【旦那の車にGPS】GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査

目次

旦那の車にGPS/GPSで旦那の浮気調査をする方法

旦那の車にGPS/GPSで旦那の浮気調査をする方法

車から旦那の浮気が発覚するケース1・ナビの目的地履歴から発覚

車から夫の浮気が発覚するパターンでよくあるのが、カーナビゲーションの目的地の履歴です。

カーナビゲーションで目的地を指定すると、その情報が履歴に記録されます。そのため、この履歴を見ることで夫が浮気していることに気づける場合もあります。

分かりやすいのが普段行ったことがない場所が目的地に設定された記録が残っているケースです。とくにデートスポットとい言われている場所が履歴にあった場合、浮気している可能性が高く注意が必要です。

男性は、大半の女性はスマホを始めとする電子機器に疎いと考えているので、スマホのメッセージアプリの履歴を削除するような用心深い人でも、カーナビゲーションの履歴はそのままになっていることが少なくありません。

車から旦那の浮気が発覚するケース2・ナビの走行履歴から発覚

車から得られる情報を使って夫の浮気の証拠をつかむ場合、カーナビの走行履歴が有効です。

カーナビの走行履歴には、車がどこを走ったかに関する情報が残されています。このルートをたどることで夫の行動が分かります。

夫が友人とゴルフに行くと言って休日出て行ったのに、走行履歴では観光スポットを巡っていたり、ショッピングスポットを回っているようなら浮気をしている可能性が高いです。

隣県に仕事で顧客と会うと言っていたのに隣県どころか、隣町のラブホテルに行っていたなら完全に黒でしょう。このようにカーナビの走行履歴を見れば、夫が行った場所が手に取るように分かります。

ただし、走行履歴は指定の日数が経過すると自動的に消去されたり、上書きされる可能性もあるので注意しましょう。

車から旦那の浮気が発覚するケース3・小物やアクセサリーなどから発覚

夫が車を使う頻度が増えたなら浮気をしている可能性があります。小物やアクセサリーが増えていないか確認しましょう。

浮気をすると、相手の女性の趣味に合うようなアイテムを車に取り付けたり、隠しておくことが増えます。そうやって女性の機嫌をとります。

直接的な証拠になるケースはそれほど多くありませんが、車を装飾することが少ない男性が、いきなり車の内装に気を遣い出したり、脱臭アイテムを取り付けたりし始めたら浮気を疑うべきでしょう。

小物やアクセサリーが減る場合にも注意が必要です。ドライブレコーダーが取り除かれた形跡があったり、夫婦で購入した小物が取り外された跡がないか確認しましょう。

浮気をしている人間は色々といつもと違う行動をし、それが周囲の状況に影響します。小さな変化を見逃さないようにしましょう。

車から旦那の浮気が発覚するケース4・ゴミ箱のレシートなどから発覚

夫が雑なタイプの人間だと車のなかのゴミ箱に浮気の証拠を残していることもあります。

よくあるのが、浮気で行ったレストランのレシートや、浮気相手に買ってあげた洋服などのプレゼントのレシートです。こういった浮気の証拠ともいえるものが意外と普通に車のゴミ箱に入っていたりします。

夫婦で別々の車を使っているケースではよくあるので、浮気している素振りを夫が見せたら、夫が使っている車の中をよく見てみましょう。ゴミ箱がなくても灰皿受けやダッシュボードにレシートがそのまま置かれていることがあります。

