【脱毛器はVIOに効果あるの?】効果ない?セルフの経過は?

目次

【脱毛器のVIOの効果】選び方3つのポイント

VIO脱毛に効果的なセルフ脱毛器の選び方3つのポイントについて

選び方1・VIO脱毛可能の機種を選ぶ

もしあなたが脱毛器でVIO脱毛をしたいなら、真っ先に確認することがあります。それは、気になっている脱毛器が『VIO対応』の製品か、ということです。

「最新モデルは全部、VIOに対応してるんじゃないの?」残念ながら答えはNOです。Vラインは対応していても、Iライン・Oラインは対応不可というモデルもあります。全身脱毛に対応していても、安全に脱毛するためにあえてVIOは使用できないという設定の脱毛器もあります。

もしよく調べないで買ってしまい、VIOを脱毛しようとしても、VIOの太くてごわごわした毛をきれいに整えることは難しいでしょう。たとえ出力パワーが弱くても、肌を傷つける可能性があります。購入する前には製品の公式サイトに必ず目を通し、対応部位に「VIO」があることをチェックしましょう。

VIOはデリケートな部分です。VIOに対応していない脱毛器で脱毛すると、脱毛できないだけでなく皮膚を傷つけてしまいます。もともとVIOゾーンは痛みを感じやすい部位でもあります。慎重に選びましょう。

選び方2・細かく照射レベルを設定できる機種を選ぶ

VIOゾーンの脱毛器を選ぶときは、照射レベルや光の強さの最大値を参考にしてしまうものです。購入するからには、確実に効果のある脱毛器が欲しい気持ちはよくわかります。ですが、この照射レベルはできるだけ細かく設定できるものを選ぶようにしましょう。

その理由はVIOゾーンの皮膚のデリケートさにあります。痛みを感じやすいVIO部分を、いきなり強いパワーで照射するのは大変危険です。火傷や炎症を引き起こす可能性があります。そして何よりも、その強い痛みに耐えられないでしょう。

最初は弱く、慣れてきたら強くレベルをアップしていくのが脱毛器の正しい使い方です。VIOゾーンに関しても同様に、最初はごく弱いパワーの照射を行います。痛みに慣れた、物足りないぐらいに感じてきたら徐々にレベルを上げていくほうが、効果的に脱毛が進みますよ。

選び方3・清潔でコスパが良いカートリッジ交換式の機種を選ぶ

VIOゾーンは蒸れやすく、カブレなども引き起こしがちです。ですから、VIOの脱毛をするのであれば、「清潔にケアできること」は第一条件となるでしょう。バイ菌などで汚れたカートリッジを使用すると、毛穴から菌が侵入し炎症などの原因になりかねません。

肌トラブルを避けるためにも、清潔なカートリッジを使用することは非常に大切なことなのです。清潔なカートリッジを用意するためには、交換式のタイプの脱毛器を選ぶと便利です。実際に肌に当てるのはカートリッジの部分のみですから、本体丸ごと交換のタイプはやや損をしてしまいます。

脱毛は長く期間がかかるものです。VIOとなれば、より慎重に脱毛を行うためより長い時間が必要となります。本体そのものを交換するタイプよりカートリッジ交換式のほうが、はるかにコストパフォーマンスが良いと言えますね。

【脱毛器のVIOの効果】効果がないのは使い方が間違っている

VIOの脱毛効果がないのは脱毛器の使い方が間違っていることについて解説

好きなラインのデザインを決めましょう

VIO脱毛時にはあらかじめどこまで剃るか、ラインを決めておくべきです。VIO脱毛をする目的は、ひとりひとり異なるものでしょう。

下着からのVラインのはみ出しが気になる、IラインやOラインまできれいにして清潔にしたいなど、様々な理由があります。しかし中には、「お手入れしている感」を出したくないという方も多いもの。だからこそ、自分の納得できるラインはあらかじめ決めておき、目標を定めておくと失敗が少なくなるのです。

