【車にGPS】浮気調査におすすめの小型のGPS発信機は?

目次

【車にGPS】GPS発信機の選び方

GPSから発せられる情報を頼りに対象の位置を探す方法には、「自動追跡」と「手動検索」の二つがあります。

自動追跡では、対象が今いる場所や通った道をリアルタイムで知ることができます。対象の動きを追い続けることで、都度を行わないことから、子どもの通学や配送状況など、今いる場所を確認したい場合に適しています。

手動検索では、検索をするごとに対象がいる場所を知ることができます。今いる場所を調べるごとに情報が蓄積されて行くことから、ルートを把握することができ、忘れ物がどこにあるかなどを確認する場合に適していると考えられます。対象が動くものではなく、リアルタイムで追う必要のないものを検索する時に適しています。

【車にGPS】GPSトラッカーとは?

GPSトラッカーとは、GPSを介して発せられた対象の位置などの情報を、所有する端末に表示させます。対象の動きをリアルタイムで見ることができる端末で、端末を回収してから情報を処理し、それを解析して表示するものではありません。ほぼリアルタイムで、対象の位置情報を得ることができることが特徴と言えます。

このため、対象のリアルタイムの動きを知りたい場合などには、位置情報が常に更新されながら表示されますから、適していると言えます。

また、インターネットに接続された端末であれば対応している場合がほとんどであるため、対象の動きを得るためだけに端末を用意する必要がないことがメリットの一つとして挙げることができます。

【車にGPS】GPSで浮気調査をするメリットとデメリット

車にGPSを仕掛けて浮気調査をする場合には、いつどのような道を辿って、どこへ行ったのかということが記録されることが最大のメリットでしょう。記録されたものが日常から逸したものであったり、言い訳とは違う情報を示していれば、言い逃れが難しくなります。

ただし、デメリットも存在します。

GPSを仕掛けたものが他人の所有物であったり、他人の所有地に侵入して仕掛けたのであれば法に抵触する可能性があります。

またGPSを取り付けたことで、気持ちが不安定になったり、挙動不審になってしまうなどのことが予想できます。

GPSを仕掛けることで知ることができる情報もありますが、デメリットとなる可能性を含んでいることも十分に理解しておく必要があります。

【車にGPS】浮気調査におすすめのGPS発信機3選

GPSデーターロガー (CANMORE)

GPSデーターロガー 」は、本体を持って移動した動線を記録することができます。このため、どのような道を辿って移動しようとしているのかを把握することに役立ち、また記録することができます。

GPS衛星を活用しており、地図に載っていないような小道も追跡できることから、浮気調査におすすめの一品です。

GPSトラッカー(viewing)

GPSトラッカー」は、SIM契約が不要で届いてすぐに浮気調査を開始できる30日間使いホーダイのリアルタイム型GPS発信機です。追跡機能が優れていることから探偵も使用していることで知られています。

日常生活防水設計かつ強力ネオジムマグネット付きなので、自動車の下に取り付けて車両追跡を行うことができ、スマホから追跡記録をリアルタイムで確認できます。

バッテリーは大容量10000mAを内蔵しているだけでなく、例えば自動車に取り付けた場合、車が動いている時だけ記録をし、駐停車時は自動でスリープになるため、使い方によっては2週間程度、充電する必要がありません。

30日以上使用する場合は、別途通信費が30日間分で2,200円、120日間分で6,600円となります。

トラッキモ スリム(Trackimo)

トラッキモ スリム」の最大の特徴はコンパクトであることです。

カードサイズほどの大きさですから、ポケットや財布など、普段から持ち歩く物に入れても目立たないため、浮気調査におすすめです。

目次