浮気がバレないように気を遣っている男性ほど、ここは大丈夫というセーフティーゾーンを作りたがります。そういった心の隙を突けば簡単に証拠が見つかります。

車から旦那の浮気が発覚するケース5・香水などの香りから発覚

車に乗ったときに知らない女性の香水の香りがしてきたら浮気の可能性を疑うべきです。

浮気相手を車に乗せて長時間ドライブデートをしていれば必ず香水の香りがシートに付きます。香りが強いものであれば数日は香りが残ることもあるでしょう。

しかし大半は翌日には消えてしまうことが多いです。香りを頼りに浮気を発覚させるには、夫が半日以上車を使った直後に買い物などに車で行くといいでしょう。

人は匂いに敏感ですから、普段とは違う匂いが付いていれば車の座席に座った瞬間に違和感を感じます。夏は匂いが消えにくいので余計に感じられます。

用心深い夫の場合、浮気で遊んだ後に車を消臭剤などで匂い消しすることがあります。そのため消臭剤の匂いが強いときも浮気の可能性があります。

旦那の車にGPS/車に仕掛けるGPSの種類について

ロガータイプのGPSの特徴

ロガータイプのGPSは浮気調査に最適なアイテムです。

親指サイズしかない非常に小型なものなので、夫にバレることなく車に取り付けることができます。

取り付ける場所はバレにくいところにしましょう。ダッシュボードにそのまま入れるのは厳禁です。ただし、GPSの電波を受信できないほど凝った置き方は避けましょう。

ロガータイプのメリットは小型だけではありません。グーグルマップと連携させることで、走行ルートを分かりやすく表示できます。

リアルタイムタイプのGPSの特徴

リアルタイムタイプのGPSはグーグルマップなどの地図アプリと連携して、走りながら現在の位置を分かりやすく表示できます。

夫の車がどこを走っているかリアルタイムで表示してくれるわけではないので注意しましょう。

便利なところはデータの転送が簡単にできるところです。パソコンに走行データを転送して、自室でゆっくり夫がいないときにデータを分析することができます。

何時にどこを走っていたか分かるので、夫が嘘をついていればすぐわかります。

旦那の車にGPSを仕掛ける方法1・仕掛ける場所について

助手席のシートの下

GPSを仕掛けるなら助手席のシートの下が定番です。運転席に比べて設置と取り出しが容易ですし、運転席からは手が届きません。

極めて神経質な夫であれば浮気デートをする前に車を隅々まで念入りに調べますが、ほとんどのケースはダッシュボードや手の届く運転席周りだけです。

助手席にGPSを設置するなら運転席から死角になるところに設置しましょう。設置が終わったら運転席から助手席を見て、GPSが目に入らないか、手が届かないか確認してください。

リアシートの下

助手席では不安な場合はリアシートの下に設置しましょう。

リアシートどうしの隙間に入れておくのは手軽でいいですが、車によっては違和感が出るので、すぐにバレます。リアシートの下の隙間にそっと入れておきましょう。

設置したら車を運転して、音がしないか確認してください。場所によってはGPSが動いて金具とぶつかり音を出すことがあります。その場合は何かクッション性のある小袋にGPSを入れてください。

スペースが無い場合はマジックテープをGPSに巻いてリアシートの裏に取り付けられないか試しましょう。

トランク

トランクにこっそり置いておくのもおすすめです。トランクは隠す場所が豊富にあるのでバレにくいでしょう。

しかし、夫がGPSが設置されるのを警戒している場合、トランクを見逃すことはまずありません。トランクに設置する場合は簡単には分からない場所を選ぶ必要があります。

おすすめはスペアタイアの内側に強力な両面テープで設置してしまうことです。小型GPSは100g以下なので、市販の強力両面テープでも剥がれません。

ゴム製のものに貼り付ける両面テープを選んで設置しましょう。

旦那の車にGPSを仕掛ける方法2・付け方について

磁石で固定する

トランクルームや座席のスライド金具などにGPSを取り付ける場合は磁石を使うのがおすすめです。

最近は100円ショップで小物を取り付けるための小さな磁石が色々置いてあります。多くは冷蔵庫に設置するためのもので、利用するGPSのサイズに合ったものを選ぶといいでしょう。

おすすめはワニ口クリップが取り付けられているものです。小型GPSを挟むのに最適なサイズなので女性でも簡単に取り付けができます。剥がれる心配はほぼありません。

両面テープで固定する

ゴムや布にGPSを取り付ける場合は両面テープが無難です。手軽に外せて後も残りにくいので使いやすいでしょう。

両面テープを利用する場合に気をつけたいのはGPSの重さです。重いものは時間経過とともにテープが剥がれポトリと落ちてしまう危険性があります。

両面テープで取り付ける場合は、とくに軽いGPSを選んで使いましょう。車の中ですから、一度落ちてしまうとブレーキや加速のたびに動いて音を出して、すぐに気づかれてしまいます。

旦那の車に勝手にGPSを仕掛けるのは違法?

旦那の車に勝手にGPSを仕掛けるのは違法?

車にGPSを仕掛けても違法にならない要件とは?