なかなか自分では形が決められないという方は、「トライアングル(逆三角形)」のVラインがおすすめです。「トライアングル」は最もVIO脱毛の中でもポピュラーな形と言われており、失敗も少ないでしょう。

下着を汚したくない場合は「Iライン型」が、衛生面を大切にしたい場合は「ハイジニーナ」という無毛の状態もおすすめです。

事前に自己処理を行いましょう

VIO脱毛器を使用する前に、まずは電気シェーバーなどで自己処理を行います。

これには脱毛器の光やレーザーの仕組みが関係しています。脱毛を行う光やレーザーは、黒い色素に反応します。長く黒いムダ毛が残っていると、毛穴にアプローチすることができません。

確実にVIOの毛穴を狙い打ちするためにも、ムダ毛処理が必要となります。ツルツルにする必要はありません。数ミリ残っている程度で事前処理は終わらせましょう。

自宅での脱毛器使用の場合、当日に事前処理を行いがちです。ですが、一度に多くの刺激をVIOゾーンに与えるとかぶれなどの原因となります。できれば1日前に剃っておくと良いでしょう。

近頃はブラジリアンワックスや除毛クリームといった便利なアイテムもあります。ですが、肌を大切にすることを第一に考えると、電気シェーバーでの処理が最も安全です。

処理のあとには、保湿クリームなどを塗っておくと肌のヒリヒリ感が収まります。セットで利用することがポイントです。

出力レベルは段階的に上げましょう

VIO脱毛は痛みを感じやすいものです。

一気に毛を無くしたくても、最初の照射レベルは「1」などの最低レベルから始めることをおすすめします。次第に毛が薄くなり、皮膚が脱毛器の照射レベルに馴染んできた頃がレベルの切り上げ時です。

この時も一気に最高値まで上げず、「2」などの次段階までに抑えておきます。これは、過度な刺激を与えるとVIOの皮膚が炎症を起こしてしまったり、過剰に肌を守ろうとムダ毛を生やしてしまうためです。

VIO脱毛は、時間がかかるものです。あせらず段階をゆっくり踏んで、脱毛を進めていきましょう。繰り返し使用している内に、皮膚は刺激に慣れていきます。

また、VIOでも特にIライン、Oラインは粘膜部分と隣接しています。粘膜部分は特に刺激に弱い箇所です。出力レベルは段階的に上げて照射しましょう。

照射前後はしっかり冷却しましょう

VIO脱毛のあとは、脱毛部位がヒリヒリしているように感じることがあります。チクチクすることや、熱を帯びているように感じる人も多いものです。これは、皮膚の正常な反応です。

脱毛器の光照射は、毛根やムダ毛を狙い照射します。結果、毛根などは熱を帯びて破壊されるのです。脱毛器の仕組みの関係上、熱は帯びやすくなっています。

皮膚が炎症を起こさないためにも、術後は脱毛部位を冷やすことが大切です。冷やす方法は保冷剤を皮膚に当てる方法や、冷却ジェルを使用するという方法があります。

保冷剤を使うときは、そのまま部位に当てるのではなく、濡れタオルなどにくるんで使用しましょう。冷やしすぎてしまうと、血行が悪化してしまいます。あまり長く冷やす必要はありません。皮膚の熱が引いたと感じたら冷やすのをストップしましょう。サロンなどでも、大体5分程度で冷却が完了します。

照射後はしっかり保湿をしましょう

脱毛はアフターケアが大切です。脱毛したままでは、毛根は開きっぱなしのまま炎症を起こしやすくなります。光やレーザーで温められた皮膚や毛根は乾いています。

皮膚は急いで肌に残った水分を引き出し、肌バリアを形成しようとするものです。これを手助けするためにも、脱毛後には保湿ケアを行う必要があります。うるおいをキープすることで、肌は自己修復機能やバリア機能を取り戻すことが可能です。この自然の力を引き出すためにも、水分補給と保湿が欠かせないのです。

