【脱毛器を比較!】家庭用脱毛器のおすすめ人気ランキング

まずは、家庭用脱毛器のおすすめ人気ランキングを紹介していきたいと思います。

近年では、年齢や性別を問わず脱毛への関心が高まってきています。電車の広告やテレビCMを通して、脱毛サロンの広告を目にしたことがあると思います。そんな中で、「脱毛サロンは倒産が怖い」「脱毛サロンに通いたいけれど時間がない」「他人に身体を見られたくない」などの悩みから、なかなか脱毛に踏み出せない方々もたくさんいるのではないでしょうか。

そのような方々に知って欲しいのが、『家庭用脱毛器』の存在です。脱毛器を使えば、自宅でいつでも好きな時に、誰にも見られることなく、脱毛サロンと同じレベルの脱毛ができるんです。

でも、いろいろな種類の商品が販売されていて、どれが効果があるのか気になりますよね。

そこで今回は、口コミやレビューで人気の高い家庭用脱毛器を徹底比較して、最もおすすめの商品をランキング形式でご紹介していきます。ぜひご購入の際の参考にしてみてくださいね。

目次

脱毛器の選び方3つのポイント

家庭用脱毛器を選ぶ際には、以下に示す3つのポイントを重点的にチェックするようにしましょう。

1つ目は、コストパフォーマンスの良し悪しです。家庭用脱毛器は、1度購入をしたら基本的に年単位、場合によっては半永久的に長く付き合っていくことになります。購入時の本体価格だけで比較するのではなく、カートリッジ交換の有無や照射回数の多さなどを含めたランニングコストも考慮するようにしましょう。

2つ目は、脱毛効果の有無です。脱毛効果を実感できるまでの使用期間の長さや、照射エネルギーの強さを比較しましょう。

3つ目は、脱毛効率の高低です。照射スピードが速かったり、連続照射機能が備わっていたりする脱毛器が特におすすめです。

コスパが良い脱毛器を選ぼう

脱毛器の選び方のポイント1つ目は、コスパが良い脱毛器を選ぶことです。

脱毛器を選ぶときに、『本体価格』は当然チェックすると思います。しかし、本当に注目して欲しいポイントはまた別にあるのです。それは、初期費用だけではなくランニングコストも考慮した上での、コストパフォーマンスの良し悪しです。

コスパが良い脱毛器に共通している点は複数あります。1つ目は、カートリッジの交換の可否です。カートリッジが交換できる脱毛器であれば、本体を買い替えずとも比較的安価なカートリッジを追加購入することで長く使用することができるからです。2つ目は、照射回数の多さです。1照射あたりの価格を算出することで、コスパを比較しやすくなります。

効果の高い脱毛器を選ぼう

脱毛器の選び方のポイント2つ目は、効果の高い脱毛器を選ぶことです。脱毛効果を得ることは、脱毛器を購入・使用する上での最大の目的ですよね。

そのためにチェックしておくべき項目としては、効果を実感できるまでの使用期間が挙げられます。また、最大出力、つまり照射エネルギーの強さも把握しておくと良いでしょう。

各公式サイト上では、脱毛完了までの期間の目安や最大出力が示されている脱毛器もたくさんあるので、それらを比較することがおすすめです。

しかしながら、ご自身の体質や毛質、使用レベルなどが効果に影響する部分もあるかと思われます。そのような面はユーザーの口コミや評価を参考にして補うようにすると、よりリアルなイメージを得られることに繋がるでしょう。

効率がよい脱毛器を選ぼう

脱毛器の選び方のポイント3つ目は、効率がよい脱毛器を選ぶことです。家庭用脱毛器には、場所や時間を選ばずにムダ毛のお手入れが出来るといったメリットがあります。このメリットを最大限に享受するためにも、効率がよい脱毛器を選ぶようにしましょう。

そのためにチェックしておくべき項目としては、照射スピードの速さや、脱毛可能部位の多さです。

照射スピードの速さという面では、照射間隔をチェックすることをおすすめします。照射間隔とは、照射をした後に次の照射に向けたエネルギーをチャージするための時間のことです。この照射間隔が短いほどスピーディーに脱毛を進めていくことができます。特に、連続照射機能が備わっている脱毛器だと脱毛効率が大幅にアップするのでおすすめです。

 当サイト一押しの脱毛器はコレです!

ケノンは男性の剛毛対応

当サイト一押しの脱毛器は、『ケノン』です!

ケノンは「家庭用脱毛器選びに迷ったときはケノンを選べば間違いない」と紹介されるほど、様々なサイトやSNSで圧倒的な口コミと高評価を得ています。

このような高評価を得ている理由には、3つのポイントが関わっています。

1つ目は、コストパフォーマンスの良さです。ケノンのカートリッジは非常に高寿命で、約33年間も使用できるほどです。

2つ目は、効果の高さです。個人の肌の調子に応じた30通りのオート設定が可能なことから、より確実に効果を得ることが期待できます。

3つ目は、効率の良さです。6種類の付け替え可能なカートリッジと10段階もの照射レベルを組み合わせることで、各部位に対して最も効率の良い照射を行うことができます。

関連記事:【ケノンの口コミ】脱毛器のレビューが悪いけど効果ないの?

