【中学生の片思いあるある】学校で男子中学生が好きな人にしちゃう恋愛あるある

目次

【中学生 片思い あるある】中学生の恋愛あるある

異性に興味を持ったり、恋愛感情を抱くいうのは、多くの場合、中学生ぐらいから持つことが多いと言われています。最近では、成長が早期に始まることが多く、それ以前にも恋愛感情を抱く子どもが増えてきているとも言われています。

中学生が恋愛感情を持つ時の多くは、無意識に相手のことについて、あれこれ考えてしまう場合が多いです。

相手のことについて考えていることは理解していても、まだ恋愛感情というもの自体に慣れていないため、葛藤や辛さ、嬉しさが何に由来しているものなのかをきちんと理解できず、モヤモヤとすることが多く見られます。

またそれを周囲にうまく相談できないことも中学生の恋愛の特徴の一つと言えるのではないでしょうか。

【中学生 片思い あるある】学校あるある

中学生が片想いをすると、学校生活も一変します。

これまで退屈だった授業も、好きな相手が一緒に受けていると思えば楽しいものになります。相手が好きな教科があれば、それについて話したいと思ったり、その教科で能力があると認められたいと願って、勉強を始めるということもしばしばあるでしょう。

また体育祭や学園祭などのイベントを率いる役を買って出たり、クラスを引率する存在になりたいと思うこともあります。

好きな相手が他の生徒と話していれば、その生徒のことが気になるということもあります。

大人でも同じ職場に好きな人がいれば会社へ行く気分が一変するように、学校生活の興味やモチベーションが、片想いをしているというだけで一変するのです。

【中学生 片思い あるある】男子中学生の片思いあるある

片想いをしている中学生の男子は、周りが見ても、あるいは自分自身も、異性を「好き」になったことに戸惑っていることが手に取るようにわかることが多いです。これとは逆に片想いをしていても、女子には興味を抱いていないという素振りを見せることもしばしばあります。

しかし、多くの場合、家族や友人、兄妹など親しい人に誰かを好きになったことを知られたくないと思っています。そのことを極端に恥ずかしいと感じており、言葉や態度にすることを嫌います。

また、相手に自分のことがどう見られているのかということも気にします。男子であっても、おしゃれや洋服に興味を持つ年頃に入ることも重なり、自分がかっこ良く見られたいと思い始めます。

【中学生 片思い あるある】好きな人ができたとき

片想いをしていても、中学生であることは変わりなく、人を好きになる経験が少ないことから、相手からのアピールに気付かなかったり、相手の話が上の空であることがしばしばあります。、また片想いの相手と少し話せたり、挨拶を交わせただけで、すでに両想いだと舞い上がってしまうことも多くあります。

また、異性を「好き」であるという感情が理解できなかったり、うまくコントロールがうまくできないため、自分でも変だなと思う行動を取ってしまうことがあります。周りも最近様子がおかしいと感じることもあるかもしれません。

中学生が片想いをしている時というのは、「好き」という感情を持つ自分と対峙している時間と言えるのかもしれません。

目次