保湿は乳液やクリームで行います。たっぷりではなくて構いません。敏感肌の方の場合は、専用のローションや化粧水でケアすることをおすすめします。保湿クリームが浸透していかないときは、冷却ジェルやタオルの水分が邪魔をしている可能性があります。そっと乾いたタオルでふき取ったあと、保湿をしましょう。

【脱毛器のVIOの効果】セルフで脱毛する注意点|高出力の方が効果的/段階的に出力レベルをあげていきましょう

セルフでVIO脱毛する時の注意点を説明する女性

脱毛器にはレベルが設定されています。これは、光やレーザーの強さを表すものです。レベルや段階の数値が大きくなるほど、パワーはアップします。つまり、毛根やムダ毛を破壊する効果が強くなるのです。

確かにすぐに脱毛をしたいなら、高いレベルでの照射が良いかもしれません。ですが、皮膚がいきなり刺激を受けると傷や火傷といったダメージを受ける可能性があります。トラブルの発生した皮膚に、脱毛施術を行うことはできません。刺激を与えると、悪化してしまうからです。

セルフでの脱毛器の使用は、少しずつ照射レベルを上げていく方法をとることをおすすめします。個人の肌の色によって、光の効果が異なることもあり、同じレベルが全員に同じ効果があるとは限りません。まずは自分に適した出力レベルを把握することが大切です。

粘膜部分への照射は避けましょう

VIO脱毛で最も注意したいこと。それは粘膜部分への照射を避けるということです。粘膜部分は基本的に、脱毛サロンでは施術を行うことができない箇所です。

医療脱毛を行う美容外科などでは、麻酔クリームなどを使用して行うことがあります。つまり、それだけ専門性が高く、痛みの強い部位なのです。

肌トラブルを起こしやすい部位は、粘膜部分と言われています。体の内側の皮膚が外に出ているようなものですから、デリケートであることは仕方ありません。うっかり脱毛器を照射してしまうと、火傷や水ぶくれを引き起こす可能性があります。そうなると脱毛どころではなくなってしまいます。

脱毛器で粘膜部分を照射することは、絶対に避けてください。IラインやOラインの脱毛の際は、特に注意しましょう。

最初の数回は全体的に照射しましょう

VIO脱毛の最初の数回は、いわゆる「全剃り」がおすすめです。残したい部分や理想のラインはまず最初の内は意識せず、剃ってしまいます。

これには理由があります。全くこれまで手入れをしていなかったVIOの毛は、部分によって長さと量が異なるものです。これを放置しておいたままでは、きれいな脱毛ができなくなります。一度全て「全剃り」することで、毛量と長さを均一にしてしまえば以後の処理は格段に楽になるのです。

「全剃り」したあとの毛は、柔らかみがあり細くなります。その状態にした上で脱毛を行うことが効果的です。ですので、最初と2回目・3回目までは「全剃り」をするように心がけましょう。

個人差がありますが、全体的にムダ毛が生えにくくなってきた頃から、形をつけていくことがおすすめです。

照射しない部位は布や古い下着などで多いましょう

脱毛器での照射は、毛根と肌にダメージを与えるものです。ムダ毛を無くしたい箇所に光やレーザーが当たるのは問題ありません。ですが、粘膜部分やVIO脱毛の範囲外に照射は行いたくないものです。

照射ミスによって他の部位に光が当たらないように、工夫をすることは非常に大切です粘膜部分などには布または古着などをかけて、光が当たらないようにしましょう。脱毛サロンなどでは、バスタオルを使用したり紙おむつを使用するケースも見られます。肌が弱い人の場合は、オーガニックコットンや敏感肌用ナプキンで保護することもおすすめです。

もし、脱毛範囲以外に光が照射されてしまった場合は、部位を冷やし保湿クリームで保護をします。異変がなければ問題ありません。火傷や赤みが出たときには、皮膚科を受診することをおすすめします。