【脱毛器を比較!】家庭用脱毛器のおすすめ人気ランキング

それではさっそく、家庭用脱毛器のおすすめ人気ランキングを見ていきましょう。

『家庭用脱毛器』は、サロンに近い施術を自宅で簡単に受けられることから人気が高まっており、各メーカーから様々な特徴を持った新製品が続々と登場しています。

ここからは、おすすめの家庭用脱毛器を人気ランキング形式で詳しく紹介していきたいと思います。全10種類にも及ぶ脱毛器の特徴やメリットについて容易に比較ができる様に、箇条書きや表形式でまとめてあります。家庭用脱毛器を選ぶ際の参考として是非ご活用ください!

【ケノン】エムテック

  • 目的や用途に合わせて6種類のカートリッジを付け替えることができる
  • 標準保証・プレミアムカートリッジ保証などのアフターサービスが充実している
  • コストパフォーマンスが非常に良く、長い目で見ればランニングコストはほとんどかからない
価格69,800円(税込)
効果様々な媒体で圧倒的な口コミと高評価を得ており、カートリッジの使い分けでより高い効果が期待できる
効率の良さ全6種類のカートリッジを目的別に付け替えられるので効率良く脱毛を進められる
使いやすさサングラス、専用ポーチ、保冷剤が付属。液晶画面の表示がわかりやすく、残りの使用可能回数も確認できる
痛みの少なさ10段階もの細かなレベル調整が可能なので、痛みを感じやすい人にもおすすめ

他の商品との違いを比較する

LEDラバー「コラーゲン脱毛LV」

  • 最大15Jの強力パワーで3つのケア(脱毛/フェイシャル/バストケア)
  • さらに日本初!コラーゲン波長LED(633nm)照射でプルプル保湿肌に
  • 100万発打てるので1発0.072円。全身脱毛1回72円(1000発照射)
価格77,500円
※公式限定で6,000円OFF→71,500円(税込)
効果秋冬の乾燥肌・春夏の紫外線ダメージ肌を補修!4つのケア(脱毛/フェイシャル/バストケア/LEDケア)が同時にできる日本初のオールインワン光美容器で肌にハリツヤ
効率の良さダウンタイムをほとんど必要としないので2~3日に1回のペースでケアできて最短2ヶ月で全身脱毛が完了する
使いやすさ横打ちができるので手が届きにくい背中やうなじもセルフケアしやすい
痛みの少なさ照射面の温度を4℃まで下げる冷却機能が付いているので、脱毛の痛みを抑えながら、お肌を乾燥から守る“保湿”ができる

他の商品との違いを比較する

【レイボーテ Rフラッシュ ハイパープロ】ヤーマン

  • 独自開発された高速ローラー搭載で、全身の脱毛をわずか3分で完了させられる
  • 「高速ムダ毛ケア」と「フェイスケア」の効果を同時に受けることができる
  • ローラー・スポット・LEDの3種類のヘッドが標準付属されているため、効率的な脱毛がすぐに始められる
価格82,500円(税込)
効果「美肌理論に基づいた高速ムダ毛ケア」を掲げており、美肌と脱毛の両立を実現している
効率の良さ照射間隔が0.2秒と非常に短く、全身の脱毛がわずか3分で完了できる
使いやすさ「肌色センサー」という、ユーザーの肌色に適した照射レベルを自動設定してくれる機能付き
痛みの少なさ肌色センサーと5段階のレベル調節を上手く組み合わせることで、痛みを軽減させることができる

他の商品との違いを比較する

【トリア パーソナルレーザー脱毛器4x】トリア・ビューティー・ジャパン

  • 半導体を利用した「ダイオードレーザー」を採用しており、幅広い毛質や肌質に対する脱毛効果が期待できる
  • レーザー脱毛方式ということもあり、痛みが強い。ゴム鉄砲で強く弾かれたような痛みを感じる
  • 照射口の面積が狭いので、部分脱毛を希望する方に特におすすめ
価格48,000円(税込)
効果医療脱毛でも採用されているレーザー脱毛方式。うぶ毛から剛毛まで幅広く脱毛効果が期待できる
効率の良さ照射口の面積が狭く、かつ照射漏れが起こりやすい。部分的な脱毛におすすめ
使いやすさコードレスで使いやすいが、重量が584gもあるので長時間のケアには不向き
痛みの少なさレーザー式なので痛みを感じやすい。痛みに弱い方は肌を冷やしながら照射する必要がある

他の商品との違いを比較する

【LAVIE】ラヴィ

  • 業界最高クラスと言われている650Wもの照射パワーによって、脱毛サロン並みの脱毛効果が期待できる
  • 美顔カートリッジ(別売り)を装着することで、光フォトフェイシャル美顔器としても使用できる
  • 安心の日本製。家庭用脱毛器の中でも最長である、2年間もの保証期間が付いている
価格48,000円(税込)
効果高性能な2つのコンデンサーが搭載されており、照射口も7.4㎠と広めなので、十分な効果が得られる
効率の良さ照射とチャージを繰り返しながら稼働するので、チャージに待ち時間を要する。レベル7で8秒間かかる
使いやすさハンドピースの形状は握りやすいものの、本体の重量が2kgもあるので持ち運びは難しい
痛みの少なさレベル1での刺激はほとんど無いが、最大レベルであるレベル7になるとチクッとした痛みがある

