてみる

ハピネ

ハピネは世界で初めて発達障害を持つ人のために作られた婚活アプリで、障害を持った人同士が出会うことができるアプリです。男性は1,000円の月額料金が発生しますが、女性は機能の全てを無料で利用することができます。

めぐりば!

持っている障害を明かしながら、障害に理解がある人を探すことができるマッチングアプリです。地域や年齢など一般的なマッチングアプリと同じように検索できるほか、障害の特性を検索条件に設定することができます。

目次