まず大前提として妻が夫の了承を得ずに小型のGPSを購入することには違法性がありません。

購入は自由にできるため、用途に合ったGPSを購入してください。

設置に関しては所有権がポイントになります。夫婦でシェアしてる車であればGPSを設置しても違法性はありません。

夫が自分の名義で購入し、自分で全て費用を支払った車であっても大丈夫です。これは夫婦の財産は2人でシェアされるからです。

夫か自分が持っている車であれば、車内に取り付けるものは自由です。

他人名義の車にGPSを仕掛けると損害賠償請求のリスクがある

夫の車にGPSを設置するのはほとんどのケースで問題ありませんが、他人名義の車にGPSを仕掛けると相手から損害賠償を請求される危険性があります。

例えば、夫と不倫している女性が所有の車にGPSを取り付ける行為は違法になります。

仮に不倫相手の女性が知り合いで、車に乗せてもらう機会が多い相手でも、GPSは設置しないようにしましょう。

GPSを設置することで、相手のプライバシーを侵害したり、車の機能に悪影響を及ぼす可能性があります。

別居中の旦那の車にGPSを仕掛けるとストーカー規制法違反となるリスクがある

結婚し同居している夫の車にGPSを仕掛けても法的には問題ありませんが、夫婦仲が悪くなり別居している状態だと話は変わってきます。

別居している配偶者にしつこく付きまとうとストーカー行為と判断される危険性があります。

GPSは相手の位置を把握するためのものと認識されるのでストーカーの疑いをかけられ、最悪の場合はストーカー規制法違反になる可能性があるでしょう。

別居か同居かでGPSの違法性は大きく変わるので気をつけましょう。

別居中の旦那の車にGPSを仕掛けると住居侵入罪となるリスクがある

離婚を前提に夫と別居した場合、離婚裁判で有利になるために夫が浮気している事実をつかんでおきたいと考えるでしょう。

しかし、焦って別居中の夫の住居に侵入して車にGPSを設置すると法律違反となるので気をつけてください。

別居中の場合、夫であっても相手の敷地に無断で入ると住居侵入罪となる危険性があります。

別居していると通常の配偶者に適用される法律の内容が変わってくるので、何かアクションを起こす場合は弁護士など法律の専門家に相談してください。

旦那の車にGPSを仕掛けるとプライバシーの侵害で提訴されるリスクがある

浮気の件で揉めて別居状態になっている場合、安易に夫の車にGPSを設定するとプライバシーの侵害になるリスクがあります。

本来、配偶者とは財産の共有が適用されるため、妻が夫の物を自由に使っても法的に問題になるケースは少ないです。

しかし、別居すると配偶者であっても相手のプライバシーを配慮した行動が求められるようになります。それを無視してGPSを相手の車に設置したら、相手のプライバシーを無視したと判断されます。

妻が密かにGPSを設置した証拠をつかまれたら、仮にGPSで証拠をつかんでも使い物になりません。

GPSの証拠だけでは不貞行為の証拠にはならない可能性が高い

GPSの履歴だけで夫が不倫をしていることを証明するのは難しいです。

そのため、GPSのデータだけで裁判で夫の不倫行為を訴えるのは控えるべきです。証拠として十分ではありません。

もしGPSデータだけで済むなら興信所に高額な調査費用を支払う必要性は薄れます。興信所に高額な費用を払って調査してもらうのは、夫と不倫相手が一緒にラブホテルに入るなど十分な証拠写真を用意するためです。

GPSはあくまで本格的な不倫調査を助けるものとして使いましょう。

不貞行為の証拠とは?

GPSでは不貞行為の証拠となりませんが、それでは何なら証拠として十分なのか気になるところです。

不貞行為の証拠として使えるのは、肉体関係を持ったとハッキリ分かるものか推認できるものなのでGPSデータだけでは圧倒的に証拠として不十分です。

使えるのは2人が性行為をしていると分かる写真です。動かぬ証拠として裁判で有利にしてくれるでしょう。

ラブホテルに不倫相手と一緒に入っていく写真も有効です。ラブホテルに男女が入ることは肉体関係を持つと判断されるのに十分な行為ですから、不貞行為を持ったと推認できます。

不貞行為の決定的な証拠を掴むなら探偵会社に依頼すると安心

夫が不貞行為を行ったことを証明する写真を撮るのは簡単ではありません。夫にバレずに待ち伏せするのは妻には難しく、待ち続けるのにはコツが要ります。

また、写真をキチンと撮るのも素人には簡単ではありません。ブレてしまったら間違いなく証拠として使えません。

素早く証拠をつかむためにも、素直にプロフェッショナルに依頼しましょう。待ち伏せから撮影まで経験豊富な調査員が担当してくれるので、裁判で有効な証拠写真が手に入る可能性が高いです。

旦那の浮気調査でよくある質問

旦那の浮気調査でよくある質問

旦那が浮気をしているようです。浮気調査のためにGPSアプリを仕掛けても違法にはなりませんか?