他の商品との違いを比較する

【スムーズスキン bare smart】CyDen

  • 照射スピードを重視した「スピードモード」と、痛みに配慮した「ジェントルモード」が選択できる
  • 高い安全性(英国独立機関の安全試験済・アメリカ食品医薬品局認証取得済)
  • わずか10分で全身本格ケア(手脚・Vライン・ワキ)を完了させられる
価格38,500円(税込)
効果ユーザーの肌色に合わせて最適な光を自動照射してくれるので、効果を実感しやすい
効率の良さ「スピードモード」での照射をすることで、わずか10分で全身ケアを完了させられる
使いやすさ範囲が狭い部位専用の「プレシジョンヘッド」を装着すればピンポイントでの照射が可能
痛みの少なさ「ジェントルモード」という、痛みに弱い方向けのモードが搭載されているので安心

他の商品との違いを比較する

【シルクエキスパート Pro5】Braun

  • 照射光の出力レベルの高さによりパワフルな脱毛を実現。わずか4週間で効果を実感できる
  • 照射レベルが10段階もあるので細やかな設定が可能。初心者でも安心して使用を開始できる
  • 液晶画面の無いシンプルな設計になっており、専用ポーチに入れて持ち運べるので便利
価格85,580円(税込)
効果高出力のパワフルな脱毛が売り。「4週間で効果を実感できる」と公式に発表
効率の良さ連続モードでスムーズな照射が可能。目安として、両脚の脱毛は5分あれば完了することができる
使いやすさカートリッジの交換が出来ない。液晶画面が無いので、操作方法に慣れるまで時間がかかる
痛みの少なさ「通常・やわらか・超やわらか」や、「連続モード」「単発モード」を組み合わせた細やかな設定が可能

他の商品との違いを比較する

【光エステ ボディ&フェイス用 ES-WP98】パナソニック

  • 1回の照射で2つのランプが連続発光するWランプにより、ハイパワーながら肌への負担の少ない脱毛を実現
  • 肌刺激カットフィルターが、効果的な光エネルギーのみを選別して肌に届けてくれる
  • ボディ用・フェイス用・ビキニ用の3つのアタッチメントが付属している
価格80,300 円(税込)
効果照射される光エネルギーの中から、脱毛に効果的な光エネルギーのみを選別して肌に届けてくれる
効率の良さ1回の照射で2つのランプが連続発光する「Wランプ」システムにより、照射効率がアップ
使いやすさカートリッジ式ではないものの、ボディ用・フェイス用・ビキニ用の3つのアタッチメントが付属している
痛みの少なさ肌への負担を軽減できる効果のある「肌刺激カットフィルター」が搭載されているので痛みは少ない

他の商品との違いを比較する

【エピレタ】アイリスオーヤマ

  • 光エネルギーに音響効果をプラスした独自の技術である、光技術HPL方式を採用している
  • 低価格にも関わらず、わずか3ヶ月で効果が実感できるほどのハイクオリティ
  • 本体とACアダプターをまとめて収納できる専用ケース付きなので、旅行先や出張先でも使用できる
価格19,800円(税込)
効果特許技術を取得している光技術HPL方式を採用しており、効果が実感しやすい
効率の良さ光技術HPLによって、毛根に与えるダメージをより高めることに成功し、脱毛効率も向上
使いやすさ軽量(220g)かつコンパクト(8cm×13cm)であるため、手が疲れにくい。持ち運びも可能
痛みの少なさ照射光に音響効果を加えることで、肌への負担・痛みの軽減に成功。医療機関でのテストもクリア

他の商品との違いを比較する

【アイスレディ】ノータイム

  • 肌に優しい可視光線を使用しているので、敏感肌の方でも毎日使用することができる
  • 1回目のお手入れから効果を実感することができ、最短4週間で全身脱毛が完了する
  • 工場直営のファクトリーブランドなので、他社製品と比べて圧倒的なコストパフォーマンスの実現が可能
価格29,800円(税込)
効果顔用・ワキ用・指用の3種類のカートリッジが付属しており、目的に応じて機能をアップグレードできる
効率の良さ全身1回あたりのお手入れ時間は約10分。最短4週間で全身脱毛を完了させることができる
使いやすさドライヤーのような形状をしており、うなじや背中などの手が届きにくい部分もお手入れできる
痛みの少なさ最先端のICE技術(冷却機能)が搭載されており、痛みはほとんど感じない

他の商品との違いを比較する

脱毛器のコスパの良さを判断するポイント

ここからは、脱毛器のコスパの良さを判断するポイントについて紹介していきます。家庭用脱毛器は、効果を得るため、またそれを維持するために、長期間に渡って使用を継続しなければなりません。そこで重要になってくるのが、コストパフォーマンスの良し悪しです。初期費用だけではなく、その先の使用期間に発生する費用についてもしっかりと意識をした上で、脱毛器を選んでいくようにしましょう。

本項では、脱毛器のコスパの良さを判断するポイントを「カートリッジが交換できるかどうか」「照射範囲が広く、かつ照射可能回数が多いか」「本体価格だけではなく1照射あたりのコストはいくらになるのか」という3つに分類して、それぞれについて詳しく解説していきます。

