【車のGPSの見つけ方】車にGPSがつけられてるかも!社用車にGPSがついているか調べる方法

目次

【車のGPSの見つけ方】車にGPSがつけられてるかも!

誰かに付けられている気がするというだけでなく、誰にも言わずに行った場所が知られていたり、そのことについて話したことがないにも関わらず行った先の話を持ち出されたなどの場合には、GPSが仕掛けられている可能性があります。

また、あまりにも偶然に行き先で出くわすことが多いという場合にも、GPSを仕掛けられているかもしれません。

車にGPSが仕掛けられているかどうかを知る方法には、様々なものがあり、それを専門に探知してくれる業者もあります。またある程度自分で探す方法もあります。

不気味であり、少し恐いことでもありますが、何かがおかしいと気付いた場合には、車にGPSが仕掛けられていないか探してみると良いかもしれません。

【車のGPSの見つけ方】車にGPSがついているか調べる方法

車に仕掛けられたGPSは、GPSや盗聴器の探知を専門としている業者に依頼しなくても自分で探すこともできます。個人で仕掛けられたGPSは、素人でも見つけやすい場合が多いです。

最近のGPSは、小さなものが多く、ボックス型の形をしているものが多くあります。このため、専用の機械や専門的な技術がなくても、目視で探すことができるようになっています。

ただし、GPSが仕掛けられていることはわかっていても、どこに取り付けられているのかわからない場合や、車の裏などに仕掛けられている場合には、やはり専門的な探知する機械や技術が必要となる場合が多いです。

専門の業者に依頼して、GPSが仕掛けられているのかを調べてもらうと良いでしょう。

【車のGPSの見つけ方】社用車(営業車)にGPSがついているか調べる方法

会社から制服や端末を支給されていたり、会社の車を使って仕事をしている場合で、勤務時間内であればGPSを仕掛けれていたということもあるでしょう。この場合は、雇い主の知る権利を遂行しているに過ぎないと感じる人が多いかもしれません。

しかし、無断で個人を追跡し監視する場合は、違法行為と見做される場合があります。

制服のポケットに入れられていたという場合には、発見しやすいものでしょう。車に取り付けられているのではないかと疑えた場合には、バンパー部分を確認すると良いでしょう。GPSは、感度や充電を考えるとバンパーに取り付けることが効率が良いとされていることから、バンパーが最も多い取り付け位置であると言われています。

【車のGPSの見つけ方】車にGPSがつけられているのを発見したらどうする?

自分で付けたことや誰かに設置を依頼した場合を除いて、GPSを発見した場合、発見しても慌てて取り外さず、しばらくそのままにしておきましょう。

仕掛けた相手に心当たりがなければ、不気味に感じるものですし、何か自分の予期しないことが企まれているのではないかと恐くもなるでしょう。しかし、慌てて取り外さないことで、GPSを仕掛けた犯人を特定することが可能になります。

GOSにはまだ気付いていない振りをすることで、相手の態度を伺うことができるのです。

ここで注意しなければならないことは、GPを仕掛けてもあなたの行動を追おうとしている人がいるということです。危険が孕んでいるかもしれませんから、日常生活に注意を払いましょう。

目次