夫が浮気をしているかどうか確かめるために車やその他の場所にGPSを設置する行為は、違法になる場合と合法の場合があるので注意してください。

違法か否かを分ける条件は夫と同居しているかどうかです。同居している場合は結婚生活が正常に継続していると判断されるので、夫の車にGPSを設定できます。

私財は2人の共有物ですから、妻が自分の都合で車に手を加えても何ら問題はありません。

しかし、別居している場合は状況がガラリと変わります。別居している場合、DVが別居の理由の場合があるので、相手の居場所を探るような行為は禁止されています。

ケースバイケースの部分もありますが、離婚裁判になった際、警察のお世話になると印象が悪いです。別居中に浮気調査するなら従来の手法を利用しましょう。

LINE監視アプリで旦那の浮気調査はできますか?

LINE監視アプリで夫の行動を監視する行為はプライバシーの侵害に該当する危険性があるのでおすすめできません。

プライベート性の高いスマートフォンですから、相手の同意を得ずに盗聴のような行為をするのは危険です。相手の怒りを買う可能性も高いので、今まで以上に関係は悪化するでしょう。

また、こういった違法性の高い行為で取得した情報は裁判で無効とされるのが通例です。法律を逸脱する行為までして、使える証拠が得られないわけですから割に合いません。

また、監視アプリをインストールすることで、スマートフォンが正常に動作しなくなるリスクもあります。この場合は不正指令電磁的記録供用罪に問われる危険性があります。

メリットよりもデメリットのほうが多い調査方法と言えるでしょう。

彼女や妻の浮気チェック(浮気調査)におすすめのアプリはありますか?

浮気調査に使えるアプリは数多くリリースされています。

人気の高いものを上げると、ケロべロスやLife360などがあります。いずれもGPS情報を記録して、いつどこにいたのか分かるようにするためのものです。

浮気しているかどうか確かめるのに効果的ですが、いずれもプライバシーの侵害に該当する危険性があります。そのため利用はおすすめできません。

これらの調査アプリを使って得た情報は基本的に証拠として機能しないことを忘れないでください。

どうしても利用する場合は浮気調査以外の目的で行いましょう。そして相手の同意を得て、インストールしてもらってください。そのうえで得た情報であれば浮気の証拠として用いることができるでしょう。

彼氏が浮気しているようです。車に仕掛けたGPSは浮気の証拠になりますか?

GPSで得た情報を使って彼氏の嘘をあばき、浮気していないか問い詰めることが可能な場合もあるでしょう。

しかし、彼氏が逆上して、プライバシーの侵害だと騒ぎ始めたら収拾がつかなくなるリスクがあります。

相手の同意を得ずに、彼氏の車やバッグなどにGPSを仕掛けた場合はとくに危険です。相手に訴えられたら裁判で負けて損害賠償を請求されることだってあります。

そもそも、GPSの情報は不貞行為の証拠として利用できません。不貞行為の証拠として利用できるのは、行為そのものを撮影した写真や、行為をしたと推認可能な写真などに限られます。

単なる位置情報でしかないGPSのデータは何をどうやっても不貞行為の証明とはなりません。

旦那の浮気調査を興信所(探偵事務所)に依頼しようと思います。旦那の過去がどこまでわかるのでしょうか?

浮気調査を興信所に頼む場合、選択するプランにもよりますが、やってもらえるのは浮気の証拠写真の撮影がメインです。

浮気相手と過去にどこでどんな逢瀬をしていたのか調べることは基本的にありません。浮気調査は慰謝料請求や離婚裁判で有利になるために行うのが一般的なので、過去の夫の不貞行為について調べることはできないと考えるのが無難です。

自分で調べるにも、当てがないため、過去について調べても実りある結果につながることはないでしょう。調べても夫との関係が改善されることもなければ、浮気をやめるきっかけになることもありません。

妻が夫の浮気調査をする場合、多くは夫に浮気をやめてもらいたいか、離婚を前提とした証拠集めでしょう。

調査を依頼するなら、この2つのどちらかに目的を絞ったほうが賢明です。

旦那の車にGPS/GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査まとめ

夫が浮気していると感じたら車にGPSを付けるのが有効な調査方法ですが、実行する場合はいくつか注意点を守る必要があります。

1つ目は同居しているうちに行うことです。夫との関係が悪化してからでは動きにくくなりますし、別居した状態でGPSを夫の車に取り付けるとプライバシーの侵害と判断される危険性があります。

2つ目はGPSのデータは裁判で証拠として使えないことです。不倫相手との不貞行為を証明するには現場を抑えるのが基本なので、位置情報でしかないGPSをどれだけ駆使しても夫の不倫は証明できません。

不倫を証明したい場合は素直にプロの浮気調査業者に依頼しましょう。調査期間によっては料金が高額になりますが、裁判で有効な証拠写真を入手できる可能性があります。

目次