カートリッジが交換できる

脱毛器のコスパの良さを判断するポイント1つ目は、カートリッジが交換できるかどうかです。カートリッジとは、脱毛器の先端に付いている照射光を発する部品のことです。

家庭用脱毛器は、使い切りタイプとカートリッジ交換タイプの2種類に分けられます。使い切りタイプは、照射可能回数が尽きてしまったら、つまり寿命を迎えてしまったら、もうその脱毛器ごと使用不可能になってしまいます。しかし、カートリッジ交換タイプであれば、寿命がきてしまっても本体を買い替える必要はありません。カートリッジのみを追加購入することで半永久的に脱毛器の使用を継続できるのです。

脱毛器本体を買い替えるよりもカートリッジのみを追加購入する方が、はるかにコストパフォーマンスが良いと言えます。

照射範囲が広く照射可能回数が多い

脱毛器のコスパの良さを判断するポイント2つ目は、照射範囲が広く、かつ照射可能回数が多いということです。

照射光の照射可能回数は、脱毛器の種類によってばらつきがあります。全身脱毛を希望する方や複数人でのシェアを予定している方は、できるだけ照射可能回数が多い脱毛器を選ぶようにしましょう。

しかしながら、照射可能回数だけに捉われすぎるのも好ましくありません。さらなるコストパフォーマンスの良さを追求するのであれば、照射可能回数の他に、照射範囲の広さについても比較してみることをおすすめします。なぜなら、同じ照射可能回数の脱毛器でも、照射範囲の広いものと狭いものとでは、脱毛の効率に大きな差が生じてしまうからです。

本体価格だけでなく1照射あたりのコストを重視しよう

脱毛器のコスパの良さを判断するポイント3つ目は、本体価格だけではなく1照射あたりのコストを重視するということです。家庭用脱毛器を選ぶ際にはつい本体価格に目が行ってしまいがちですが、1照射あたりのコストについても把握しておくことで、結果として全体的なコストダウンに繋がります。

1照射あたりのコストを求めるには、本体価格÷照射可能回数の計算式で知ることができます。

ちなみに1照射あたりの値段が0.1円以下の製品は、使い切りタイプ、つまりカートリッジの交換が出来ないタイプであることが多いので注意して確認してください。以上を踏まえた上ですと、本記事で紹介している脱毛器の中では、『ケノン』『レイボーテ Rフラッシュ ハイパープロ』『スムーズスキン bare smart』がおすすめです。

脱毛効果が高い脱毛器の条件や比較

ここからは、脱毛効果が高い脱毛器の条件や、それらの比較方法について紹介していきます。これから家庭用脱毛器を購入しようと考えている方々の一番の目的は、脱毛効果を得ることですよね。脱毛器を選ぶ際のポイントは複数ありますが、やはりまずは効果の有無を基準として選択肢を絞っていくことでしょう。

脱毛器は決して安い買い物ではありませんし、場合によっては半永久的に使用していく可能性もあります。そのため、皆さんがしっかりと脱毛効果を実感できる様な製品と出会えることを望んでいます。

そこで本項では、「毛の生え具合の変化が大きい」「最大出力が大きい」「男性の髭脱毛にも対応している」という3つの条件について詳しく解説していきます。

毛の生え具合の変化が大きい

脱毛効果が高い脱毛器の条件1つ目は、毛の生え具合の変化が大きいことです。目に見えて効果が感じられるということは、何よりも確かな情報と言えるでしょう。

家庭用脱毛器の販売サイトなどに掲載されているメリットのみの宣伝を参考にすることももちろん悪くないと思いますが、SNSなどを通して実際にユーザーの毛の生え具合の変化について等の口コミをチェックしてみると、よりリアルな評価を知ることができます。

筆者が試しにTwitterで『ケノン』を検索したところ、「半年くらい使ったら、1ヶ月放置しても体毛が気にならなくなった。」「私は効果があったけれど、夫はヒゲ脱毛の痛みに耐えられず辞めてしまった。」などといった様々な角度からのレビューが見つかりました!

SNS上の口コミも、ぜひ見てみてください。

最大出力が大きい

脱毛効果が高い脱毛器の条件2つ目は、最大出力が大きいということです。まず出力とは、その脱毛器が発することのできるエネルギーの強さのことを指します。当然の事ながら、出力が大きいほど高い脱毛効果が期待できます。ちなみに、本記事で紹介している脱毛器の中で最大出力が大きいものは、『LAVIE』の650Wとなっています。

また、最大出力が大きいということは、高い脱毛効果を得ることへの近道にもなります。毛穴は、出力の小さい光によって中途半端な刺激を受けてしまうと、硬毛化を引き起こすことがあります。硬毛化とは、脱毛をすることによって本来薄くなっていくはずの毛が、脱毛前の状態よりも濃くて太い毛に置き換わってしまう現象のことです。

これらの理由から、最大出力が大きい脱毛器を選ぶことをおすすめします。

男性の髭脱毛にも対応している

 脱毛効果が高い脱毛器の条件3つ目は、男性の髭脱毛にも対応しているということです。

男性のムダ毛は女性に比べて濃くて太い傾向にあり、脱毛効果が出るまでに時間がかかります。さらに、ヒゲは特に頑丈な毛なので、通常の脱毛よりも強力な照射光を必要とします。つまり、男性のヒゲ脱毛にも対応している脱毛器は最大出力が大きいということを意味し、全身脱毛においても高い効果が望めるということになります。

ヒゲ脱毛を予定していない方でも、ヒゲ脱毛に対応している脱毛器を選んでおいて損はありません!