生理など体調が不安定な時は避けましょう

脱毛は、基本的に肌に負担をかける行為です。そのため、体調不良のときなどにはできるだけ避ける必要があります。女性の場合、生理の期間は特に脱毛を避けてください。

ホルモンの活動が活発になっている時期は、皮膚も敏感になりやすい傾向にあります。生理の間に脱毛をしてしまうと、通常よりも過剰な反応を引き起こしてしまいがちです。毛穴が詰まったり、毛嚢炎などになりやすくなります。

また、VIO脱毛の場合は経血の問題があります。ナプキンなどで対処したとしても、経血が漏れる可能性があるでしょう。体調が不安定なときも、脱毛はおすすめできません。

体の不調があるときには、基本的に負担になるような行為は避けるものです。生理が終わったあとや、体調が回復したあとに脱毛に集中しましょう。

【脱毛器のVIOの効果】経過について

脱毛器を使ったVIO脱毛の経過や使用頻度について

何日おきにしたらいい?

結論から言いますと、「1週間から2週間あける」ペースが最適です。脱毛は毎日すればいいというものでもありません。

人間の体毛には毛周期があります。脱毛効果を得られるのは、毛が成長する時期に脱毛器の光を照射した場合のみです。毛根にメラニン色素が蓄積されていれば、光やレーザーが反応しやすくなります。

成長期の毛は毛根がしっかりしているのでメラニン色素もタップリで黒々しているからです。人それぞれ成長の仕方が違うのと同じように、毛も成長の仕方が違います。成長期の毛もいれば、抜け落ちてしまいそうな毛もいます。抜け落ちそうな毛は毛根が弱っているので、脱毛器の光を当てなくても抜けてきます。

毛は生え替わるので、抜け落ちてもまた毛根が黒々して生えてきます。その時を狙って光を当てる必要があります。そのタイミングが、大体「1〜2週間おき」のペースなのです。

まずは脱毛器メーカーが推奨する間隔でケアを行い、もし効果が見られない場合は「1週間もしくは2週間」の間隔で脱毛すると効果を感じやすくなります。毛が薄くなってきた、生えなくなってきたという頃になれば、もっと間隔を空けても問題ありません。

やりすぎ注意!肌への負担を考えよう

脱毛器は光やレーザーで毛根やムダ毛にアプローチします。メラニン色素に反応し、毛根に熱が蓄積され毛穴やムダ毛はなくなるのです。こうした仕組みであることをふまえると、脱毛行為は非常に肌に負担がかかることがわかります。

肌に直接光を当てるのですから、いわば日焼けの状態を作り出すようなものです。だからこそ、脱毛のしすぎは注意する必要があります。同時に、肌へダメージを与えていることも忘れてはいけません。脱毛をしたあとは必ず冷却と保湿をセットで行うべきです。

肌の負担がかかり、赤みや腫れが出てきたときは速やかに脱毛をストップしましょう。その上で皮膚科に通い、ひとまずは治療に専念することが大切です。ましてやVIO脱毛は敏感な肌の部分で、時間がかかります。気長に、柔軟な姿勢で脱毛するほうが良い結果となるでしょう。

ムダ毛の経過を見て使用頻度を減らしていこう

VIO脱毛は最初は全体を剃り、そして2回目・3回目から部分的に進めていきます。正しい期間をあけて脱毛をしていれば、やがてVIOゾーンの毛が徐々に薄くなります。さらにムダ毛が生えても細いものしか生えず、処理が楽になっていくのです。

ですが、このまま脱毛のペースと強度を同じまま進めてはいけません。すでに毛根やムダ毛の状態は、初期段階と変化しています。同じ要領で継続することは、肌を傷めてしまう原因になりかねません。

ムダ毛が生える間隔が長くなってきた、生える毛が柔らかく細くなったという兆候は、見逃してはなりません。それは、脱毛が上手くいっている証拠です。同時にこれまでよりも脱毛の施術頻度を下げる必要があります。2週間を3週間の間隔にしたり、照射レベルを低くするなど工夫をしましょう。

