【LINEで不倫】ラインは浮気や不貞行為の証拠になる?LINEのトーク履歴は?

目次

【LINEで不倫】ラインは不貞行為の証拠になる?

不貞行為には、性的な関係が持たれたという定義があります。

このため、LINEの中にそれを実証するものがなければ、LINEのみでは不貞行為の証拠にはなりません。少なくとも、ケンカの火種程度でしょう。

相手との親密なやり取りを知ることができ、性的関係があることを窺うことができたとしても、実際に性的関係にあった事実が証明できなければ、不貞行為の証拠にはなりません。

ただ、だからと言ってLINEでの相手との親密さを窺えるやり取りを無視していいわけではありません。

相手と会う約束を交わしたメッセージが残されていて、その日に実際に会っている証拠があれば、他の証拠と合わせることで、より強い裏付けとして使用することは可能です。

【LINEで不倫】LINEのトーク履歴は証拠になる?

LINEのトーク履歴だけでなく、後になって修正が利かないものというのは時として証拠になります。

性的関係にあることが明らかな画像はありますか?

どう考えても、二人きりで性的関係にあったと思える画像などがLINEのアルバムなどに残されている場合は、証拠の一つにできる場合があります。

日付を表すものがありますか?

不倫が発覚した時、大切となるのは日時です。他の証拠と照らし合わせた時、確かにその日時に在宅していなかったなど、相手と会ったことを裏付ける必要があります。

相手は確かですか?

LINEのやり取りの相手が実在するのかということも大切なことです。ゲームの相手やバーチャルな関係の相手ではないことを確認する必要があります。

【LINEで不倫】LINEで浮気の証拠を見つける方法

スマホとLINEにそれぞれのパスコードがかかっている

紛失しても勝手に使われない時のためにスマホにパスコードをかけているという人は多いでしょう。しかし、スマホだけではなく、LINEにも独自にパスコードをかけている場合には、LINEにも見られたくない情報がある場合があり、浮気の証拠が隠されているかもしれません。

非表示の友達がいる

LINEでは、友達を非表示にすることができます。トーク画面も非表示になることから、一見してその友達自体が存在しないように見せることができます。非表示になっている友達がいれば、関係を隠したい相手かもしれません。

スタンプの購入履歴やプレゼント履歴を見る

スタンプの購入履歴や、プレゼント履歴の中に、普段使わないものがあれば、特定の人だけとの間で使用しているものかもしれません。またそれを相手にプレゼントしている可能性もあります。履歴を見ることで、知らない交友関係を知れるかもしれません。

【LINEで不倫】LINEを不倫の証拠にするための注意点

性的関係にあることがわかる画像

不貞行為には、相手と性的関係にあることの証明が必要です。親密なやり取りであったり、LINEをやり取りしている相手が不倫相手であることがうかがえるという程度では、不貞行為の証拠としては採用されない場合があります。

親密な関係であることがわかるやり取り

不貞行為の直接的な証拠にならなかったとしても、大切な証拠になる場合があります。親密な関係であることや、二人が性的な関係を持っていなければ知り得ることができない事実が書かれているトークがある場合は証拠になる場合があります。

十分に行動に配慮する

いくら性的関係を証明できたとしても、それが不正に入手されたものであれば、証拠として採用されないだけでなく、逆に訴えられる可能性もあります。アカウントへの不正にログインや、データの抜き取りは、プライバシーの侵害に当たる場合があり、行動には配慮が必要です。

目次