ちなみに、本記事で紹介している脱毛器の中でヒゲ脱毛に対応しているものは、『ケノン』『レイボーテ Rフラッシュ ハイパープロ』『トリア』『LAVIE』『光エステ ES-WP98』『アイスレディ』です。

効率がよい脱毛器の条件や比較

ここからは、効率がよい脱毛器の条件や、それらの比較方法について紹介していきます。

効率がよい脱毛器を使用することには、主に2つのメリットがあります。1つ目は、脱毛効果を早く実感できるということです。時間または回数当たりの施術指数が高まることで、脱毛完了までの道のりを大幅に縮めることができます。2つ目は、コストパフォーマンスの向上です。1台の脱毛器でたくさんの範囲をお手入れできたり、家族や恋人とシェアして使えたりすることは、時に価格よりも大きな効果に発展します。

ここでは、効率のよさを生み出している、「照射間隔が短い」「連続照射モードがある」「顔・髭・VIOなど幅広い部位に対応している」の3つのポイントについてそれぞれ詳しく解説していきます。

照射間隔が短い(1回照射してチャージ完了するまでの待ち時間が短い)

効率がよい脱毛器の条件1つ目は、照射間隔が短いということです。フラッシュ脱毛器では、照射光を発した後に、次の照射のためのエネルギーをチャージする時間を必要とします。照射間隔とはこのチャージが完了するまでの待ち時間のことで、短ければ短いほどスムーズにお手入れを進めていくことができます。

そのため、脱毛効率を重視する方や施術時間の短縮を望んでいる方は、照射間隔が短い脱毛器を選ぶことをおすすめします。

ちなみに本記事で紹介している脱毛器の中では、『レイボーテ Rフラッシュ ハイパープロ』が0.2秒で最短となっています。レーザー式の脱毛器の照射間隔はより強い出力を必要とすることから、フラッシュ式よりも長くなっているので注意してください。

連続照射モードがある

効率がよい脱毛器の条件2つ目は、連続照射モードがあるということです。連続照射モードとは、ほとんど途切れることなく光を照射し続けることができる機能です。照射口を肌に密着させたまま同じスピードでゆっくりと滑らせることで、脚などの広い範囲のお手入れを一気に済ませることができます。手伝ってくれる方がいる場合には、背中への使用もおすすめです。

連続照射モードの有無は、脱毛効率の上昇にダイレクトに影響します。そのほかにも、使いやすさや続けやすさをアップさせてくれるというメリットも含んでいる、とても便利な機能です。

ちなみに本記事で紹介している脱毛器の中では、レーザー式である『トリア パーソナルレーザー脱毛器4X』以外の全ての脱毛器に搭載されています。

顔・髭・VIOなど幅広い部位に対応している

効率がよい脱毛器の条件3つ目は、顔・髭・VIOなど幅広い部位に対応しているということです。幅広い部位への対応が脱毛効率の向上につながっている理由は、1台の脱毛器でお手入れを完了させることができるからです。

対応部位が限定されている脱毛器ですと、それぞれに特化した脱毛器を使い分ける手間が発生してしまいます。これは、時間的にも経済的にもデメリットと言えるでしょう。

ちなみに本記事で紹介している脱毛器の中で、顔・髭・VIOの全てに対応しているものは『レイボーテ Rフラッシュ ハイパープロ』『LAVIE』『光エステ ES-WP98』です。専用カートリッジを追加購入することで対応部位を増やすことのできる脱毛器もあります。その場合には、予算と相談しながら検討してみてください。

メンズに対応していてもヒゲ脱毛には対応していない脱毛器が多い

近年では、男性の間でも脱毛についての関心が高まってきていることから、家庭用脱毛器の男性ユーザーも増えてきています。また、家族や恋人が使っている脱毛器をシェアする形で使用している方も多いそうです。

男性のムダ毛は女性と比べて濃くて太い傾向にあることから、脱毛器によっては効果を感じにくい場合もあります。男性が脱毛器を購入する際にはメンズに対応しているかどうかもチェックするようにしましょう。

キレイモの調査によると、ヒゲは男性の脱毛希望部位第一位だそうです。このようにヒゲ脱毛の需要は高まっているものの、メンズに対応している脱毛器の中でもヒゲ脱毛にまで対応しているものはまだ少ない現状にあります。ヒゲ脱毛を希望している方は、詳細ページまでよく読んで確認するようにしましょう。

Vラインのみ対応していてIライン・Oラインには対応していない脱毛器が多い

本記事で紹介しているような人気の高い脱毛器や、メーカー・ブランドが発売している脱毛器の大半は、全身脱毛に対応しているものがほとんどです。しかし、全身脱毛と書いてあるからといって、使用できない部位が無いという訳ではありません。

というのも、特にVIOゾーンにおいて、『Vラインにのみ対応していてIライン・Oラインには対応していない』という脱毛器も数多く存在するためです。しかしながら、宣伝や広告では「対応箇所:全身」「デリケートゾーンの脱毛もできる!」という表現によって、Iライン・Oラインへの対応の可否について明確に示されていないケースがほとんどです。Iライン・Oラインの脱毛を希望している方は、詳細ページまでよく読んで確認するようにしましょう。