最終的には、ムダ毛がごくまれに生えてきたときのみ、施術をするという形に落ち着きます。

VIO脱毛に効果的なセルフ脱毛器

LEDラバー「コラーゲン脱毛LV」

コラーゲン脱毛LVは、最大15ジュールの強力ビームを100万発も自動連射し高い脱毛効果を実現するIPL脱毛器です。

しかも、美容効果のあるピンクLEDと黄色LEDを同時照射する日本初の技術を搭載しているので、美肌ケアやバストケアにも高い効果が期待できます。

雪冷え4℃で肌の痛みをやわらげながら、肌表面を保護コーティングして水分の蒸発を防止するので、秋冬の乾燥肌や春夏の日焼けからお肌を守り、保湿しながら脱毛。お肌にたっぷりのうるおいを与え、ダメージから肌を守る「コラーゲン脱毛LV」は、まるで【打つ化粧品】です。

また、横に寝かせて打つ水平型の形状をしているので、1人ではケアしづらい背中やOゾーンのセルフケアに最適です。

商品名コラーゲン脱毛LV
会社名デンタルラボ
価格77,500円
※今だけ公式限定で71,500円(税込)
カートリッジ交換の有無なし
照射レベル5段階
照射可能回数100万回

【ケノン】 エムロック

ケノンは、4つのコンデンサによって高出力を実現し、男性のヒゲやVIOまで全身に使用できる、日本製のフラッシュ式の脱毛器です。

独自の発光システムであるUSPL(極短発光)により、肌への刺激や負担を軽減。肌センサーを搭載し、照射レベルは10段階で調整できるため、中学生でも安心してお手入れできます。

パワーレベル調整は10段階もあり、痛みを抑えつつ少しずつ出力を上げていくことができるので、VIOのケアには最適の脱毛器と言えます。

カートリッジの種類が豊富であることも特徴です。VIOのような毛深い部位の脱毛には、ストロングカートリッジが適しています。脱毛に関しての効果が多く得られるよう、万全の装備が整っているのがケノンの魅力でしょう。

ただし、VIO部分の脱毛はやはり痛いという意見が目立ちます。ケノンは皮膚に当てると最初のレベルを自動判定し照射してくれるのですが、それでも痛みが強い傾向にあります。

そのため、使用の際はあえてレベルを低くすることや、保冷剤をしっかり当てて皮膚を冷却するなど、ケアを万全に行う工夫が必要となるでしょう。

商品名ケノン
メーカーエムテック
付属品・スーパープレミアムカートリッジ
・電源コード
・取扱説明書
・サングラス
・保冷剤(2個)
・収納ポーチ
本体価格69,800円(税込)
機能・10段階のパワーレベル調節機能
・連射モード
・自動モード
・タッチセンサー
・最速0.4秒チャージタイム
・静音冷却
・日本製

【パーソナルレーザー脱毛器4X】 トリア

クリニックで使用するダイオードレーザー技術を発明したレーザーの専門家によって開発された「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」。家庭用脱毛器で唯一レーザーの特許を取得。世界でシリーズ累計販売台数500万台を突破しています。

VIOには「Vライン」のみ対応しています。

これには理由があり、トリアが強いパワーを持っているからです。Iライン、Oラインのような敏感な部位への照射だけではなく、日焼け肌やほくろ、シミにも照射は禁止されています。メラニン色素に反応する力が大きいことがわかるでしょう。

ただしVラインへの効果は抜群です。レベルは1~5段階まで設定できるようになっていますが、1の段階でもVラインはやはり痛みがあるという声が目立ちます。照射時間は5分から8分が推奨されており、マシンの通りに実行することでVライン脱毛に成功したという人は多いです。

商品名トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
メーカートリア・ビューティ・ジャパン
付属品・充電専用ACアダプター
・取扱説明書
本体価格48,000円(税込)
機能・唯一のレーザー脱毛器
・5段階のパワーレベル調節機能
・照射カウンター付

