「旦那の浮気相手とLINE(SNS)友達になってみた」の結末。ネタバレあり

目次

「旦那の浮気相手とLINE友達になってみた」の結末(ネタバレあり)

ある日、幸せだと思っていたのは私だけだろうかという、主人公の予感が的中します。

そして、主人公が取った行動は、旦那の浮気相手とLINE友達になり、相談に乗ることで真実を知るというものでした。身分を明かすことなく、浮気相手に忍び寄り、恋愛の相談に乗り、その果てには、旦那が離婚を持ちかけていることを知ります。

主人公であるハッチが、悲しみと悔しさと憎しみにも似た気持ちを抱きながら、真実を突き止めていく姿に共感する人が多いのは、その力強さのせいでしょうか。それとも、同じ想いを経験しながら、自分には行動できなかった人が多いからでしょうか。

ハッチを動かしたのは、旦那や浮気相手の憎しみではなく、実は愛だったのかもしません。

「旦那の浮気相手とLINE友達になってみた」の感想

旦那が浮気していたら、どういう気持ちなのだろうと思います。

自分だったら、こんな風に機転を利かせて動くことができるだろうかと思うし、実際に旦那の浮気相手に会ってしまったら、恋愛相談に乗るほど冷静にはなれないとも思います。

でも、誰に頼むわけでもなく、自分で相手から聞き出したいという気持ちはとても共感できました。

ただ主人公のスゴいところは、聞き出したからと言って、その場で修羅場にしないところではないでしょうか。

自分だったら、浮気相手とLINE友達になる前に、取り乱して旦那を責めてしまうだろうし、うまくLINEを見抜けることも難しいだろうと思います。

自分に置き換えて読み進めることができる面白いマンガでした。

「旦那の浮気相手とLINE友達になってみた」のレビュー

真実は、時として一つではありません。

その人それぞれに映り、大切にしたいものが違うように、何が良くて、何が悪いということは一概に決められないことばかりです。

そもそも浮気をした旦那が悪い。それはそうかもしれません。しかし一方で妻は浮気相手に偽って近づいています。嘘が良くないというのであれば、妻の行為もまた好ましくありません。

ただ、真実は一つではないかもしれませんが、愛は一つなのではないでしょうか。

このマンガはとても現代的に愛を描いています。作品が公開された場所がInstagramであることはその象徴でしょう。

時に愛を見失いそうになる現代の中で、何を差し置いても守りたい愛とは何者かと語り掛ける実は重い内容のマンガなのかもしれません。

▶「旦那の浮気相手とLINE友達になってみた」を今すぐ読む

「旦那の浮気相手とSNS友達になってみた」のレビューと感想

浮気をした旦那が悪いというのは、異論なく当たり前なのかもしれないというのが率直な感想。でも、浮気相手はどういう気持ちだったのかなと思います。

自分が悩んでいる恋愛について、この人なら相談できると思って相談した人が、渦中の恋愛相手の妻だったということは、裏切られた気分にならないのかなと気になります。

それも含めて妻にとっては復讐なのかもしれません。でも、悲しみが悲しみを呼ぶのではないかなとも思います。それでも、この妻の気持ちは痛いほどよくわかります。冷静な行動力も素晴らしいと思うし、LINEを活用したアイデアもすごいです。

だからこそというわけではありませんが、LINEのトークの管理はきちんとするべきですね。

目次