使いやすい脱毛器の条件や比較

ここからは、使いやすい脱毛器の条件や、それらの比較方法について紹介していきます。

皆さんは、脱毛器を選ぶ際に重視するポイントはどこですか?おそらく、効果の有無や価格、寿命の長さなどを最初にチェックするかと思います。それらももちろん重要なポイントですが、ぜひ、使いやすさの観点からも脱毛器を比較してみてください。

家庭用脱毛器の使用は長期間に渡るため、時が経つほどに「使いやすさ」が脱毛を継続させるカギとなってくるのです。

本項では、「本体が軽く全身を脱毛しても疲れない」「脱毛器を使用している時の音が静か」「シンプルな設計で操作がしやすい」の3つのテーマに沿って、使いやすい脱毛器の選び方を解説していきます。

本体が軽く全身を脱毛しても疲れない

使いやすい脱毛器の条件1つ目は、本体が軽く全身を脱毛しても疲れないということです。家庭用脱毛器は継続して使用することで効果が現れてくるものですが、「手が疲れてしまうので最後まで施術できない」「重量が重いので中々お手入れをする気になれない」などといった理由から、途中で使用をやめてしまう人も一定数いるそうです。

製品にもよりますが、家庭用脱毛器を用いた全身の施術時間は30〜60分程度とされており、長時間脱毛器を持ち続けなければなりません。見落としてしまいがちですが、脱毛器を選ぶ上で、重量の軽さはかなり重要なポイントなのです。しかしながら、広告画面において重量が大々的に掲示されているケースはごく稀です。そのため、気になる脱毛器を見つけたら製品情報ページにアクセスをして、重量を確認することをおすすめします。

脱毛器を使用している時の音が静か

使いやすい脱毛器の条件2つ目は、脱毛器を使用している時の音が静かであるということです。家庭用脱毛器は、照射光を発するためのエネルギーを蓄えるモーター音や、本体を冷却させるためのファンの起動音など、音が発生する要素がたくさんあります。「ウィーン」や「ゴォー」というような音は、時に使用の妨げにもなってしまいます。

そのため、できるだけ音が静かな脱毛器を選ぶようにしましょう。音の大きさについて掲示している脱毛器はほとんど無いので、口コミやレビューを参考にするのがおすすめです。

静かな脱毛器であれば、周囲に気を使わずに済むので時間を問わず使用できますし、小さなお子さんがいる家庭ではお昼寝中の隙間時間にムダ毛のお手入れを進めることもできて非常に便利です。

シンプルな設計で操作がしやすい

使いやすい脱毛器の条件3つ目は、シンプルな設計で操作がしやすいということです。近年では家庭用脱毛器の需要が増加しており、様々な機能や独自のシステムが搭載された脱毛器が数多く販売されています。

機能が豊富であったりシステムが充実したりしているのは、ユーザーにとっては喜ばしい事です。しかし、それらを満足にかつ効果的に使用できなかったら…せっかくのハイスペックさの意味が無くなってしまいますし、非常にもったいないですよね。

脱毛器を選ぶ時には、機能やシステムと並行して、設計のシンプルさや操作のしやすさについても注目してみましょう。特に、モニターや電光掲示が搭載されていたり、肌の状態を検出してくれるセンサーが付いていたりする製品がおすすめです。

痛みが少ない脱毛器の条件や比較

ここからは、痛みが少ない脱毛器の条件や、それらの比較方法について紹介していきます。

脱毛器の使用を検討しているものの、施術の際の痛みに対する不安から中々購入に踏み切ることができないという方も数多くいるのではないかと思います。

しかし、安心してください。家庭用脱毛器の中には、痛みの少ない脱毛方式を採用している製品や、痛みを極限まで抑えるための機能が備わっている製品が数多くあります。

本項では、痛みが少ない脱毛器の条件や比較方法を「冷却機能」「照射レベルを細かく調節できる機能」「フラッシュ方式の脱毛器」の3テーマに分けて詳しく解説していきます。

痛みに弱い方や肌が敏感な方々でも安心して使用できるような脱毛器が、きっと見つかるかと思います!

冷却機能がついている

痛みが少ない脱毛器の条件1つ目は、冷却機能がついているということです。脱毛器を使用する際の基本は、冷却と照射を細かく繰り返すことです。

まず照射前の冷却は、照射時に発せられる熱エネルギーによる熱さや痛みを和らげる効果があります。そして照射後の冷却は、照射光による肌へのダメージを軽減させ、赤みや炎症などの肌トラブルの防止に繋がります。

上記のようなこまめな冷却を行うためには、事前に保冷剤や冷やしたタオルなどを手元に用意しておく必要があります。しかし、本体に冷却機能が備わっている脱毛器ですとこれらの手間を省くことができ、よりスムーズにお手入れを進めていくことが可能になります。痛みに弱い方や初心者の方は特に、冷却機能が備わっている製品を選ぶことをおすすめします。

照射レベルを細かく調節できる機能がある

痛みが少ない脱毛器の条件2つ目は、照射レベルを細かく調節できる機能があるということです。照射レベルを調節することで、ユーザーの体質や施術部位に適した強さの光を照射させることができます。

脱毛器の使用の際に痛みを感じてしまう原因の1つに、自身の肌に見合わない強い照射レベルでの施術を行なってしまう、という事柄があります。当然の事ながら、照射レベルが高いほど肌が受けるダメージも大きくなってしまいます。そのため、まずは最も弱いレベルから始めて、様子を見ながら少しずつレベルを上げていくようにしましょう。