【光エステ脱毛器 LAVIE】 LAVIE

LAVIEはツインコンデンサーを搭載し、6.7J/㎠という業界最高クラスのパワーを誇る家庭用光脱毛器です。VIOはもちろんのこと、顔のような敏感な部分まで脱毛ができます。

照射レベルは1から7まで設定されており、お肌のコンディションや、部位に合わせて最適なパワーを選べるのはもちろん、性別や年齢を問わず一人ひとりに合ったオーダーメイドの脱毛ケアができることが特徴です。

VIO脱毛に関しては、やはり強い痛みが伴うという声が多く見られます。ですが、ラヴィの脱毛器を使用するほとんどの方は、「保冷剤」を上手に使いこなしています。

VIOに関しても、「保冷剤」の使用で上手に脱毛ができたという口コミが多くありました。2週間に1度のVIOへの照射で、毛がやわらかくなったということもあり、VIOに対しての効果は高いと想定できるでしょう。

本体ボタンがプラス、マイナスの視覚的表示になっていてわかりやすい点や、連射モードやオート機能といった便利な性能が好評です。

商品名IPL光エステ脱毛器LAVIE
メーカーLAVIE
付属品・脱毛用カートリッジ(1個)
・電源コード
・取扱説明書
・スタートアップガイド
・保冷剤(2個)
本体価格54,780円(税込)
機能・7段階のパワーレベル調節機能
・連射モード
・ミュート機能
・日本製

【シルクエキスパート】 BRAUN

脱毛サロンと同じ効果が得られると評判の商品が、ブラウンのシルクエキスパートPro5です。

IPL方式という光脱毛方式を採用しており、自宅で本格的なセルフ脱毛を行うことができます。対象脱毛範囲は「全身」となっており、VIOを除くといった文言はありません。

ただし、「Vライン推奨」となっていることから、Vラインに留めておくほうがトラブルの無い脱毛ができるでしょう。

「通常、柔らかい、超柔らかい」の3段階に光を調整することができます。とにかく肌への当たりをソフトに抑えることができるので、安心して使用できる脱毛器です。

部位ごとに「連続」と「単発」が選べるので、VIOのような部位を狙う脱毛も適しています。男性のヒゲ脱毛にも対応していることから、「痛みの少ない」脱毛を好む方におすすめです。

商品名シルクエキスパート Pro5
メーカーBRAUN(ブラウン)
付属品・通常ヘッド
・コンパクトヘッド(部分用)
・ワイドヘッド
・ビーナスカミソリ
・電源アダプター
・布製ポーチ
本体価格85,580円(税込)
機能・10段階のパワーレベル調節機能(自動)
・3段階の照射モード選択機能(手動)
・連射モード

【脱毛器のVIOの効果】まとめ

脱毛器のVIOの効果についてまとめ

VIO脱毛の効果とおすすめのセルフ脱毛器

  • 家庭用脱毛器で行うセルフ脱毛でも、正しく使うことでVIO脱毛に効果あり!
  • ゆっくり段階的にレベルを上げて最大パワーで照射する方が効果的
  • 事前に自己処理を行うとき、最初は全剃りすること
  • 照射しない部位は布や古い下着などで隠すこと
  • VIOにおすすめの家庭用脱毛器1位は「脱毛ラボホームエディション」

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器の選び方や使い方、おすすめのセルフ脱毛器5選などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

VIOはセルフ脱毛しづらく、再発しやすいと言われているためサロンやクリニックでケアしてもらいたいところですが、家庭用脱毛器でも十分にセルフ脱毛が可能です。

照射レベルは段階的に上げていくことや、照射後には冷却や保湿を忘れずに行うことなど少し手間もかかりますが、継続してセルフ脱毛していくうちに、しっかり効果を実感することができます

家庭用脱毛器の最大のメリットは、「いつでも好きな時に誰にも見られず脱毛できること」です。

特にVIO脱毛は恥ずかしいと感じる方も多いので、通うたびにサロンやクリニックのスタッフに見られたくない人は、ぜひ家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛を検討してみてくださいね。

目次