照射レベルの設定段階が多いほどより細やかな調節が可能になるので、痛みが少ない脱毛器を求めている方は、本記事で紹介している中ですと、ケノン・シルクエキスパート Pro5がおすすめです。

肌の弱い方や敏感肌の方はフラッシュ方式の脱毛器を選ぼう

痛みが少ない脱毛器の条件3つ目は、フラッシュ方式の脱毛器であるということです。特に、肌の弱い方や敏感肌の方はこのフラッシュ方式の脱毛器を選ぶことを強くおすすめします。

まずフラッシュ方式とは、強い光を照射することで脱毛を促すタイプの脱毛器です。脱毛サロンで採用されている光脱毛器を、家庭でも安全に使えるように改良したものとなっています。

脱毛器の中でも最もポピュラーな方式であることから、口コミや体験談も豊富です。これらは、肌トラブルを恐れて家庭用脱毛器の使用を躊躇している方々にとって一つの大きな安心材料にもなるのではないでしょうか。

また、光が分散して照射される仕組みになっているため、肌への刺激が少なくて済むというメリットもあります。

家庭用脱毛器のケア方式の違いとおすすめの選び方

ここからは、家庭用脱毛器のケア方式の違いとおすすめの選び方について紹介していきます。

突然ですが皆さんは、「家庭用脱毛器」と一口に言っても、複数の方式が存在しているということをご存知でしょうか。例えば、最もポピュラーな方式であるフラッシュ方式は、強い光を照射することで脱毛を促すという仕組みの脱毛器です。他にも、レーザー方式・サーミコン方式・ローラー方式などの様々な種類があります。それぞれの特徴やケア方式の違いをよく理解した上で、自分の体質や目的に合った脱毛器を選ぶようにしましょう。

本項では、上記の中からフラッシュ方式とレーザー方式をピックアップし、各方式の脱毛器におけるおすすめの選び方を解説していきます。

全身脱毛するならフラッシュ方式の脱毛器を選ぼう

全身脱毛を希望する方は、フラッシュ方式の脱毛器を選ぶようにしましょう。

フラッシュ(光)脱毛器とは、強い光を照射することで脱毛を促すタイプの脱毛器です。脱毛サロンで採用されている光脱毛器を家庭用に改良したもので、最もポピュラーな方式となっています。

このフラッシュ方式の脱毛器が全身脱毛に向いている理由は、主に2つあります。1つ目は、痛みが比較的少ない脱毛方式であるということです。全身脱毛をする中で痛みを感じやすい部位への照射もしっかりとカバーすることができます。2つ目は、種類や選択肢が豊富であるということです。数多くのメーカーからさまざまな製品が発売されているため、ご自身に最適の脱毛器に出会える確率も高くなるのです。

脱毛効果を重視するならレーザー方式の脱毛器を選ぼう

脱毛効果を重視する方は、レーザー方式の脱毛器を選ぶようにしましょう。

レーザー脱毛器とは、毛根にレーザーで刺激を与えることで脱毛を促すタイプの脱毛器です。種類は比較的少なく、本記事でも「トリア パーソナルレーザー脱毛器4x」のみの紹介となっています。

先ほど紹介したフラッシュ方式の脱毛器よりも強いエネルギーで毛根にアプローチするため、比較的短期間で高い脱毛効果を得ることができます。いち早く脱毛を完了させたい方にとっては非常におすすめの脱毛器と言えるでしょう。

しかしながら、エネルギーが強い分肌が受けるダメージも大きくなってしまい、痛みを強く感じる方が多い傾向にあります。脱毛効果の即効性を重視していない方の使用には注意が必要です。

家庭用脱毛器は永久脱毛できないことは理解しておこう

永久脱毛を望んでいる方にとっては非常に残念ですが、家庭用脱毛器では永久脱毛をすることはできないということを理解しておきましょう。

永久脱毛をするには、皮膚科やクリニックなどの医療機関での施術を受ける必要があります。これらは医療行為であり、毛根内にある毛母細胞を破壊するという施術内容になります。

一方で、市販されている家庭用脱毛器では、毛根にダメージを与える程度の施術しか行うことができません。理由としては、家庭で使用する際の安全面などを考慮して出力レベルを抑えた設計がなされていることが挙げられます。

ただし、家庭用脱毛器でも正しい使い方を継続することで、「減毛」や「抑毛」といった脱毛効果を得ることは十分可能です。

脱毛器の正しい使い方は?脱毛の頻度はどれぐらい?

ここからは、脱毛器の正しい使い方や脱毛の頻度について紹介していきます。

前項にて、『家庭用脱毛器では永久脱毛をすることはできないが、正しい使い方を継続することで十分な脱毛効果を得ることができる。』ということを述べさせていただきました。

それでは、『正しい使い方』とは具体的にはどのような事柄を指すのでしょうか。本項では、家庭用脱毛器のおすすめの使用方法を「自己処理」「使用頻度」「冷却と保湿」の3テーマに分けて詳しく解説をしていきます。

脱毛器の購入を考えている方は、具体的な使用イメージを膨らませるための参考にしてみてください。すでに脱毛器を使用しているという方も、ご自身の使用方法を改めて省みてみましょう。

脱毛器で脱毛を始める前に自己処理を行う

脱毛器の正しい使い方1つ目は、脱毛器で脱毛を始める前に自己処理を行うということです。

脱毛器を使いたい部位に生えているムダ毛は、シェーバーなどを用いてできるだけ短くしておいてください。肌へのダメージを分散させるために、脱毛の直前ではなく、前日までに自己処理を済ませておくことを推奨します。

しかし、どうしてわざわざ自己処理をする必要があるのでしょうか。その理由には、光脱毛の仕組みが関連しています。脱毛器から発せられた照射光は、メラニン色素に反応して毛根部分にダメージを与えます。しかし、この段階でムダ毛が残ったままだと照射光の熱エネルギーがムダ毛の方に集中してしまい、毛根部分まで届きにくくなってしまうというわけなのです。

使用頻度はメーカー推奨の使い方を守ること!記載がなければ2週間に1回を目安にする

脱毛器の正しい使い方2つ目は、使用頻度はメーカー推奨の使い方を守るということです。

施術を行う頻度は、脱毛において大きなカギとなります。最も理想的であるのは、毛周期に沿って照射をしていくことです。毛周期とは、毛が生え変わるサイクルのことです。

製品や出力によって多少の誤差はあるものの、メーカーが推奨している使用頻度も、各部位の毛周期に沿っていることがほとんどです。説明書やホームページに記載がある脱毛器の場合には、その使用頻度を守りましょう。

一方で、特に記載が無い場合には2週間に1回を目安に施術を行ってください。ムダ毛全体の20~30%といわれている成長期の毛をコツコツと処理していく、という脱毛計画を立てることができます。

脱毛後は保冷剤で肌を冷やし保湿を行う

脱毛器の正しい使い方3つ目は、脱毛後は保冷剤で肌を冷やし保湿を行うということです。

忘れられがちですが、脱毛器を使用するにあたって、冷却と保湿は非常に重要な工程です。安全面に考慮した改良がなされている家庭用脱毛器でも、照射時の熱が原因で肌の表面に赤みや炎症が出てしまう恐れがあります。

上記のような肌へのダメージを和らげる方法としては、脱毛後の十分な冷却と保湿が挙げられます。冷却においては、脱毛後だけではなく脱毛前にも行うことが推奨されています。家庭用脱毛器を使用する際には、手元に保冷剤や冷やしたタオルなどを用意しておきましょう。その他には、冷たいジェルやローションを塗布することもおすすめです。

家庭用脱毛器の仕様比較表【大人気の家庭用脱毛器10種類を徹底比較!】

今、家庭用脱毛器は様々な進化を遂げながら、コロナ禍も相まってその市場を大きく拡大しています。

純日本製のものから実績のある海外製品、人気脱毛サロンが独自開発したものなどといった、たくさんの方式や種類の脱毛器が登場しています。そんな中でご自身に最適な脱毛器を見つけることは中々難しいかと思われますが、いくつかのポイントを抑えるだけでも大幅な絞り込みが可能です。

以下では、現在絶大な人気を誇っている10種類の家庭用脱毛器について、その仕様を表形式で比較しています。ご自身の使用目的や条件の優先順位などに注目しながら、気になる脱毛器を選んでみましょう。

スクロールできます
ES-WP98
ケノンコラーゲン脱毛LVレイボーテRフラッシュトリア 4Xラヴィスムーズスキン bare smartブラウン
シルクエキスパート Pro5
パナソニック
光エステ
ES-WP98
アイリスオーヤマ
エピレタ
アイスレディ
ケア方式フラッシュ式フラッシュ式フラッシュ式レーザー式   フラッシュ式    フラッシュ式フラッシュ式フラッシュ式フラッシュ式フラッシュ式
本体価格69,800円71,500円82,500円48,000円48,000円38,500円85,580円80,300円19,800円29,800円
照射可能回数300万回100万回100万回制限なし10.5万回100万回40万回30万回15万回30万回
1照射あたりの価格0.0098円0.0715円0.08円0.16円0.47円0.04円0.12円0.27円0.13円0.1円
カートリッジ交換
最大出力非公開15J60W37W650W18.4W75W75W18W不明
照射間隔0.4秒1.8秒0.2秒3~5秒不明0.53~0.64秒0.5秒1秒1秒0.9秒
連射機能
男性の髭
Vライン
Iライン
Oライン
レベル調節10段階5段階5段階5段階7段階3段階10段階5段階5段階5段階
冷却機能
詳細






ES-WP98


ケノンが脱毛器ナンバー1の理由

ケノンは男性の剛毛対応

いかがでしたか?

本記事では、10種類の家庭用脱毛器をランキング形式で比較しながら、それぞれのおすすめポイントを紹介してきました。加えて、脱毛器を選ぶ際に注目すべきポイントについても様々な角度から解説をしました。

始めに当サイト一押しの脱毛器は『ケノン』であることを述べましたが、記事全体や『家庭用脱毛器の仕様比較表』を通してみても、やはりケノンは脱毛器ナンバー1と言えるでしょう。

ナンバー1のポイントとしては、

  • 圧倒的なコストパフォーマンスの良さ
  • 様々なサイトや媒体で高評価を得ている効果の高さ
  • 6種類のカートリッジと10段階もの照射レベルにより実現される効率の良さ

が挙げられます。

最後に、本記事が皆さんの脱毛器選びの手引きとなれば幸いです!

おすすめの家庭用脱毛器ランキングをもう一度見る

目次